モンちゃん逝く

昨日のブログにも登場した紋別市のとっかりセンターで飼育されていたワモンアザラシのモンちゃんが亡くなったようです。
当サイトともリンクをしているゴマスケさんのサイトに掲載されていました。ゴマスケさんのサイトはこちら。12/10のあざらしニュースコーナーで取り上げていらっしゃいます。ゴマスケさんのサイトから紹介されている紋別の地元紙の北海民友新聞のサイトでも触れられていました。(http://www.minyu.ne.jp/digitalnews/091210_4.htm)
モンちゃんと言えば私も大好きなアザラシの一頭です。当サイトのとっかりセンターのコーナーには大抵出演しているような気がします。もんちゃんの名前を聞いて思い出すのは真夏の暑い時にアザラシ好きが紋別に集結したときに見せていたダラ~ンとした肢体やバックヤードのぬいぐるみ売り場まで侵入していたときなど彼女のマイペースな性格を象徴するようなシーンです。
北海道を離れたのが2007年3月末、それから3年経とうとしています。とっかりセンターで言うとアタックも逝き、もんちゃんも亡くなりました。3年というと短いように感じますがきっといろいろ変わっているのでしょうね。私は北海道の真逆な、むしろ日本の南端付近にいますが、北海道の変化が楽しみでもあり怖くもある複雑な心境です。う~ん。。。
沖縄はむしろどんどん変わっていってくれと願うことのほうが多いのですが、たまに汁北海道の情報をみると、北海道はあんまり変わらなくていいよ、、、とか思ってしまうのは郷愁なのでしょうね。そういえば生まれ育った新潟県の街はすごい勢いで再開発がされ、もうなんだかよく分からない街みたいになって呆然としました。
モンちゃんの話からだいぶ離れましたが、生物は私などの人間も含めてですが、みんな老いていくのが当然とはいえ、やはり別れは寂しい物です。もんちゃんののほほんとした様子も見て、なにか安心したい気持ちになりたかったなと思います。