最近よく街に出てきているクマたち

COP10会場を目指しているんじゃないでしょうか。全日本クマ連合とかが呼びかけて。
自然保護原理主義になるつもりも、害獣呼ばわりして徹底射殺を訴える気もありませんが、地方ではいろんな意味で野生動物と人間の共存の問題が切実になっています。先日書いた襟裳岬のお話もそうです。
私の生まれた新潟でも猪が増えているようだと親父が言っていましたし、鹿が増えて林が坊主になる話も良く聞きます。
クマは出席できませんがCOP10で何か解決の糸口が話されると良いですね。

このページのコメント欄は閉じております。