磯に落ちまくっているマツバガイを食べる

地場海産物を多く扱うスーパーマーケットに行くと磯でよく見る貝が売られていました。


大体日本のどこの磯にもいるマツバガイ。40個くらい入って200円ほどです。

マツバガイを売られているのははじめて見ました。食材を扱うスーパーマーケットで売られているということは食えるのか!釣り餌とかにされているイメージですが、しかしよく見るとアワビやトコブシっぽい。いけるのかな・・・。

ひとまず生で食べる勇気はないので、熱を加えて食べたいところです。となると、煮るか蒸すかですが、煮ると味が煮汁の中に落ちるので、貝のダイレクトの味を堪能するために、蒸しに。

蒸し器の上にひっくり返して並べます。

水を張って着火。水が沸騰して熱が通ってきたら、一個一個に醤油を垂らします。まだ生きているのか醤油を垂らすとキュッと締まる。

火が入るときれいに貝殻から身がはがれます。つるんという感じ。

しかし貝から離れたマツバガイの身は


、、、可愛い。目がくりっとしていて豚鼻が付いていて愛嬌があります。ちょっと食べるのをためらうくらい可愛い。

この写真に写っているマツバガイの上側が岩にくっつく側で、下側が貝殻にくっついている側。


なので、貝殻の上で身をひっくり返して、コッヘルの蓋(我が家の平皿なのです。。。)の上に並べてみるとこのとおり。


身を並べてみると、、、可愛いけどちょっと怖い。 内臓がカタツムリの殻的な位置づけに見えるし。

味のほうは、、、、とても旨い!コリコリ部分と内臓部分の苦味がなかなかにすばらしい。アワビやトコブシはともかく、サザエくらいの味かもしれないです。身の一個一個が小さいのが少し残念ですが味わえばなかなか滋味深い。サザエなどの貝が好きな人はきっと好きなはず。醤油によく合います。一杯やりたくなる味。多分バターやマヨネーズなどの油脂系の調味料ともよく合うはず。

コストパフォーマンスも良いです(当地では、、、ですが)。そもそも流通に乗ることがまれな貝だと思うので、入手が大変かもしれませんが、売っているのを見つけたら購入しても後悔しない貝です。