夏の暑さを凌ぎきれるかな(エアコンなし・横浜暮らし)

我が家には今のところエアコンがありません。が、これは、節電とかエコとかそんなものののためでもなんでもないです。昨年秋に引っ越して以来、なんとなく買いそびれただけ。エアコンは今は安くなって3~4万も出せば買えますし、買おうと思えば買うくらいのお金はあるのですが、買ってからすぐ設置できるわけも無く、お金払ったのに暑い今すぐに使えないというのがどうも納得行かず、さらに家に工事の業者が来て工事をするのがかったるく、さらに仮住まいの身ですから荷物は増やしたくないので、なんとなく食指が動かない。
そういや、私も生まれてから自腹でエアコン買ったことないです。学生時代の北海道はもとより就職した一年目の横浜もそんなに暑い年ではなかったせいか結局買わず、次に住んだ仙台はもともと涼しい土地なのでやっぱり買わず、石垣はたまたま前に住んでいた方が置いていってくれてたのでやっぱり買わず。現在の横浜でも今のところ買わず。
現在の我が家は、高台に位置する南側に面した4階で北側にも窓がある構造で、窓を開け放てば、かなり風が入るのです(今、この文を打っているのも風に当たりながらです。窓の外には夏の夜の靄にかすんだ月が浮かんでおり、季節外れの?朧月夜です。雅ですね~。)
さらにおんぼろの我が家は網戸のレールがありません。窓の外はまじりっけなしの外。虫の侵入さえ覚悟を決めれば、網戸で遮られない風が入ってきます。今まで蚊、カナブン、カミキリムシ、テントウムシ、カメムシ・・・等々の侵入を受けておりますが、こっちが死ぬことは無いです。
最近はさすがに気温が上がってきて辛い日もありますが、頼みのゴーヤはグチョルでやられてしまい、復活してきつつありますがまだまだ日差しを遮るほどの大きさではないし。
風だのみの酷暑対策なので、風が無い日はさすがにきつい。あ、扇風機はさすがに購入済です。布団の下に引くと涼しく寝られうと言われているジェルパッドにも手を出しそうになり(冷静に考えたら、36度で数十kgある恒温動物の人間が布団の下に敷いただけの高々数kgのジェルで朝まで冷やされるわけも無く。。。)、藁にもすがる日も無きにしも非ず。まぁどうしてもだめになったらどっか涼しいところに逃げ出すというのが一番現実的と考えています。
幸い横浜は海に近く、気温の上昇がやわらげられるのかまだ猛暑日がありません。熊谷とか伊勢崎ほどにはなりませんし、暑いことは暑いですが、この程度ならエアコンなしでいけるか・・・?