団地の暖房を考える~5階に住む我が家の場合~

まだまだ寒い冬が続きます。夏に団地の暑さや冷房の記事を書いたら、ずいぶん好評でアクセスが多かったのです。冷房をやったからには暖房もやっておかねば、、、です。

団地をリノベーションした我が家は、結論からいうとガス暖房を採用しました。

我が家が旧居の団地で使っていたのは灯油のファンヒーターです。灯油をガソリンスタンドで買ってきてえっちらおっちら四階の部屋まで担ぎ上げてました。両手に18リットルずつ抱えての四階まではなかなか辛かった日々でした。しかし新居に引越す直前の頃からファンヒーターの故障してしまい、引越しを機に捨ててきたのでした。

翻って引越し後の新居の団地の我が家。暖房装置としてあるのは、夏に買ったエアコンのみ。このエアコンは暖房もできますが、寝室に設置したので食堂や居間を暖めるのはできません。 もう一つ、仙台時代に買った電気式のカーボンヒーターも持っていますが、これはスポット的な暖房なので、部屋全体を暖めるには不向き。小さな書斎くらいなら暖かくなるかな?

以上のように食堂や居間を暖めらるような暖房器具は持っておらず新規で購入せねばです。さてさてどうするかですが、妻は灯油のオサレストーブ(例えばアラジンの灯油ストーブ)

を所望しました。しかし灯油を買ってきて五階の部屋まで上げる役は絶対に私になると思うので却下。
妻は自分でも灯油を買うと言い張りましたが、彼女が寒い中、五階の我が家から空の灯油のタンクを抱えて一階に降りて、駐車場の車まで歩いて行って、運転して、ガソリンスタンドまで行って、灯油を買って、部屋の前まで運転して、灯油タンクを五階まで上げて、そのあと再び一階まで降りて、車を駐車場に戻して、駐車場から歩いて部屋の前までやってきて五階まで上がって、灯油をストーブに入れて着火する、、、という一連の行動をとるとは到底思えません。もう騙されません。灯油は暖房としては経済的でよく暖まりますか、配達を頼むのも受け取るのがめんどくさいし、置場所も邪魔くさいし、いちいちタンクに入れるのもめんどくさいし、灯油をこぼすと手は灯油くさくなる。。。いろいろめんどい。

そんな中、この団地は、建築当時1960年代~70年代の最新鋭設備ということで、各部屋に暖房用ガス管が張り巡らされているのです。いまのマンションにはないでしょうね、、、。暖房用のガス管。 わが家はリノベーションに辺り、各個別部屋の暖房用ガス管は撤去したのですが、リビングの杉板カウンタの下に一ヶ所だけ暖房用ガス管プラグを残すようにお願いしてありました。まぁ引っ越す前から”暖房を灯油というのはきついだろうなぁ”というのは見越していたのですが。

目論見どおり、我が家はこのガス管に新しく買ったファンヒーターを繋いでいます。関東の冬は暖かいのでそれほど巨大なストーブではなくてもすぐ暖まります。参考まで我が家が使用しているのはノーリツが作るこれ↓

ガスはなかなか暖房も強力で、重い燃料は運ばなくて良いし、灯油より部屋の空気を汚さないというメリットがありますが、灯油に比べ、結露がひどい(燃やす燃料の水素が占める割合が灯油より高いのか?)と言われているのと、ランニングコストは高めというデメリットも。あとセンスが無い私が言うのもなんですがアラジンの灯油ストーブのようなかっちょ良いデザインの器具が無いです。アラジンストーブのガス版とか作れないのかな。本体もたいした大きさでも重さでもないので、暖房の季節が終わったら即撤去しクローゼットの物置に放り込みます。

ガス暖房は2016年1月から使いだしましたが、このときのガス代は先月比+3000円くらいでした。やはりそこそこのコストがかかります。でも団地の中でも梅が咲きだし桜の蕾も大きくなってきました。あと1ヶ月くらいで春がやってくるはずです!

コメントする

これらの HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>