本当に長い一週間でした

地震から一週間。本当に長い一週間でした。ここまで長く感じた週は今まで無かったように思います。原発の危機的状況はむしろ上がっていく一方。刻一刻と入るニュースに焦ります。それでも仙台の知合い、お世話になった方からは無事らしいということがわかり安心しました。原発のほうはそれこそスペシャリストたちに任せるしかないから、自衛隊、警察署消防、米軍の皆さんの活躍を祈るのみ。本当に頭が下がります。
それにしても反自衛隊寄りの党が与党のときに大きな地震がよく起こりますね。阪神大震災といい、今回といい。新潟のときは違ったか。新潟は奇跡的なほど犠牲者は少なく、また柏崎刈羽原発も被害は受けていましたがこんな事態にはなっていなかったですね。
八重山でも乾電池が店頭から消え、懐中電灯や携帯ラジオも消えています。観光客が買っていくとか内地の親戚に送るとかそんな感じらしいです。八重山は供給の線が細いから台風シーズンにはちょっと心配です。最も台風にはなれている地域ですし、ライトが無くても一日引きこもっていれば台風はどっかに行きますから、やっぱり地震・原発関係のほうが心配です。
何はともあれ自体が落ち着くことが最優先ですね。