石垣の友人

石垣島の友人が結婚し、新婚旅行で地球の裏まで旅行し(自宅の裏がどんなところか見てきたかったらしい)成田から石垣に戻る最中に寄ってくれました。
自分が住むと思わなかった南の島に住んで、島にいるときは海でも山でも朝から夜中まで遊んで、台風で閉じ込められる中は酒を飲み、よそ者なりに島のことを考えました。そして島を離れても声をかけてくれる。本当にありがたいことです。
付き合った時間は1年足らずですが、本当に濃い時間で、彼らのおかげで八重山が忘れ難き、良い思い出の地となりました。おっさんになってしまうとなかなか友人はできないと言いますが、そんな事はない。彼の顔を見て話を聞いているとあのギラギラした石垣の太陽と海と泡盛を思いだし何ともほろっとしてしまいます。
変わってないことが嬉しい。私は島では身につけてなかったスーツに革靴を履いていたので爆笑されてしまったけども(^-^;)

コメントする

これらの HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>