Windows2000のサポートが終了

発売から10年経ったWindows2000のサポートが2010年の7月13日に終了するそうです。(http://support.microsoft.com/ph/1131/ja)私はいまだにWindows2000を使っており、この文を打っているデスクトップのパソコンもWindows2000です。

パソコンが使えなくなることは無いですが、脆弱性をつかれアザラシ写真が流出とかになっても嫌ですし。私のパソコンは、サイトを作ったりここの文を打ったり、デジカメの写真を編集したり、メールをちょろっとおくったり、amazonや楽天で買い物したり、飛行機の予約をしたりするくらいなので、古くなったとはいえ機能的には特に不便は感じていないので困ったものです。確かに最近はiTunesが対応していない機能があったり、最新版のIEが対応してなかったりなどあったけど。。。

今のパソコンは2004年頃に購入したもの。本体サイズも小さく気に入っています。壊れれば諦めもつくのですが、故障らしい故障もせずにちゃんと動いており、光学ドライブやハードディスクは新しい物に替えたり増設したりしたものの快適に動いています。HDDは2TB以上のものを入れてありますし、メモリも1500MBありますので、2~3年前のメーカーモデルくらいの機能はあるのではないでしょうか。
私の中でなかなか新しいイメージがあったWindowsXPも発売から9年も経ち(いつのまに!)、気付かないうちに販売打ち切りになっているんですね。この文を読んでいる人の大半にとっては「こいつはいつの時代を生きているのだ」という感覚かもしれませんね。。。

パソコンのほうは使えるパーツは流用して安く作りますかね。こういうとき、物流から離れがちな離島は不便です。
今使っているパソコンは学生の頃に買ったパソコンですので今から6~7年前くらいに買ったのかな。特に不具合を感じていなかったのでまだまだ現役世代と思っていたらすでにロートル。人生に似ていますね。このパソコンを買った頃は私もまだ20代前半の学生でした。

若いつもりでずっといたら30に手が届く年になってしまっています。アザラシサイトも5周年、マリモのほうは今年の11月で10週年、自分も年をとるわけです。感慨深いものがあります。

このページのコメント欄は閉じております。