北海道のアザラシ/トドの海獣被害が国会で取り上げられました

4月15日の衆議院予算委員会の第六分科会で北海道の海獣被害について取り上げられたので紹介します。
質問されたのは北海道4区選出で自民党の中村裕之議員。
北海道4区は小樽市~積丹半島あたりで、トドやアザラシの生息数の多い地域ですね。
質疑の様子は衆議院のサイトで見られますので興味のある方は是非。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=42662&media_type=wb
の17時32分から。動画の時間で言うと8:51:20あたりから。
内容は私がまとめるより中村議員のサイトをご覧いただいた方が偏りがないでしょう。http://www.hiro-nakamura.jp/?p=1066
(それにしてもこの委員会、朝の九時から夜の九時までやっていたのかよ、という非常に長い委員会ですね。)
この第六分科会は農林水産省及び環境省所管の審査を行う場所ですから海獣被害についてはうってつけな議論の場です。
日本の海獣とどのように共存するかという話はアザラシ好きには永遠のそして壮大なテーマです。アザラシの未来を掲げると個人でできることはちっさいかもしれませんが、
国レベルの場でもぼつぼつ議論が出てきています。こういうネタを重要と想う方を政治に送り込むのも個人の力でもあります。
アザラシの将来が気になる方は国会の議論を聞いてみても損はないかと思いますし、
年に一回くらいはこの壮大なテーマを考えるのも楽しいものです。
アザラシ(だけでは無く野生動物全般に関わりますが)を取り巻く状況をいろいろな意味で変えるならば、法律や行政から変えていく、というのも一つの手法かと思いますし。
政治や行政となると、何かだーてぃーなイメージが無きにしもあらず(^^;)ですが、多分あらゆる意味で力を持っているのはもココ。悲しい話ですが、現実的に見てあらゆる市民活動や地道な普及啓発活動より野生動物行政に速効性を持つのがココ。(とはいえ、これらの活動が意味がないとか言うつもりは全くないです。このサイトこそアザラシの布教の最前線から今は一歩引いたくらいの場所にいるつもりですし)
清濁併せて、いろいろなものを丸飲みして現実的な力を身につけることが重要なんだなと改めて思いました。私にはそんな力はないですし、政治家になるつもりでもないのですが(^-^)
さて中村議員のお話について。冒頭ではこれまでの漁業被害額やその対策内容と対策費を明らかにしています。海獣の個体数管理への困難さは議員にあらかた同意ですが、でもやらなければならないという政府側の考えにも同意です。。。
漁業者の直接的補償は、議員の気持ちは分かりますが、意見は分かれるか。もちろん漁網などの対策の補助や技術開発、あるいは保護制度の改変は重要と思いますし、そのための個体数管理は必要だと思います。
最後のトドは水産庁、ゼニガタが環境省、ゴマフが地方自治体という縦割りの指摘は、別に海獣の種類で所管が変わるわけではなく、各種のクローズアップしている話題が、各省に別れているだけかと思います。トドは漁業被害、ゼニガタはレッドリストがメイントピックでゴマフは単なる傷病鳥獣保護しかかからないでしょうから。
多分、アザラシ好きな方の中でもいろいろな意見があって、中村議員の話に全面賛成という方もなかなかいないと思います。でもそれはしょうがないですし、それでよいと思います。いろんな方の意見を聞いて、自分なりの答えを用意して、機会があったら中村議員にぶつけてみたり、なんなら自ら議員になって役所にぶつけてみるとかいろいろ手はあります(´・ω・`)
情報収集と考えることをやめたら、千載一遇のチャンスの時に動けないかもしれません、それだけは避けたいものです。
またなんか面白いのをみつけたら紹介したいと思います。