未踏県の大分県から宮崎県へ~九州旅行②~

普通列車3日乗り放題切符で博多駅から旅に出た九州旅行。初日は日本最西端(沖縄県を除く)のたびら平戸口駅を目指しました。

九州は案外小さく、早朝の博多駅を出て、たびら平戸口駅を訪問しても博多駅には15時頃に戻ってきました。

今回の旅の目的は残り3つ。未踏県の大分県・鹿児島県の地を踏むこととJR最南端の駅の地を踏むこと。

これからどうするか、、、ひとまず博多から手近な大分県を目指すことに。

博多から東進し、北九州市の中心駅・小倉駅で日豊本線に乗り換え南下。未踏だった大分県に入ります!温泉で名高い別府市あたりでとっぷり日も暮れて今夜の宿を求めて町をほっつき歩きます。しかし、、、別府は温泉地で賑やか過ぎる。糞野郎の一人旅に泊まるには浮ついた雰囲気がかえってもの悲しい。

別府駅に引き返し、さらに電車で南進し、大分県南部の津久見市まで行くことに。大分に来たけど別府温泉にもはいらず、夜に通過しただけ・・・。これはまた来なくては。 津久見市のビジネスホテルで一泊。ここはわびしい感じで糞野郎の一人旅には良い感じの宿でした。

町を歩いていると大分からあげの店。また食べに来なきゃな・・・。

再び電車で南下するためやってきた朝の津久見駅。

ここから普通電車に乗り大分県最南端の佐伯市へ。さらに県境を越え宮崎県を目指すのですが、、、。大分から宮崎県にいける普通電車は一日三本!早朝と夜間の時間帯にしか設定されていないので、しかたなく特急料金を払って特急列車で県境を越えることにしました。

、、、誰も乗っていない・・・。

一車両に私しか乗っていない。


豪華に4席を占領します。

特急列車で良い気分になって宮崎県へ。特急列車の身分も宮崎県第二の都市の延岡まで。ここからは普通列車に乗り換えます。

いも焼酎の看板があるのが九州らしい延岡駅。

車窓には延々とリニア実験線が。

もう使っていないので太陽光パネル置き場になっていました。確かに草刈をしなくても日当たりは抜群でしょうがちょっとさびしい。

明るくてフェニックスが駅前に生えている南国の雰囲気どおりの宮崎駅。

さらに南下して鹿児島県を目指します。