早朝のタンチョウのねぐら~道東旅行 2014春③~

道東旅行の二日目(2014年3月8日)です。
1日目の夜にそれなりに釧路の居酒屋を堪能しましたが、二日目も早朝から行動を開始します。まだ夜も明けていない朝5時にホテルを出発。
早朝から同行者を駆り出して向かった先は鶴居村の道道243号線に架かる音羽橋。タンチョウのねぐらになっているポイントです。学生時代にも来た覚えがあり、ブログを検索すると2006年1月5日のことでした。当時もカメラマンの多さにぶつくさ言っていますが、2014年のこの日も当然大勢の見物客が来ていました。
音羽橋の様子。バスツアー?で見物されているくらいのメジャーなポイント。3~50名程度でしょうか。
左側の橋が本来の音羽橋で道道243号線。ツルの見物客が多くなったので写真の右側に見物客用の橋を掛け、橋の両側には駐車帯を設けてあるという至れり尽くせりの場所。
20140308062028IMG_0009.jpg
ちなみに極普通のデジカメでズームを使わないとこんな写真。ツルがいるのは写真奥の川が曲がりくねっている辺りです。
20140308062034IMG_0010.jpg
望遠レンズで撮影します。まだ夜は明けきっていませんがツルたちはごそごそ起きだしているようでした。
20140308054406IMG_3568.jpg
音羽橋は凍結しない川と外気温の温度差から靄が発生してタンチョウを取り巻く幻想的な風景が見られることもありますが、この日は暖かく靄は薄め。
3月にはいってだいぶ気温も高くなっているので仕方ないか、、、と思ったのですが、今アメダスデータを調べてみたらこの3月8日朝6時の鶴居の気温は-15.2度。そこそこ下がっていました。逆に言うともっと冷えないと靄がもうもうと出ないわけですな。。。
20140308055434IMG_3612.jpg
首を埋めて丸まって眠るタンチョウ。靄の空気の中、川の水面にぼんやり映る姿もきれいです。丸まっているだけでも絵になる生物ですが、彼らは自分たちの優雅さを自慢することもなく淡々と生きていると思います。その謙虚さを見習いたい。
20140308054804IMG_3599.jpg
音羽橋のタンチョウを見た後はホテルに戻り、朝食をとって荷物を整え、釧路駅へ。
本日はJRで網走まで行き、その後ウトロまで行く泊まる予定です。午前中は移動、午後は網走方面でアザラシやワシを探しつつ、ウトロ方面へ・・・という予定です。
久しぶりの釧路駅にはこんな展示がありました。
20140308090908IMG_0024.jpg
阿寒湖のマリモは特別天然記念物なので、それを養殖していいのかなぁ、、、と思いつつも、釧路駅で堂々と展示しているものならその辺は何かクリアしていると信じます。マリモ自体は健康そうな大きな球状でさすがな展示です。
釧路から網走へ運んでくれる一両のかわいらしいディーゼルカー(左側)。マークに知床の文字とオオワシと知床連山の図案が着いています。単行のディーゼルカーですが流氷の観光シーズンのせいか、ほぼ満員のお客さんで釧路駅を出発です。
20140308090752IMG_0022.jpg
途中の茅沼駅。釧路湿原北部のシラルトロ湖の近くの駅で、線路から見て駅舎の反対側にタンチョウが近くに舞い降りる駅として有名です。
20140308100056IMG_0034.jpg
この日もいるかな??と思って目を凝らしていたら、2羽のつがい?が駅に近い雪原に下りていました。観光客っぽい乗客から歓声があがります。ツルはさすがに見せ所をわかっていらっしゃる。写真は慌てて撮ったのでツルはシミ程度にしか写っていませんが、肉眼でも十分に確認は出来る距離です。
20140308100042IMG_0033.jpg
9時くらいに釧路駅を出て、3時間掛けて網走に向かいます。とろとろ眠ったり車窓を眺めたりしながら移動できるのがJRのいいところ。居眠りから起きてもまだ走っているという感覚がいいのかもしれません。単線の線路を単行で、快速なのに急ぐわけでもなくゴトゴト網走に向かいます。

コメントする

これらの HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>