夜の鳥取市街~鳥取・島根旅行②~

未踏だった山陰をめぐる今回の旅行。兵庫県から西進して、鳥取砂丘で日暮れを迎えたので、今夜は鳥取市内で宿泊です。

鳥取といえば砂丘(とそこで栽培されるらっきょうや梨)のイメージが強いですが、鳥取は泊まるにはいい街なのです。なぜなら県庁所在地にもかかわらず駅前に温泉が湧いているから。この温泉は、最近の掘削技術の進歩によって深々と井戸を掘って温泉というか地下水を無理くり出す温泉ではありません。100年以上の歴史があるらしい由緒正しい温泉です(詳しくは鳥取市のサイトを)。紀行作家の宮脇俊三先生も”鳥取駅で長時間停車をする各駅停車列車に乗ったなら駅前で一浴することも可能”といった趣旨を書かれていたような・・・。

私もこの日は鳥取駅が徒歩圏内の温泉旅館に泊まることにしました。夕飯もまだなのでチェックインしてから夕食を求めつつ街をうろうろしてみることに。

何かあるかなー、と思ってまずは鳥取駅に。なんとなく駅に行けば何かあるだろう、、、という思いがあります。駅は街の顔ですし。
img_4898
なかなか立派な鳥取駅。高架の駅です。非電化の在来線のみの線路ですが、最近出来た田舎の新幹線の駅より風格がある。さすが県庁所在地。

構内には砂のコナン像。
img_4904
鳥取といえば砂!で、これに鳥取県出身の青山先生のコナン。鳥取らしいのかな。

駅を出て、駅前のアーケード街のほうへ行ってみます。
img_4901
、、、人がいないぞ。店も開いていないぞ。19:40くらいなのでそんなに遅い時間でもないのですが、日曜の夜だからか。。。夕ご飯に一人で居酒屋に入る気分でもないなぁ、、、と思って写真右の店には入らず。

鳥取県自体の人口が50万人台で、その県庁所在地の鳥取市の人口も20万人を切っている市という認識はありました。が、やっぱり寂しい。

アーケードを抜け、歩いていると”大物な雰囲気のある交差点”に出ました。
img_4917
↑これ面白くて、思わず写真に。左の高いビルは映画館”鳥取シネマ”。シネコンじゃない映画館が生きているんですね、鳥取では。20万人クラスの都市でシネコン以外の映画館が街の一等地に生き残っている街がどれほどあるでしょうか。

そしてその隣にある店が不思議な名前のお店。”万年筆博士”さん。既に閉っていますが、ただならぬ匂いを周りに振りましているので↑写真を撮った後、交差点を横断して店の前に。
img_4915
いや、”万年筆博士”という名前の”万年筆”はモチーフか何か(南仏の保養地名の「コート・ダジュール」がカラオケ屋さんの名前になっているように)で、オサレカフェ的なものかと思って近寄ったのですが、ガチな万年筆屋さんでした。しかも職人さんがしっかりと作りこんでいる万年筆。改めて万年筆博士さんのサイトを見ると買いたくなります。
このようなお店が街の一等地に成立しているということ、映画館の存在からも鳥取の文化程度は高そうです。駅前が猥雑で賑やかな街は関東にごろごろしていますが、このような街がどれだけあるのか。

文化には敬意は払いますが、夕飯のため一人で入ろうかな、、、という店はみつからず。。。です。

このパターンのときは幹線国道沿いにあるスーパーに行くのです。22時くらいまで開いているし、地元っぽい食材や酒も買えるのです。

再び車のエンジンを廻して買ってきたのがこちら。
img_4923
鳥取県智頭町の諏訪娘と鳥取県岩美町の瑞泉(同じ銘柄の大泡盛メーカーがありますが、私は白百合のほうが好きです)。酒の相手は山陰名産とある「するめ糀漬」に、お店にあったとうふ竹輪二種。そして一個前の記事ででてきた浜坂駅のある浜坂直行便のホタルイカ!

img_4926
なかでもこのホタルイカ。良いです。酒にあう。いくらでも酒が飲めそうな。部屋に戻って事実あっという間に2合の日本酒が空きます。追加で酒を求めて外へ。、、、ま、客観的に見るとおっさんが一人で温泉旅館で酒盛りをしているだけなので、侘しいことこの上ないのですが(^^;

しかし見知らぬ街のホテルで行う一人酒盛りがこんなに楽しいのはなぜなのか。酒は上等じゃなくて良い(この日は上等だけど)。つまみも上等ではなくて良い(この日は上等だけど)。コンビニで買う酒とつまみでいい。ただしホテル一人宴会の時の酒はアルコール度数は15度以上のやつに限ります!。

この宴会のためにビジネスホテルに泊まっても良いくらい好きです。

未踏地の山陰へ~鳥取・島根旅行①~

昔から旅行が好きであちこち行ってきました。振り返ってみると、日本の47都道府県のうち、まだ行ったことのない県も少なくなってきており、数県を残すのみです。2016年4月現在、鳥取・島根・大分・鹿児島の4県が未踏です。

やはり東国で育ってきただけあって、西国に未踏の県が残っています。せっかく西国に所領替えされるので、この際、これらの未踏地にも行ってこようと想い、まずは山陰二県に出かけることにしました。(と言っても、出かけたのはもう半年以上前でサクラの咲いていた季節なのですが・・・)

今回の旅行は自分の車で行きます。車で山陰に行くとなると中国道+鳥取or米子or松江自動車道が最速と思われますが、今回は一般国道と県道で兵庫県の日本海側から西に進み、鳥取・島根に入り九州に入るというルートにしいました。兵庫県は何度か行ったことがありますが、全て神戸近郊の瀬戸内側のみ。日本海側の様子も見てみたいな、と思いまして。

季節感がまるで合っていないですが、こんな時期の旅(^^;
img_4796
道の駅「あゆの里 矢田川」のサクラ。満開です。

兵庫県の日本海側にはずーーーーーっと、気になっていた場所があって、それは”餘部鉄橋”。志賀直哉先生の城崎やコウノトリの豊岡ではなく、鉄橋。兵庫県の日本海側といえば鉄橋だったのです。鉄道紀行文の大家・故宮脇俊三先生の著作などですり込まれ続けたのがこの鉄橋。列車が地上から何十mも高い鉄橋上から転げ落ちるという信じがたい事故も私の物心がつかないくらいのときに起こっていた鉄橋です。

こんな動機で餘部鉄橋を訪れることにしました。内陸の矢田川の道の駅からぶーんと運転して、北上。程なく日本海岸へ。香美町の中心部を通って国道178号でぼんやり西進していると、道路の上を通っていくか細い橋が突然視界に入ってきます。餘部鉄橋らしいです。おおー!!と思って橋の下にある道の駅”あまるべ”に駐車。見上げるとこんな感じ。ちょうど2両編成の列車が鉄橋を通過していきました。

img_4800
鉄橋の脇に歩道が付いていて鉄橋の上の展望台まで歩いて登れるようなのでせっかくなので行ってみることに。

登る途中、桜が満開なところがあり休憩。

img_4813
手前が旧餘部鉄橋。鉄骨でまさに”鉄橋”というイメージ。私の中の餘部鉄橋のイメージもこの赤い鉄骨の橋だったのですが、最近架け替えられました。奥のコンクリ造りが現役の餘部鉄橋。現役の方はあまり鉄橋感は乏しい。旧鉄橋は完全には撤去されず部分部分が残されていました。

展望台は旧鉄橋の上に設けられていました。先っぽは線路が一部残されて、右側は現鉄橋。
img_4820

鉄橋の上からは深緑の日本海と、瓦屋根で統一された民家と桜。美しい。
img_4824
軽薄な新興住宅街では見られないような素晴らしい景色です。

img_4842
この季節に旅してよかったな、と思います。赤い瓦の民家もポツポツ見られるように。この赤い瓦は島根特産の石州瓦かな?なんとなく山陰に入ってきたように感じて嬉しい。

餘部鉄橋を後にしてさらに国道を西へ。鳥取県を目指すのですが、兵庫県境のその名もズバリな新温泉町の中心の浜坂駅前に迷い込んでしまいました。↓浜坂駅舎。
img_4866
正しい”温泉地の駅”。駅舎が良いですね。浜坂駅舎は古すぎない古さがあり、私の子どものころの昭和末期~平成初期の頃(つまり国鉄末期~JR初期)の地方のそこそこの駅はこんな感じだった気がします。ちょっとした駅でも橋上駅になる現代の街づくり事情ですが、このような駅は骨董品的な古さの駅より妙に懐かしい。

img_4863
駅前には歓迎ゲートがあってお土産屋さんがあって。。。茶化すわけではなくこういう温泉町に家族で列車で来てみたかった。今も両親は健在なので引っ張ってくることは出来るのですが、自分が小学生くらいの頃に親に引っ張って連れてこられるあの感覚はもう無いですし、そんな時に訪れたかったような。浜坂駅で思いがけず、妙に懐かしい気分になりますが、久しぶりの一人旅のせいか、いつもと違う方向に気が向きます。

少し空も明るくなって来たので、国道に戻ってさらに西進し、未踏の鳥取県へ入ります。

鳥取といったらやっぱり砂丘!日が暮れる前に砂丘に行きたくて鳥取県に入ってからはノンストップ。
img_4867
着いた鳥取砂丘。ラクダ乗り場かな?
ラクダのみの撮影でも有料という注意書きがついているラクダ乗り場。ラクダ自体いなかったけど。
 
ラクダがいないので足で海辺まで行ってみる。雲は低く垂れ込めているけど穏かな春の日本海でした。
img_4880
この辺で日が暮れてタイムアップ。砂丘は消化不良なのでまた明日早起きして来てみよう、と思います。

この日は砂丘からも程近い鳥取市街で宿泊することにしました。

カメラ交替!

詳細プロフィールページにこのサイト作成で使用している(使用してきた)カメラの一覧があります。

ここにあるとおり、しばらくメイン機材というのか、陸上の撮影で一番で勝負を掛けるカメラはCanonの一眼レフカメラの”EOS 40D“でした。これは2007年の発売のカメラ(私が購入したのは2008年)。9年前に発売されたカメラで、さすがに今発売されているカメラに比べると、スペック上はロートルも良いところです。動画も撮れないし、高感度設定はISO3200まで。AF測距点も9点。発売された当時は画期的なカメラでとても高い評価を得ていたカメラです。

購入から8年が過ぎましたが、今でも元気に動いているし、今売られているカメラに比べれば低いスペックですが、そんなカメラを根性で精一杯ぶん回す感覚も好きだったのです。独身時代にボーナスを握り締めて買いに行ったという思い出もありますし。

なので、動かなくなるまで使い倒そう、と思っていたのですが、、、。

ここ最近、夜間にカメラを持ち出すことが多いのです。昼間は特に不自由は感じないのですが、夕方から夜、明け方など暗い条件になると、スペック不足を痛感します。さすがに高感度域の撮影はきつく、40DはISO3200まで設定で来ますがノイズを考えると、常用はISO800程度、緊急的にISO1600も使いますが、それでも今売られているカメラがISO25600まで設定可能とか見ると心が疼きます。

なにより、この高感度域が使えないために、いろいろ撮り逃しているものもあると実感してきたこと(知床のシマフクロウの撮影時でもこれは感じたのですが、この時は単発イベントだったため買い替えまでは決心しませんでした、、、当時買い換えようと思うほどのカメラが売り出されていなかったこともありますが)、そして来年1月にはとても重要イベントの予定がありまして、それまでに新しいカメラを購入し慣れておきたいと思ったことから、新しいカメラの購入に踏み切ることにしました。

 

10月中ごろ、横浜に帰ったついでに秋葉原に寄って買ってきました。新しいカメラ。

購入したのはCanonのEOS 7D Mark2。このカメラは2014年10月の発売。実は7D Mark2がCanonから発表された時から「40Dが壊れたら、次に買うカメラはこれ(か、こいつの後継機)になるだろうな。」と思っていたのです。40Dが予想以上にがんばってくれたので、思ったより購入が遅くなってしまったな、というのが実感です。世間的にも今さら7DMark2かよ!という気もします(^^)
まぁ発売から時間が経っている分、本体の値下がりも進んでいたので、ありがたかったです。40Dの購入時よりむしろ安い値段でした。もっとも40D購入時はレンズ付きのセットだったけど。

機種選考に迷いは無かったので、価格.comで7DMark2を店頭販売ありで最も安く売っている関東周辺の店を調べて、購入しました。通販にしなかったのはやっぱり対面販売のほうが安心感、ワクワク感がありますしね(^^)

買ってきたので記念撮影。(これはEOD 40Dで撮影)

img_2423
買ったのはレンズキットではなく、カメラ本体のみ。40Dで使っていたレンズをそのまま使います。新しいカメラが入っている箱の開封はドキドキします。

img_2431
買ってきた7D Mark2。どんな写真が撮れていくのでしょうか。へっぽこな腕で使いこなすことができるのか。。。
さっそくストラップを取り付け、ファームウェアが一個前のものだったでバージョンアップしました。↑の写真も40Dで撮影。旧カメラで新カメラを撮影。

 

img_0944
7D Mark2と40Dを並べたところ。本体の大きさはあまり変わりません。重さは80gほど7D Mark2のほうが重いようですが実感は無いです。撮影に使用するシャッターボタンやISO変更などに使う主なボタンやダイヤルの位置もあまり変わりません。まぁ同じメーカーのカメラですし・・・。この写真はG12で撮影です。

背面から。
img_0951
左が7D Mark2。右が40D。パッと見、ボタン配置もあまり変わらないですが、7D Mark2のほうが動画撮影機能のためのスイッチなど、この手の操作系のボタン類の数が少し増えています。

 

さて、見た目はあまり変わらない2機種ですが、中身は7D Mark2は進化していて感動しました。

発売日で7年くらい差がありますが、この間でこんなに進化していたのかと。。。(7D Mark2は40Dの後継で現行機種のEOS 80Dより上位機種になるので、直接的な後継機種ではないのですが、、、。)

40Dも良いカメラですし、昼間に撮るなら少なくともこのブログにアップする画像くらいのサイズで考えると、そこまで差が出るとも思わないのですが、夜間や明け方夕方など条件が厳しくなると、カメラの地力の差がはっきり出てきます。40Dの高感度はせいぜいISO800まで、緊急的にISO1600も使っていましたが、ノイズがひどくなってきました。7Dmark2はISO1600は普通に使えます。ISO6400でも40DのISO800よりノイズが出ない。ISO12800のノイズくらいが40DのISO1600くらいでしょうか、個人的な感覚では。画期的なことです。画素も1010万→2040万画素とほぼ2倍に。出てくる写真が大きい

他にもAFの詳細な設定が可能になっていたり、動画撮影が可能(しかもフルHD画質。今の時代では当たり前なのかも??)になっていたり、レンズごとにピント調整が保存できるようになっていたりと、とてもすぐに使いこなせるものではない。40Dでは無意識に出来てたことができない。

機材に使われているというか。操作にもたもたしているうちにシャッターチャンスを逃すこともしばしば。そんなモタツキに自分自身もいらいらします。機材の錬度を上げねばと思います。

【単身赴任生活】丸底の中華鍋をダイニングテーブルに安定して置きたい

我が単身赴任生活、台所にフライパンはなく中華鍋で炒めものから煮物、揚げ物までこなしているのですが、男らしく調理したものをそのまま中華鍋から食べることもよくある。もう一人暮らしだと横着し放題です。

、、、ですがひとつ困ったことがありました。中華鍋は一般的なイメージ通り丸底になっています。これが見た目以上に安定しないのです。また強化プラスチックの頑丈ダイニングテーブルとはいえ、火から下ろしたばかりの中華鍋を直置きするのはプラスチックが溶けそうで気を使うのです。具体的にはこんな感じ↓

img_0808
↓撮影用に中身をいれていない中華鍋を置いた写真ですが、横から見ると不安ですよね。中身に熱々の回鍋肉とか入っていたら、落ち着いて飯も食えません。

丸底を安定的に納めるには平面の鍋敷きではダメですし、中華鍋の丸底がぴったりフィットするような鍋敷きが案外無いんですよね。

どうしたものか悩んでいたのですが、100円ショップはなんでもある。見つけたのがこれ。
img_0802
何に使うかよくわかりませんが、インテリアコーナーにあったリースのようなもの。紐がついているからぶら下げるのかな?本来の用途はともかく、木というか蔓のようなもので作られているので耐熱性も申し分なさそうです。適度に隙間もあり、鍋底も直にプラスチックのダイニングテーブルにくっつかなさそうなので具合は良さそう。

早速、中華鍋を置いてみると、、、
img_0812
安定感が段違い。鉄の鍋底も直で接地しません。これはイメージどおり。

img_0816

上から見ると安定感も格段に良い。鍋も揺れないし。

中華鍋もダイニングでようやく安住の地を得ました。

不安定感を恐れて、鍋から物をわざわざ移すこともあったのですが、これで安心して中華鍋を直接テーブルの上に置けるように。

横着さにさらに磨きが掛かるような気もしますが快適な生活になりました。

【単身赴任生活】テーブルではない我が家のダイニングテーブル!

ものを増やしたくない単身赴任生活、キッチンの様子を紹介してきましたが、ご飯を食べるダイニングテーブルも新たに物を購入せず、、、です。単身赴任が終わって家に戻るとき、妻のお眼鏡にかなわない家具や雑貨は我が家の玄関をくぐることが出来ないと思うと、家にある家具と同じ機能を持つものを買うのがあほらしくなります。

話を戻してダイニングテーブル。

我が家のダイニングテーブルはこれ。

img_0793
、、、、テーブルではないですが、テーブルの役割を与えているのでテーブルなのです。

オナゴを連れ込もうと頑張る男はともかく、そんな必要の無い既婚クソ野郎の単身赴任生活にオサレさは必要なく、これで十分。
 →続きを読む

【単身赴任生活】キッチン用品をぶら下げるために穴を開けて紐を通する

我が家のキッチンは以前書いたとおり、カビとの戦いです。接地しておくとあらゆるものがカビるので、道具はぶら下げることに命を懸けているのですが、ぶら下げるための紐やそれを通す穴がない道具達もいます。たとえばこいつ。。。

IMG_4648
中華鍋は柄のところに穴があるのですが、中華お玉の方ですね。若林工業製の味のある中華料理用お玉でいかにもなやつなのですが、、、。無念。


 →続きを読む