夏の羅臼の朝~2014夏・北海道旅行・その10~

夏の北海道旅行5日目。延々と続いてきたこの旅行記も佳境に差し掛かっています。知床滞在は今日が最後。
5日目は再び海に出ます。初日に書いたとおり知床世界自然遺産の特徴である山から海まで知床を遊びつくすのが目標ですが、今日は海です!
今日の海は3日目の海中・海底をはいずりまわるダイビングではなく、海上で船からホエールウォッチングの予定です。
ただ船の時間は11時半で、朝御飯は8時なので、それまでは自由時間。
例によって私は早朝起きて、一人でドライブ。行きたいところがあるのです。
そこは以前にアザラシサイトで野生のアザラシ生息地として紹介した岩場。季節も夏ですし、海の様子をここ数日見るにアザラシはいない確率が高いのですが、やはり近くにアザラシ生息地があれば気になるのが悲しい性。
上述の岩場は鷲の宿から車で2~30分程度の場所にあるのです。様子を見に行ってみました。
やはりアザラシらしい姿は見えない。。。それは折り込み済みですが、むしろそれより天気が悪いことと、ガスが出ているほうが気になるぞ。やはりクジラを探すには視界がすっきりとして、ガスが出ない方がいいでしょうし、雨だと双眼鏡の使用やカメラの撮影に辛い。天気や野生動物の運に恵まれていた今回の旅行でしたが、ついに運が尽きたか。。。
IMG_5913.jpg
岩場の先にはサケマスの定置網。これじゃアザラシがいたとしてもなかなか落ち着かないだろうなぁと思います。
IMG_5919_20140812003454055.jpg
サケマスの定置網に加え、昆布漁の真っ最中で、海岸は昆布を取る船、干す人があふれ、冗談ではなく昆布の匂いに浜は満たされており人間の気配も濃厚で活気があります。これはこれでとても面白いのですが、アザラシはやはり冬のお楽しみです。
IMG_5917.jpg
漁船の帰港に沸き立つ?オオセグロカモメたち。
IMG_5923.jpg
この後は宿に帰って朝ご飯を食べますが、船に乗るにはまだ時間は早い。羅臼側の知床半島の車で到達可能な最奥部・相泊まで往復することにします。
途中にあるセセキ温泉。満潮になると海に没する温泉です。今日は入らず。
IMG_5926.jpg
テトラポッドの上にオジロワシ。この季節はやはり数は少ない。が、何羽か見ました。
IMG_5949_20140812003523342.jpg
違う角度から。
IMG_5952.jpg
しつこく観察していたせいか、飛んじゃいました。
IMG_5959.jpg
が、近くのテトラポッドに止まり直し、再びぼんやりしていました。
IMG_5960.jpg
昆布漁をする漁師さん、箱メガネで海中を見ながらカギ状の棒で昆布を取っていました。船に積んでいる昆布の見事なこと!羅臼では普通なのかもしれませんが、とても立派な昆布です。
羅臼の海といってもその中で良い昆布の生える場所は微妙に違いがあるそうで、その辺は一家秘伝というか個人のコツというかそういうのがあるそうで、なんとなく新潟の山菜採り・キノコ採りと似ています。
IMG_5962.jpg
道の終わり・相泊のキタキツネ。
IMG_5968_201408120036020dc.jpg
相泊から戻る途中、民家の屋根で子育てをするオオセグロカモメの親子を見つけました。
IMG_5977.jpg
雛はふわふわで目がつぶらです。しかし何年かすれば大人のオオセグロカモメのような精悍というかずる賢そうというか微妙な顔つきになるのでしょうか。
IMG_5974.jpg
雛を育てるオオセグロカモメの夫婦。どんな教育方針で雛を育てるのでしょうか。漁船のおこぼれを貰う方法とか、アザラシにちょっかい出す方法とかそんなのを伝授するのかな?
IMG_5972.jpg
オオセグロカモメの子育ての様子を観察し、羅臼市街に戻ります。いよいよホエールウォッチングの船へ乗り込みです!
天気は微妙な上に、ガスが出ていますが、回復を祈るのみです。

コメントする

これらの HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>