長崎・松翁軒のカステラ~商品レビューを熟読していつかは食べてみたいと静かに熱望してる~

単身赴任先から帰省する際のお土産について、食いしん坊の妻から指令。

「帰省時に長崎・松翁軒のカステラを買ってくること。」

松翁軒とは聞きなれないです。長崎名物のカステラはもちろん私も承知しております。文明堂・福砂屋は東京でも売られていますし、メジャーですが、松翁軒ってなんだろう?という感じでした。

妻曰く
「松翁軒のカステラは超しっとりしててザラメが文明堂よりジャリジャリで一説によると長崎一うまいらしい」
「ザラメジャリジャリ(のカステラ)ファンには好きそうなやつ」
「松翁軒はカステラについて積極的に調べないと見落とすくらい宣伝していない」とのこと。

そして本稿のタイトルにもある個人的名言リスト入りした
「商品レビューを熟読していつかは食べてみたいと静かに熱望してる」という台詞を吐きました。(妻はカステラは文明堂より福砂屋派で、ザラメジャリジャリを愛好しています。)

そこまで熱い想いをぶつけられると、買っていっていかないと、、、と思ってしまいます。しかし長崎までカステラを買いに行くわけにも行かないので、困ったときのネット検索・・・。確かに九州島外では松翁軒のカステラを販売している店は見つからなかったのですが、九州⇔本州の往来のメインルートである新幹線博多駅or福岡空港の売店では入手可能なようです。

で、今回は博多駅構内で購入しました!カステラを3本購入(うち一本はチョコレート味)し、新幹線へ乗車。

購入した箱入りカステラ。新幹線(500系)の自由席のテーブルの上で撮影。購入した袋にしおりというか説明書、チラシなどもたくさん入れてくれました。こういった読み物をを熟読するのも妻の無上の楽しみらしいのですべて持ち帰ります。私にはあまり理解できないけども…。

 

さて松翁軒のカステラ、その味はどうだったかというと、実は↑のカステラによるファーストコンタクトはあまり心の琴線が震えることはありませんでした。私も一口、相伴に預かりましたが”こんなもんか”という味。期待していたザラメのシャリシャリ感もあまりなくでした。

しかし、私にはこれが何となく松翁軒のカステラの本領を発揮していない気がしました。というのは松翁軒のカステラは常温保存可の商品ですが、とはいえ、このときは私のザックの中に無造作に放り込まれ、陸路で妻の元へ運ばれたのです。しかもその道中は、炎天下の中、見知らない町のお城や神社を私が汗だくになりながらほっつき歩くのにザックの中で付き合ったあげく、購入してから24時間以上たって妻の口に運ばれました。お菓子には最悪なコンディションでしょうし、シャリシャリザラメも半ば溶けてしまったのではなかろうか、溶けないとしても歯ざわりは変わってしまったのではないかと思いました。

そこでこのときの次の帰省も松翁軒のカステラをもう一度購入しました。このときは福岡空港で購入し、そのまま飛行機で東京へ。高温に晒されることもなく我が家の食卓へ。

以下の写真は食べ物への情熱が強い妻にカメラを渡し撮ってもらったもの。食べ物(対象)への執着が強い人ほどその魅力を引き出した写真を撮るように思います。

松翁軒のカステラ。これはとてもしっとりしていた。

そして、大きな魅力のザラメですが、ひっくり返すとびっしり!

このザラメのシャリシャリが松翁軒の魅力。しゃりしゃりしっとりしたカステラはさすがに美味しい。

↓ちなみに最初に私が炎天下のザックで運んだカステラの底辺部のザラメはこんな具合。

あきらかに飛行機輸送のカステラに比べザラメの白い結晶が少ない。。。最初のときはカステラにいろいろ負担をかけていたんだろうなと思います。松翁軒のサイトにも”ただ、残念なことに、お砂糖は少しずつ溶けていくもの。 時間が経つごとに、ザラメはだんだんとその形を失います。ザラメが大好きな方は、早めにお召し上がりいただくことをおすすめします。 ”と書いてありますし。

そんな松翁軒のカステラは九州外では販売していないので、九州に行かれたときはぜひ、、、と言いたいところですが、公式サイトで通販をされていました。全国どこからでも注文可能です。いやー便利な世の中です。

アブラサス(abrAsus)小さい財布4年モノとクアトロガッツ小さいふ3年モノの様子

このサイトの地味に人気コーナー?小さい財布たちの経年変化を観察するコーナー。

前回は2016年5月6日に投稿したアブラサスの小さい財布3年ものとクアトロガッツ2年ものの様子を紹介しました。アレから約1年3ヶ月現在の二つの財布を紹介しましょう。

アブラサス(abrAsus)小さい財布は私が愛用している財布。ブッテーロレザーエディションのキャメルで2013年3月の購入。毎日ポケットに突っ込んだりして使い倒しています。購入後約4年。
クアトロガッツ小さいふは私の妻が愛用しているもの。妻の小さいふはポキート、トリコロールカラーで2014年4月の購入後2年が経過しました。妻はかばんに入れて使っていることが多いようです。購入後約3年経過。

並べて写すとこんな具合。

右上が私の小さい財布。左下が妻の小さいふ。光の加減もあるのかもしれませんが1年前と比べ妻の財布の色が渋すぎる。かっちょ良くなりました。

それぞれをアップで。

私の小さい財布・ブッテーロレザーエディション。

色味は一年前よりあまり変わりません。少し濃くなったかな?ただ表面にぶつぶつが出てきました。これは湿気が多いところに革を放置すると出てくるそうな。横浜の家から西国に単身赴任しこの西国の家は湿気がものすごいし、一日の大半は私のポケットの湿度100%のむんむんとしたところで過ごすしで仕方ないか。気にせず使っていくことにします。

そしてお約束の購入当初の色。ブッテーロレザーエディションのキャメル色の新品のときの色具合はこんな感じです↓(購入したての写真は撮ってないので、amazonのサイトから引用です。)

こんな色だったんですね。

中側も。

こちらは一年前とあまり変わらない。

そして妻のほうの小さいふポキート・トリコロール色。

こっちは一年前から色が激変しています。しぶーい濃い紺色になり、革も光沢を増している。何かあったの?というくらい。

ポキートは明るめの青色だったのが随分と渋い見た目になりました。

これはなかなかかっこいい。小さい財布も小さいふポキートも縫製などはまだまだ現役。次の一年もまたがんばってもらいます。

小さい財布と小さいふの使い勝手の差はこちらにまとめていますからよろしければご覧ください。

”abrAsus「小さい財布」とクアトロガッツ「小さいふ ポキート」の使用感を比較”2015年3月31日投稿)


私が使用して↑に出ている「小さい財布」のブッテーロ レザーエディションのキャメル。

「小さい財布」のレギュラーバージョン。カラーバリエーションはブッテーロ レザーエディションより豊富で、しかも安い。機能やサイズも一緒です。

「小さい財布」を出しているabrAsusが出している「薄い財布」。これもアイディアに富んだ製品で私もこっちを買うか悩みました。

本文にも出てくる妻が購入した極小財布はこちら。大阪のクアトロガッツさんが造る「小さいふ ポキート」。abrAsusの「小さい財布」サイズはほぼ一緒です。

Canon Powershot G1X Mark2 その後

先日、7年間頑張ってくれたPowershot G12がついに壊れてしまい、修理を申し込んだもののCanonから修理不可を伝えられ、その代わり安くG1X Mark2を購入できる申し出を受けた話を記載しました。

 

その後の話です。

 

無事にG1X Mark2は我が家にやってきました。やってきたのがゴールデンウィーク前半。

しかし、ほとんど使っていません。なんででしょうね。決して使い惜しみをしているわけではないのですが。。。

G12を買ったときは“これで八重山の海の中を撮るんだ!”と張り切った想いがあったのですが、G1X Mark2はまだウォータープルーフケースを買っていないですし、そもそも海の中はまだ寒かろうし・・・。陸で写真を撮るなら一眼レフの7D Mark2を使うし、、、ということで中途半端な存在になっています。

 

カメラの性能はG12より数段アップしていると思うし、いきなり海の中に持ち込んでうまく使えるとも思えないので習熟せねばです。そろそろ初夏の足音も聞こえています。

思い切ってG1X Mark2用のウォータープルーフケースを買おうか、、、。

至福の朝食・ダメ人間の朝食

この週末は横浜のわが家へ帰省です。朝早く家を出て、空港近くの店で朝食を調達。駐車場に車を置いて、搭乗手続きをして、飛行機の中で朝食です。

朝食のメニューは冷や酒とコンビニ握り飯。

 

ダイエット気味の食事に酒を控えて、自分を律していた単身赴任生活も休暇です。この日は1合のワンカップではなく300mlの大きめワンカップと、握り飯の具としては邪道なのに文句が出ない旨さのエビマヨを持ち込むあたりが休日感全開で、任務地を離れるという解放感と朝っぱらから酒を飲むというどうしようもないダメ人間背徳感と相まって、しみじみと握り飯と酒の味を何倍も良いものにしてくれます。

食べ終わったら狭い座席でスコーンと居眠りするのがまた気持ちいい。起きたら羽田かな。束の間の休日の始まりです。

5月5日に55555kmで5周年

5年前の5月の連休前に納車された我が家の車。

連休は車中泊でウロウロしているのですが、5月5日に走行距離が55555kmになりました。

いや、それだけなのですが、何かうれしい。

ここ1年は砂利敷きの林道や農道によく乗り入れていますが、特に不具合もなく2回目の車検もクリア。

修理は妻が車体の下を擦ったのと私がシカとぶつかって凹んだので修理はあったけども。タイヤは新品にしたけども。

次の5年はどんな5年になるかな?10年もつかなー。。。

 

磯に落ちまくっているマツバガイを食べる

地場海産物を多く扱うスーパーマーケットに行くと磯でよく見る貝が売られていました。


大体日本のどこの磯にもいるマツバガイ。40個くらい入って200円ほどです。

マツバガイを売られているのははじめて見ました。食材を扱うスーパーマーケットで売られているということは食えるのか!釣り餌とかにされているイメージですが、しかしよく見るとアワビやトコブシっぽい。いけるのかな・・・。

ひとまず生で食べる勇気はないので、熱を加えて食べたいところです。となると、煮るか蒸すかですが、煮ると味が煮汁の中に落ちるので、貝のダイレクトの味を堪能するために、蒸しに。

蒸し器の上にひっくり返して並べます。

水を張って着火。水が沸騰して熱が通ってきたら、一個一個に醤油を垂らします。まだ生きているのか醤油を垂らすとキュッと締まる。

 

火が入るときれいに貝殻から身がはがれます。つるんという感じ。

しかし貝から離れたマツバガイの身は


、、、可愛い。目がくりっとしていて豚鼻が付いていて愛嬌があります。ちょっと食べるのをためらうくらい可愛い。

この写真に写っているマツバガイの上側が岩にくっつく側で、下側が貝殻にくっついている側。


なので、貝殻の上で身をひっくり返して、コッヘルの蓋(我が家の平皿なのです。。。)の上に並べてみるとこのとおり。


身を並べてみると、、、可愛いけどちょっと怖い。 内臓がカタツムリの殻的な位置づけに見えるし。

 

味のほうは、、、、とても旨い!コリコリ部分と内臓部分の苦味がなかなかにすばらしい。アワビやトコブシはともかく、サザエくらいの味かもしれないです。身の一個一個が小さいのが少し残念ですが味わえばなかなか滋味深い。サザエなどの貝が好きな人はきっと好きなはず。醤油によく合います。一杯やりたくなる味。多分バターやマヨネーズなどの油脂系の調味料ともよく合うはず。

コストパフォーマンスも良いです(当地では、、、ですが)。そもそも流通に乗ることがまれな貝だと思うので、入手が大変かもしれませんが、売っているのを見つけたら購入しても後悔しない貝です。