連休の日本最北水族館 2005年5月4日

5月の連休中、再びノシャップ寒流水族館に行ってきました。今回は3月に産まれたゴマフアザラシの赤ちゃんを見るためと、稚内市の抜海港の野生ゴマフアザラシを見たかったのでそのついでとい うこともあります。

10時ごろにノシャップ岬に着いて、利尻富士が見えたので記念撮影、その後いよいよ水族館に入ります。水族館は連休のせいか前回の真冬に行ったときに比 べかなり混雑していました。

今回はもちろんプールにも水が入っていてアザラシたちはちゃんと泳いでいました。また餌の無人販売コーナーが置いてあって、アザラシに餌を与えることが 出来るようになっていました。餌やりは家族連れを中心に人気があるようで、飛ぶように売れていました。餌をねだるのはおたる水族館ほど激しいものではなく、基本的には待ちの姿勢でいて落ちて きたら食べる、というものでした。これが普通ですよね(^^)おたるのを見ているとあれが普通だと思い込んでしまいそうです。


動画(926KB)

餌をねだるゴマフアザラシの大人

餌が投げ入れられる隙をうかがうゴマフアザラシ

同じく。餌の投入を待つゴマフ

首の後ろの肉が段になっています(^^)

ゴマフアザラシの赤ちゃんは隅っこの目立たない子供アザラシ用スペースに、先回行ったときもいたアザラシたちと一緒に入れられていました。赤ん坊は動き が鈍く、もけっと固まっていました。離乳してからそんなに経っていないでしょうから寂しかったりするのかな。
さすがに生後一ヶ月立っているので、白い毛はほとんど抜けてゴマフ模様になっていましたが、背中や後頭部にはまだ名残の毛が残っていますね。

動画(4.7MB)

赤ちゃんアザラシの動画です。

赤ちゃんアザラシ
背中に白い毛が残っていますね

赤ちゃんと一緒のプールにいた子供アザラシ

同じ子供アザラシです。プールの傾斜に顔を置くのが好きなのかな

簡単なアザラシの中プールでやっていました。このプールはペンギンとアザラシが同居しています。顔がつぶれた体に模様の無いアザラシも相変わらず健在で した。仁王立ちも健在です。

動画(1.84MB)

わっかとボールを使ったショー

アザラシと同居人のペンギン

動画(5.42MB)

ショーで使うわっかを片付け忘れたのか、
そのわっかでゴマフアザラシが二頭で遊んでいました。
動画の中には右の子の背面倒れも微妙に入っていました

模様の無い顔のつぶれた仁王立ちアザラシ

今回はその日の夕方に札幌に帰らなくてはいけなく、かつ抜海港にも寄る予定だったので、30分くらいで出てきてしまいました。