古建具、洗い出しのタタキ、檜床の玄関:我が家の団地リノベーション10

我が家のリノベーションの紹介も大詰めです。お風呂に続いて、今回は玄関です。(全体間取りはこちらを参照ください)

玄関は来客が一番最初に目にする場所で文字通り我が家の顔役です。(なので我が家のリノベーション紹介も玄関から書くべきだったか、、、と思わないでもない(^_^;)

見た目や光を考えつつも実際に住む私たちにも使いやすい間取りを考えました。

お客さんが玄関に入ってまず目にするのが、この古建具たちと檜床。三つの部屋の入り口の古建具が見渡せます。
IMG_2210_20150919141425946.jpg
玄関は明るくしよう、家全体に光と風が通るようにしよう、ということで玄関から家の奥まで広がりのある空間としつつもあまり生活臭は見えないように間取りを考えました。

引き戸は開け放てば光も風も通りますが、閉じても各部屋を仕切る建具は木枠のガラス窓なので光はそこそこ入るようにしました。しかし玄関に近い建具はやはり中が見えると気になりますから結霜ガラス・擦りガラスを使って中は見えないようにしています。

これは玄関から入って左側の古建具。洗面・トイレと廊下を仕切っています。
IMG_2139.jpg
この建具は私が我が家で最も好きな建具。これも他の建物で使われていた古い建具です。
材は欅。この建具、桟の複雑な配置や構造からも独特な雰囲気が漂っています。ガラスは上は結霜ガラス、その下は磨りガラス。ガラスの下部分の腰板も欅の一枚板。
古建具屋さんでこの建具を初めて見たとき、この建具の持つタダならぬ雰囲気に痺れました。そしてこの建具が入るなら良い家になるな、、、と確信しました。今では見慣れてはきましたが、まじまじと見るとやはりドキドキワクワクします。

この建具と入っていた建物は面白い歴史を持って数奇な運命を持っているお話しを売ってくれたお店から伺いました。それだけで1エントリー立てられそうなので、それはいずれまた。

上の建具に向かい合わせになっているのが、こちらの古建具。寝室と廊下を仕切ります。
IMG_2147.jpg
これは上の建具に比べればシンプルなもの。これもそれなりに古いので上部の桟にはネズミにかじられた後があります。この古建具は杉材です。

玄関の床材は台所や洗面スペースと一続きの檜無垢材。巾は15cmの上小節材です。タタキは妻のアイディアで小石が浮き出る洗い出しにしました。
IMG_1812.jpg

この洗い出しのタタキが我が家ながら気に入っております。タタキのアップ写真。
IMG_1818_20150919144127dc7.jpg
洗い出しは、セメントに砂利を混ぜた物を敷き、乾く前に文字通り表面を水洗いして小石の頭を出す左官職人さんが行う日本の工法です。

タタキにタイルを張るということも考えなくもなかったのですが、我が家はこれまで紹介した通り、昔から日本家屋で使われてる古い建具を入れていますし、材料も檜や杉などの国産材、漆喰壁など日本在来の材料や工法が採用されています。それならタタキもタイル張りよりも日本らしい工法を、、、ということで洗い出し工法の仕上げをお願いしました。

そして、お客さんを迎える玄関の照明はあのときの自作照明。
IMG_5360.jpg
こいつの作成経緯は以前のエントリーにある通り。今でもすっとぼけた表情で玄関にぶら下がっています。

点灯するとこんな具合。
IMG_3500.jpg
電球は透明の裸電球玉なので柔らかい光です。私が作成してから不具合を起こすこともなく働いてくれています。

玄関回りは古建具、檜床材、漆喰壁、洗い出しのタタキと和に片寄った雰囲気ですが、アルミ素材シェードのこの照明も馴染んでいます。純粋な日本家屋ではなく和洋折衷な団地の懐の深さがあるからでしょうか。

玄関は明るくて風通りがよく、古建具と洗い出しタタキ、檜床、漆喰壁の我が家らしい空間にできたかなと思います。玄関は我が家の顔、綺麗に整えておきたいと思います。

さて、リノベーション紹介シリーズ、次回はいよいよ最後の部屋になり、私のワークスペース・書斎の紹介になります。

 

団地生活・リノベーション・インテリアのブログランキングに参加しております。
”参考になったよー、役に立ったよー”という内容がありましたら、↓のお好きなバナーをクリック頂けると嬉しいです(^^)
banner_rdannchikurashi banner_rino2 banner_danchi_interior

コメントする

これらの HTML タグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>