冬の公園暮色(横浜こども自然公園)

いつも鳥を見に行くのは朝が多いのですが、この日はごろごろだらだらして既に14時を廻っている。
鳥を見るにはいかにも遅い時間ですが、一日ごろごろしている自分に嫌気が差して出かけることにしました。行き先は横浜市のこども自然公園。
着いた時間は15時半を廻っており、既に夕方の光になりかけ。公園を一回りしているうちに日も傾いていきます。
見上げた梢の上で鳴くシジュウカラ。お腹の毛がふわふわしている。夕方の寒さが忍び寄ってくるだけに、暖かそうでうらやましい。
IMG_8667.jpg
園内をウロウロしていうるうちに、茂みに隠れているアオジ、草地でぼんやりしているツグミ、池でぼんやりしているキンクロハジロやカルガモ、せわしなく飛びまわっているエナガの群れを見かけました。
林の中でバサバサ飛んでいる大きめな影が。タイワンリスが跳ね回っているのかと思ったら、アオゲラ。ちゃんと鳥を見ようと思い立ってからは、はじめて見ました。見るもの全てが新鮮で良い。ただアオゲラを写真に収めるのは暗くなってきて条件が厳しく、証拠写真くらいしか撮れなかったので今度は明るいときに撮りに来よう。
公園を一回りしてきたら、来たときにはたくさん並んでいたカワセミを狙う人もお帰りのようでひっそりとしていました。
IMG_8650_20150303133439d83.jpg
冬の公園の暮れは物寂しさがありますが、園内には梅が5分咲きくらいになっており、春が近づきつつあるのでしょう。なんとなく心が浮き立つような地に足が付かないような季節です。
本日見た鳥:
シジュウカラ、ツグミ、カワセミ、キンクロハジロ、アオゲラ、エナガ、アオジ、コゲラ