長崎の松翁軒本店に行って桃カステラと五三焼カステラを購入する

ひょんなことから長崎市へ。半日ほど自由時間があったので、眼鏡橋から市電の公会堂前停留所へ向かっているとカステラの松翁軒の本店を発見。松翁軒は気になる店です。

長崎・松翁軒のカステラ~商品レビューを熟読していつかは食べてみたいと静かに熱望してる~
単身赴任先から帰省する際のお土産について、食いしん坊の妻から指令。 「帰省時に長崎・松翁軒のカステラを買ってくること。」 松翁軒とは聞きなれない名前です。長崎名物のカステラはもちろん私も承知しております。文明堂・福砂屋は東京でも売られていますし、メジャーですが、松翁軒ってなんだろう?という感じでした。 妻曰く 「松翁軒のカステラは超しっとりしててザ...

瀟洒なビルの1階が松翁軒の本店です。西洋っぽいのが長崎っぽい。市電の線路があるのも雰囲気良いですね

味のある木の看板。昔から掲げられているものかな?紙に書いてある「桃カステラ」の文字も気になる。

今回も一人旅。妻に何か買って送ろうかと思い、入店します。

年季を感じる絨毯が敷かれた階段。2階はカステラを食べる喫茶店のようで、食べログの評価も高いぞ。

松翁軒 本店 (思案橋/和菓子)
★★★☆☆3.55 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

今回は一人なので店内ではカステラを食べずに、実家に帰省している妻・義両親に送ることにしました。まぁ松翁軒は公式サイトでも通販をしているのですが。。。

送ったのは季節商品の「桃カステラ」と最高級品「五三焼きカステラ」。奮発しました。

桃カステラは長崎では女の子の成長をお祝いするお雛祭りのお菓子らしいので、縁起物として。

長崎からカステラを送ってしまったので私は中身を見ることもできないし、味わうこともできません。。。無念。どんな物か知りたいので、妻から写真を送ってもらいました。

 

まずは桃カステラからです。届いた箱はこんな具合。

鳳凰柄の包み紙に梅の箱。雅ですね。

中のカステラはこんな具合。かわいらしいですね。

味のほうは、上掛けの砂糖の口どけがきめ細やかで美味しかった。二種類の砂糖と餡、白玉粉をブレンドしているそうで、甘党の妻が激甘と感じるほどだったそうです。懐かしい感じの味とも。

 

続いて、五三焼きカステラ。

梱包からして普通のカステラより高級感があります。

光の具合のせいかもしれませんが、とても濃い黄色に見えます。

下の方は重みでさらにしっとり密度が高くて濃厚だったそうです。

甘い物はそれほど執着しない私もこれは食べてみたい。

長崎といえばさだまさし!さだまさしさんの歌に出てくる場所などを行ってみたいし、中華街や出島などもあり、ゆっくり訪ねてみたい街の上位に食い込んでいるのですが、なかなか行けない・・・。

コメント