海底に眠るゼロ戦を訪ねて~パラオダイビング旅行記8~

マンタで2日目ダイビングを終えた翌日は、パラオのダイビング最終日です。ダイビング一本一本の中身が濃いのですが、旅行全体ではやっぱりあっという間に過ぎていきます。

3日目の一本目はパラオ沖に眠る旧日本海軍の戦闘機・ゼロ戦(零戦、零式艦上戦闘機、連合国側ではZero、Zeke(ジーク)といろいろな表記、呼称がありますがこのサイトではゼロ戦と表記します。)を訪ねます。ゼロ戦は私のようなひよっ子でも名前を知っている太平洋戦争を代表する日本の戦闘機で多くの悲劇の主人公にもなっています。ゼロ戦について詳しく書く知識は持ち合わせていないですし、それはこのサイトの目的ではありません。しかし、海底のゼロ戦を訪ねること、南洋で散華された方を偲ぶことは、悲劇を繰り返さないために何をすべきか大事なことを考える切っ掛けになると思います。

では参りましょう。

この日は12月11日、朝6時に集合です。今日は雲が多く、朝は小雨がぱらつく天気。昨日と同じくマラカル島のダイビングショップ前から出航し、走ること10~15分ほど。船が止まったのはこのような海の上でした。
20151211065724IMG_9104_G12

陸まではそこそこ距離があります。インストラクターさんの潜行前の説明によると、水深20m前後の海底のほぼフラットな海底に、ゼロ戦は上下がひっくり返った状態で沈んでいるとのことです。船上から海底に目を凝らしますがゼロ戦は見えませんでした。


 →続きを読む

マンタ舞う海!~パラオダイビング旅行記7~

ブルーコーナーでギンガメアジの壁のような群れを見た後、やってきたのはジャーマンチャネル。英語で書くとGerman Chanelで”ドイツの水路”。ここはパラオが日本の委任統治領になる前、ドイツの植民地だった頃に、サンゴ礁を掘った人工の水路近くのポイントです。(ジャーマンと言いつつ、この水路はアメリカがこの水路を作ったという説もあります。また大戦中にアメリカがこの水路を日本軍が通らないように工作したという話もありまして、実際はよく分かりません。アメリカなら自分が作った水路ならアメリカンチャネルとか命名しそうなものですが、、、。水路をどこが作ったかはこのサイトの内容に関係ないので先に進みます。)

航空写真を見ると水路の存在がはっきり分かります。

船からは名高いセブンティアイランドも見えます。天気も良くなってきて海も空も良いコンディション。

20151210133540IMG_3449_40D

海の上から写真を撮ると海底の岩礁や砂の白さがわかりますが、このポイントのうりはサンゴではなくマンタ!マンタとなると3ヶ月前に石垣島・川平石崎でこんなマンタを見ているので、マンタなら容易なことでは驚かないぜ、、、と思いながら海に入ります。


 →続きを読む

パラオダイビングの聖地、ブルーコーナーに潜る~パラオダイビング旅行記6~

野生のイルカと遊んだ後はいよいよ”ブルーコーナー”へ。ブルーコーナーは世界で最も有名なダイビングポイントではないか、、、と思います。パラオ政府観光局サイトのダイビングサイトの一番最初に書かれてあるのがこのブルーコーナーですし、潜るのは国内ばかりだった私ですら名前を知っていましたし、ダイビング雑誌は大体毎号どこかにパラオのことが書いてあり、そこにはブルーコーナーの名前があります。先入観があっても面白くないので、むしろ何だかよく分からないですがきっとすごい所に違いない!という思いで私も来ております。ブルーコーナーは多分位置はこの辺↓ 写っている船は多分ダイビング船です。

タンクを背負って諸々準備をして早速潜ります。どんな海が広がっているかな、、、ダイビングの前はいつも思うのですが、このポイントは特に強く思います。


 →続きを読む

海底に眠る旧日本海軍給油艦・あまつ丸を訪ねる~パラオダイビング旅行記4~

さてパラオのダイビング2日目。一日目の打ち合わせ通り、早起きして早朝から旧日本海軍の給油艦、あまつ丸を訪ねるダイビングです。どうやら今日は快晴。朝の6時に船着き場にやって来ると、ちょうど東の空から太陽が上がってきました。

20151210062254IMG_8654_G12

今日も暑い日になりそうです!


 →続きを読む

パラオの海へ・ウーロン島方面~パラオダイビング旅行記2~

自分でもおやおやと思っているうちに到着したパラオ共和国。

パラオは北緯5度の熱帯の島。12月でも気温は30度で、ダイビング三昧の3日間が始まります。

深夜に着いたので周りの様子もよく分からないままに寝てしまいましたが、明くる朝、ダイビング船に乗り込み海に出ると、こんな海!

20151209134742IMG_8501_G12

この海の色にはやはり疼くものがありますし、どんな海が広がっているのかわくわくです。


 →続きを読む

パラオへ向けて出発~パラオダイビング旅行記1~

スイスから帰ってきて約10日後、再び成田空港にやってきました。本当に慌しいといったらありゃしません・・・。今回の目的地は太平洋の島、パラオ共和国。ダイバーのメッカでパラダイスにして、つまり聖地で楽園。

この国には夏休みに行こうという案も出ていたのですが、日本の夏の頃はパラオはオフシーズン。なので←のエントリにも書いたとおり、冬にパラオ行きをとっておいたのでした。

ただ一口に”冬”といっても、クリスマスは欧米から、年末年始は日本から観光客が押し寄せ、飛行機・宿泊場所は埋まるか、高くなるかであまり良いことはないですし、1月以降は旧正月に入ってきます。そうなると経済大国の中国や台湾・香港等から、欧米系や日本人が目じゃないくらいどっと人が押し寄せるようで、これに巻き込まれるのはもっと勘弁願いたい、、、ということで、これらの波が来る前の12月の上・中旬に行ってしまえ!と、慌ただしいけどこのタイミング出発したのです。

 

そして今回の旅はダイビング目的ですから、完全にプライベート。いつもの成田に行くときとは憂鬱なのですがそれに比べ物にならないくらい心は軽やかです。

旅程を簡単に紹介すると、2015年12月8日(火)の夜20時に成田を発ち、翌日の午前1時頃にパラオに到着、その朝から3日間ダイビングをして、5日目はダイビング無しの屋外アクティビティ、6日目の朝の5 時発の飛行機で日本に戻ってきます。一応5泊6日ですが、初日は20時に成田を出ますし、最終日は朝の3時にホテルを出て空港に向かうので、パラオを楽しめるのは実質4日間になります。 出発の12月8日は太平洋戦争開戦の日。そんな日に太平洋戦争の激戦地のパラオに向かいます。

我が家から成田に行くのからして自分の車をすっ飛ばして行きましたので気分は良いです。さて、いつもの成田空港。今回乗るのはデルタ航空のパラオ直行便。

20151208191014IMG_3317_40D

デルタ航空はアメリカ系の航空会社で、この航空会社の運行便には初めて乗ります。


 →続きを読む