阿寒湖に来て変わったこと

タイトルの通りちょっとわが身を振り返ってみました。
・太った!
12月頃から暮らしている今の下宿先はご飯つきで、その家のおばあちゃんとおばちゃんと一緒にご飯を食べています。おばあちゃんの手料理も出て来て、なんか実家のような雰囲気なのです。
で、そのおばあちゃんがあれも食え、これも食えと言うので手当たりしだい食べてたらふくふくに。とっかりクリスマスの頃がマックスでして最近さすがにマズイと思い、断る術を身に着けたおかげで戻りつつありますが…。でもおばあちゃんが勧めてくれるのを断るのはちと辛い。雪が降ってからあまりであるかなくなった影響もあるのかな。
・メガネがちょろハゲた
毎日温泉に入っているせいか、メガネのツルの塗装が剥げて非常に見苦しい状態です。何とかならんものかと思いますが、なりません。こんなことならコンタクトも持ってくれば良かったです。仕事ではかなり頻繁に顕微鏡も覗いており、私の場合メガネよりコンタクトのほうが顕微鏡を覗きやすいですし。あと写真も撮りやすいですし。洗浄がめんどくさいから、どうせ出先では使わないだろうと思って持ってこなかった自分が憎い。
・もみ上げが角々になった
12月のはじめ頃、髪が伸びたので地元のおばちゃんがやっている床屋に行き、「短くしてください」といったらもみ上げがカクッカクっとテクノカット(死語か?)一歩手前になりました。下宿のおばちゃんが見た瞬間、「高校生みたい!」と爆笑していた。もみ上げを角々にされたのは小学校以来だったかなー。ただもみあげ以外は好評な頭で、もみ上げが再生した頃には普通の頭になっていました。カットのみ1500円ということもあり、また行こうと思う。
・酒を飲まなくなった
先述の通り食事の心配がないので買い物に行かなくなったのですね。札幌では食材を買うついでに酒を買うので食材を買わなくなり、酒も買わなくなりました。正月に札幌に戻った際に少し飲みましたが、それ以来飲んでないし、それ以前も下宿に移ってからは飲んでいなかったです。
一昨年の入院時は酒の持込が不可だったので飲みませんでしたが、いつでも酒が買える状態で飲まないのはここ数年記憶がないくらいでした。酒が無いなら無いで何とかなる自分にちょっとびっくり。
あんまりたいしたことは無いですがぱっと思いつくのはこんなところでしょうかねー。こっちの生活が長くなって、毎日同じようなパターンで生活し、それが刷り込まれているせいか、札幌に帰ったらどうやって暮らそうかといった気分です。