香港の街中に繰り出す~香港旅行2~

香港空港から香港市街にやってきました。香港駅に着いて、早速香港の町へ。腹が減ったのでまずは飯。土日でやたらメイドさんが溢れる香港駅界隈を抜け香港島中心部へ。

道に溢れる香港のメイドさんたち。何千人のメイドさんたちがなぜか香港駅界隈に集まる光景の大陸っぽいスケールに圧倒されます。
160313-1534-IMG_4011

まずは海老ワンタン麺の店。(この旅行の食事は食いしん坊の妻にほぼ一任。)
160313-1544-IMG_4017
妻がガイドブックにチェックしていた店で沾仔記という店。ふむふむ。そこまでスペシャルな感じな中身ではないですが、ほど良い大きさで食べ歩きにはちょうど良いです。

160313-1542-IMG_4014
この店で使っているレンゲが我が家のレンゲといっしょだ。確か我が家のものは横浜中華街のワゴンセールで100円で買ったやつ。香港でも使われているのか(^^)

飯を食った後は香港島の中心部を疲れず歩ける範囲でブラブラと。

中国の雰囲気が濃い廟で香港の人たちに混じってお参り。文武廟という名前の廟のようです。
160313-1624-IMG_4035

中国の人は赤色が好き。日本のお寺や神社のような神聖な場所と思われるのでなるべく香港の人の所作を真似ます。

外に出ると相変わらず天気が悪い。廟の周りの雲の上に隠れてしまっている高層マンションを見ると、高層建築の日本では考えられないような過密っぷりがかえって際立つようです。
160313-1641-IMG_0746

道路にはみ出てきそうな立派なガジュマルの根っこ。植物の力強さは八重山に通ずるものがあり、やはり南方の土地なんだなぁと。
160313-1656-IMG_4054

ブルース・リーとウサーマ・ビン・ラーディンと蒼井そらのトランプを一緒に並べている怪しい露店を眺め、
160313-1642-IMG_4046

香港の選挙ポスターのような横断幕がありましたが墨 をぶっかけられています。
160313-1659-IMG_4059

壁に描かれている妻によく似た顔のついている落書き。
160313-1657-IMG_4058のコピー

良い雰囲気の石畳の階段は手すりの刺繍のようなものが珍しい。ポッティンジャー・ストリート(Pottinger Street)と呼ばれる通り。
160313-1722-IMG_4061      

香港島から中華鍋を探すため、大陸側の上海街に行ったのですが、中華鍋は買わずでした。中華鍋探しの話はここに書いたとおり。

地元民と観光客でごったがえす飯屋でご飯に牛肉をかけた飯を食います。この店は私が飛び込みで入りたがった店です。

160313-1926-IMG_4072

”四季煲仔飯”という店。ボウコメシと読むのかな?土鍋のご飯。
160313-1927-IMG_4075
こういう土鍋のような厨房器具は欲しくなります。。。

この頃で初日は日が暮れてタイムアップ。本日泊まる安宿に向かいます。宿があった地区は香港大陸側の中心の尖沙咀地区。この宿がまたアレだったのですが、その話はまた次回、、。