夏が来た!海神祭その1~石垣市爬龍船競漕大会~

毎年旧暦5月4日(本年は6月5日)に行われる海神祭。名前のとおり海人・漁師の祭りで、メインは海人が漕ぐ独特な船、サバニによる競争が繰り広げられる石垣でも大きな祭りです。海神祭が終わったら梅雨が明け、夏が来ると言われる季節の風物詩です。本当に昔の人の言い伝えは偉大で、日本が誇るAMEDASデータも連日真夏日・熱帯夜を記録しています。この日も真夏日、暑さの中熱い戦いが繰り広げられます。
さてハーリーのサバニ競争のメインは各組に分かれた本職の漁師の皆さんですが、それ以外にも一般人も十人一組のグループを組んで各チーム対抗で競争をします。今年は某チームで漕ぎ手としても参加してきました。いつもの年とは違う面持ちで参加です。
IMGP1819.jpg
当日会場となる石垣市新栄漁港は人がびっしり!八重山にこんなに人がいたのかと思うくらいです。写真は競技前に各組の女性陣が伝統的な踊りを披露しているところ。
IMGP1821.jpg
きらびやかな衣装に包まれた海人たち。彼らは本職の漕ぎ手。各組はまさしく真剣勝負。勝負の結果で喧嘩になるということも聞いたことがあります。
実はこの日は漕ぎ手として参加していたので写真はほとんど撮っていませんでした。船に乗る前はチームミーティングで忙しいし、漕いだ後は消耗しつくして会場の隅で転がっていましたので。。。
ちなみに私のチームのレース結果は8チーム中8位。おかしいな・・・。でもやっぱりお祭りは見ているより参加したほうが楽しかった!水を掻いて漕ぐ感触や、暑い中巻き上げた海の飛沫を浴びる気持ちよさ、やっぱりいいですね~。
舟を漕いだ後はむしろこっちがメイン?な祝賀会&打ち上げです!