娘が産まれた一年前を思い出しながら祝杯をあげる

本日は娘の初めての誕生日。1歳になりました。一年前の今日の未明に産まれました。

しかし、どうしても仕事の都合がつかず、娘や妻とは過ごせず単身赴任先に留まって過ごしております。ちょっと寂しいですが仕方ない。穏やかな日で家事をしたり買い物に行ったり静かに過ごすことにしました。

長い一年だったような、あっという間の一年だったような。この一年は単身赴任ということもあり、妻が一人の育児に追い詰められないか心配していたのですが、妻なりの苦労はたくさんあるとは思うのですが、娘が順調にたいした病気も無く育ってくれているので、娘にも感謝です。父ちゃんと母ちゃんは娘の逞しさに救われました。

今日は故事に倣い、


一年前と同じくスーパードライと牡蠣で一人でささやかに九州で乾杯です。

牡蠣は一年前は北海道厚岸産のブランド牡蠣「カキえもん」だったのですが、さすがに九州では厚岸産は手に入らなかったので、地元九州産の殻付き牡蠣。九州の牡蠣も旨い!やっぱり旨い!!ビールが沁みます。牡蠣は偉大な食べ物です。


↑牡蠣が好きな人にとっては旨そうだなと思ってしまう画像ですが、魚介嫌い・牡蠣嫌いの人にはグロ画像なのでしょうね。。。

 

牡蠣を5個ほどやっつけたところでビールが尽きたので、日本酒に切り替えてほろ酔いでこの文章を打っております。飲んでいる日本酒はこれ。  

新潟県の白瀧酒造の純米酒「魚沼」。私が産まれた新潟のゆかりの街の酒蔵の酒(例えば天神囃子)があればよかったのですが、さすがに地酒過ぎるのか、焼酎文化の九州ということもあるのか、こちらでは見つけられていません。贅沢はいえません。しかし白瀧酒造のものでも、このメーカーのメジャーな銘柄の「上善水如」ではなく、純米酒の魚沼をよく置いていたな、と思います。魚沼は手ごろな値段で純米酒が楽しめます。

娘の1歳が、事故や大病が無い一年になればいいな、と願いながら、お神酒のような心持ちで頂いております。

一年、家族三人元気に過ごせますように、と祈りを捧げながら、残りの牡蠣と魚沼で一杯やろうと思います。

コメントする

これらの HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.