早春の網走湖のゴマフアザラシ 2008年3月22日

 (曇り-0.7℃ 風速3.9m/s:2008年3月22日10時 網走)
??
 2008年に入って4度目の北海道です。先回北海道に行ったのは2008年2月の知床半島羅臼町。約一ヶ月ぶりですが、北海道に行くのはかなりのハイペース。しかも今回は1泊2日の強行軍です。ここまで強行したのは、こんな事情になることが 決まってたからです。東京(羽田空港)は北海道各地の空港に直行便が飛んでいる場所です。時間的には札幌よりも短時間で道内各地にアクセスできる素敵な場 所です。そこを離れるわので、行ける時に行っとけーってなもんで、こんな強行日程を組んだわけです。

 まずは女満別空港に降り、車を借りて39号線沿いの網走湖湖口へ。最も簡単にアクセスしやすい野生のアザラシを観察できる場所といっても過言ではないと 思います。(もちろん季節・運には大きく左右されますが)
 車の中からでも氷の上に転がっている姿を見つけることができました。


この日は四頭のゴマフアザラシが氷の上にいました。

 


(動画1.0MB)

ホオジロガモが泳いでいました。
アザラシのほうでもたまに泳いでいる個体もいました。

 


たまにこっちを見ます。


きょろきょろしては眠りに戻るの繰り返し。
彼らを眺めている時は日常の慌しさを忘れられます。


水鳥達もアザラシたちには近づいて行きます。
アザラシのほうも水鳥にあ気兼ねすることもなく転がっていました。

 

 


あまりアザラシとは関係ないのですが珍しい写真をとれたので紹介。これは飛行機の中から撮影した阿寒湖の上流にあるペンケトーという湖です。白いのは氷か その上に積もった雪でしょうか。ペンケトーは一般人が近づくのが非常に困難な湖です。

 網走湖はいつも通りの網走湖でした。ここは何度も来ていますし、ある意味この湖口以外あまり見るポイントもないですし、明日も来る予定ですのでチラッと 見て次の目的地である能取岬へ向かいます。

2009年11月3日作成

コメント