無垢ヒノキ材の床の光沢:団地リノベーション

今日は金曜日。私はしがない勤め人なので明日も明後日もお休みです!一週間で最も気兼ねなく夜更かしできる金曜日。

そんな素敵な夜なので、水割りをでも飲みながらワークスペースでごそごそしようと、先ほど冷蔵庫に水と氷と焼酎を取りに行ったのでした。家の中の照明は私のワークスペース以外の照明は落としてあり、ワークスペースからの漏れている光のみが照明です。水割りを抱えて台所から戻ってこようと思ったとき、ヒノキの床材の光沢に気付きました。

漏れている光をやさしく反射し、鈍く光って、年輪と表面の微妙な凹凸のおかげで、見る角度が変わると光り方も変わりいろいろな表情をするのです。美しくて思わず見入ってしてしまいました。
IMG_1300.jpg
ついつい床の上に腰をおろし、ヒノキ材の木目と光の変化具合を眺めながら一杯やってしまいました。

IMG_1308.jpg

で、カメラを部屋から取ってきて撮影したのがこれらの写真です。
IMG_1322_201507110141315c0.jpg
我が家の床材はヒノキの無垢材で、塗装や表面のコーティングをしていないので、均一的な表面になっておらず、いろんな表情を見せてくれるようです。

そういえば大学時代の木材工学の講義でヒノキは独特の光沢を持つ、、、と聞いたけどピンと来なかった覚えがありますが、こういうことだったのか。ヒノキは昔から日本ではメジャーな建築資材として扱われてきた樹種ですが、やっぱり日本人だとヒノキに惹かれるものがあるのでしょうか。夜になると、わずかな照明を反射して仄かに光る、、、というのはいかにも日本的な情緒です。ヒノキは針葉樹で木材の中でも比較的柔らかく、とても傷つきやすい木ですが(我が家もヒノキ材の床にはもう何箇所も傷が入ってしまっている。。。)手触りはすべすべしてとても良いですし、夜はもちろん昼間の見た目も気持ちいい木です。

先日も障子の話がありましたが、新居は照明を落とした夜間にハッとさせらる事が多い家になりました。

団地生活・リノベーション・インテリアのブログランキングに参加しております。
”参考になったよー、役に立ったよー”という内容がありましたら、↓のお好きなバナーをクリック頂けると嬉しいです(^^)
banner_rdannchikurashi banner_rino2 banner_danchi_interior