マリモクルーズで遺産PR/阿寒湖

 釧路市の阿寒湖で遊覧船を運航する阿寒観光汽船(小林一之代表取締役)は、世界自然遺産への登録を目指すマリモに焦点を当て、今年度から遊覧船の正規ルートを変更し船内案内を一新する。船内での放送や映像でマリモの基礎知識を得た後に、チュウルイ島のマリモ展示観察センターを見学することで、マリモをさらに理解してもらうのが目的。遊覧の名称も「マリモクルーズ」と命名し、今後広くアピールする。
(釧路新聞)
==引用終わり==
今年も阿寒湖の春がやってきました。