釧路湿原の動物たち~道東旅行 2014春②~

釧路湿原西部の鶴居村でタンチョウを眺めた後は釧路湿原北部を横断する道道1060号線で湿原を横断します。この道道はダートなので、冬も通行可能なのか気になっていましたが、この日は問題なく通行可でした。
1060号線で釧路湿原を横切る途中でコッタロ湿原展望台に。コッタロ湿原展望台は9年前の記事でも取り上げた場所です。季節は違って水面は凍っていますが、水溜りの形は懐かしくて涙が出ます。
20140307135820IMG_3362.jpg
、、、眺めていると湿原の奥になんか動くものがいるのに気づきました。
20140307140058IMG_3365.jpg
エゾシカです。私が北海道にいた頃には湿原の低い部分でエゾシカを見ることはほぼ無かったのですが、この陽は湿原のいたるところでシカを見ました。
エゾシカが爆発的に増えている話を身をもって実感します。
タンチョウも増えているのか、釧路湿原の東側の民家の軒先のようなところにも、、、。
朝起きて家の庭にタンチョウがいたらびびるだろうけど、この地域の人々には普通なんでしょうね。想像しがたい生活を送っている人がいます。
20140307145552IMG_3379.jpg
釧路湿原は野生動物の王国。達古武地域の道路沿いの林にオオワシが止まっていました。眼光の鋭い。
20140307150852IMG_3419.jpg
飛ぶと優雅で存在感が半端無いオオワシ。個人的にはタンチョウより北海道の鳥として認めてあげたい。
20140307151056IMG_3463.jpg
カラスが飛んでいるオオワシに並走してちょっかいを出していましたが、オオワシは気にもとめていないのか悠々と飛んでいました。カラスは何を思って自分よりはるかに大きなオオワシに向かっていくのでしょうか。
20140307151026IMG_3446.jpg
学生の頃、この辺にも何回も来た達古部沼。湖畔にはキャンプ場があり夏には賑わうのですが、この季節はキャンプ場も閉鎖され、沼はひっそりと強烈に凍っていました。
20140307152930IMG_3496.jpg
凍った湖畔の上には風と雪が作る不思議な紋様。
20140307152520IMG_3487.jpg
釧路湿原の東側には釧網本線の線路。ちょうどSL列車がやってきました。
20140307144030IMG_3371.jpg
細岡展望台から。釧路湿原の代表的な展望台。ここから眺める景観は日本の土地概念を超越しています。見渡す限り広がるひろい土地にこの時人間は20人くらいしかいないのでしょうね・・・。
北国の日はまだまだ短く16時頃には夕方の気配です。
20140307155558IMG_3504.jpg
今日は釧路市街で一泊します。
ということで、釧路市内の居酒屋で宴。
まずは今日も湿原で増えているなぁ。。。と思ったエゾシカのステーキ。やっぱりこいつらは食って個体数を管理したい。釧路ではスーパーに肉が出始めているようですが100g600円くらいするそうな。観光客はともかく日頃暮らしているとなかなか手を出しにくい値段です。もっと流通量が増えれば単価も下がると思うのですが、そんな単純じゃないのかな。味はほんとに美味しい肉だと思います。
20140307192656IMG_9996.jpg
これはくしろ夕日ハイボール。釧路は世界三台夕陽の街だそうで、それにあやかった商品のようです。しかしなぜ釧路が夕陽の街というほど夕日が売りになっているのか皆目分かりません。なお残りの2つの街はインドネシアのバリ島、フィリピンのマニラだそうな・・・。これらの都市と釧路が肩を並べるのか・・・やっぱりよく分かりません。世界三大●●というとそれが観光目的になる気もしますがあまり夕日の街、釧路というイメージは無い気がします。
20140307194526IMG_0002.jpg
北海道旅行の二日目も朝早くからごそごそ起きだす予定があるのですが、居酒屋も去りがたく、22時くらいまで飲んでいたようですがあまり記憶が無いです。しかし翌日AM5時からの行動を開始です。

コメントする

これらの HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>