襟裳のゼニガタアザラシの漁業被害と個体数管理が国会で取り上げられました

先日の衆議院予算委員会の中村議員に続いて今度は襟裳のゼニガタアザラシの漁業被害と個体数管理の話が国会で取り上げられました。しかも3回も。。。
記録してまいりましょう。
まずは5月9日の参議院農林水産委員会で長谷川岳議員。ここからライブが見られます。2013年5月9日の農林水産委員会で2時間42分17秒からゼニガタアザラシの話です。
議員からは絶滅危惧種(ゼニガタアザラシ)や準絶滅危惧種(トド)による農林水産漁業被害は直接補償すべきで、
中国のように保護と保障をセットですべきという話。
田中環境副大臣からは農林水産省と協議して漁業と保護の両立を図るという答えが出ています。
長谷川岳議員というとどうもYOSAKOIのイメージがあって、個人的には微妙な気持ちもありますがさすが北海道選出の議員といったところです。
次は5月13日の参議院予算委員会で横山真一議員。ここからライブが見られます。2013年5月13日の予算委員会で7時間27分20秒からゼニガタアザラシの話です。
議員からはまずはゼニガタアザラシの漁業被害と環境省の個体数管理の話を触れて、この個体数管理の方針が変わったということについてどういうことかと石原環境大臣に質問を出しました。
石原環境大臣からは絶滅危惧種に指定しておきながら捕獲して殺処分をするけど、漁業被害が減るかどうかは未知数ということもあり、絶滅危惧種を捕獲して殺処分するのは環境行政の矛盾になり慎重にする。一方で漁業被害を出さないために漁民の方に何が出来るかを調整していく、アザラシが漁網に入らないような漁法を検討するという話が出されました。その後農林水産行政と調整し漁業のあり方も検討すると答弁がなされました。
最後は5月14日の衆議院農林水産委員会で堀井学議員。ここから見られます。
北海道9区選出(室蘭~苫小牧~日高)つまり襟裳岬も含んでいます。ここはあの鳩山元首相の選挙区でもありましたが、ご存知の通り立候補しなかったので堀井議員が選出されました。折井議員というとスピードスケートの選手なイメージでしたが政治家になっていたとは。。。
議員からは長谷川議員と同様、海獣被害対策について質問があったあと、捕獲対策について環境省に但しました。
環境省からはゼニガタアザラシはレッドリストに入っている種なのでその個体数管理は慎重に行うべきであること、捕獲したとしても漁業被害の減少が確実なのか分からないということもあり、当面は被害防除を中心とした保護管理対策を行うことにしたとの説明です。具体的には音波などを使った網への侵入を妨げるような対策を行うとのこと。
議員からはゼニガタアザラシ保護管理検討会を開催し、40頭を上限に捕獲するということで地元と同意を得ていたが、なぜ防除という方針になったのかということで質問がされました。
環境省からはレッドリスト対象種を捕獲する矛盾と捕獲による被害低減が出来るかとわからないので捕獲は見合わせたとの説明です。
その後議員からは江藤農林水産副大臣に鳥獣被害による農林水産物の保障についての見解が問われました。
大臣からは捕獲をやると一回決めたらそれを実施すべきだし、直接保障についても検討していくとのことでした。
これらの答弁を受け早速動きがあるようで、今日の北海道新聞に以下のような記事が出ていました。
ゼニガタアザラシ捕殺中止 本年度、襟裳岬周辺 環境省「被害減少の確実性低い」
 【えりも】環境省は14日、襟裳岬周辺で本年度行う予定だった、国の希少鳥獣ゼニガタアザラシの試験捕殺を中止することを明らかにした。日高管内えりも町で開いた説明会で関係者に伝えた。
 試験捕殺はゼニガタアザラシによる漁業被害軽減を図るため、同省が2011年から漁業者らと手法を検討してきた。この結果、岩場に上陸したアザラシを銃で撃つ方法を採用。4月下旬には、大型連休明けに実施できるよう警察や海保などと協議していた。
 説明会は、漁業関係者ら約20人が出席し非公開で開かれた。同省の担当者が方針を転換し、混乱を招いたことを陳謝。中止の理由として、《1》ゼニガタアザラシは絶滅危惧種で個体数調整は慎重にすべきだ《2》一定数捕獲しても被害が減少するかどうかの確実性が低い―の2点を挙げた。
 同省にデータを示してきた東京農大の小林万里准教授は「個体数が減ると被害が減るとの結果を示してきたが、こういう決定が出て残念」と話した。ゼニガタアザラシの捕殺をめぐっては、石原伸晃環境相が13日の参院予算委員会で「絶滅危惧種を個体数調整、すなわち殺処分にすることは慎重に検討すべきだ」と述べていた。
アザラシの漁業被害話はまだまだ続きそうです。