借金を背負いたくない!我が家の子供部屋の考え方

この文章を書いているのは子どもがいない夫婦だけど、子供ができたら良いなと思っている夫婦の夫です。

新築の一軒家でもマンションを購入するときも、中古のマンションや一軒家を購入してリノベーションするにしても、スペースが確保されることが多い「子供部屋」。戸建てでは二階に二部屋くらい確保されていたり、「将来、部屋を仕切って子供部屋に使えるスペース」があったりします。

我が家のリノベーションでは子供部屋の類のスペースは前提に入っていないこのような間取りにしました。我が家は子供用のスペースを確保よりむしろ、ダイニングや台所やを開放的にして、さらに小さな自分用の書斎といったものにスペースを割きました。ただ、今住んでいる団地の一室に部屋に子供部屋を作る気はありませんが、本当に子どもが産まれてその子がそこそこ大きくなったら、子供部屋があってもいいかなとは思います。

私の両親は私が小学一年のときに今も父母で住んでいる家を建てました。実家ですね。新潟の片田舎なで、当時同居していた父母兄私の4人で暮らすには関東基準から考えるととても大きな家です。私も兄もそれぞれ部屋を与えられました。いわゆる子供部屋です。私の子供部屋も大いに活躍しました、小学校の高学年~中高の8年間くらい限定で。さらに寂しいのは、私も兄も大学進学を機に家を出ているので、新潟の広い家には若干老いた両親が二人で暮らしており、無駄にでかい家も年をとってきて、メンテナンスが徐々に大変になっていること。 (とはいえ、実家そのものには愛着がありますし、私が何か荷物を置いておくのをお願いすれば大抵は私の部屋に放り込んでおいてくれるこの無駄な広さはありがたいです。) 、、

と、我が身を振り返って、子供が育って家を出ることまでを考えると、子供部屋を予め確保するのは無駄も大きい気がするのです。子供が家を出たら、大きな家を売り払ってもう少し小さい家に引っ越すという考えもできますが、それはそれでめんどくさそう。なので我が家は夫婦二人を前提としたスケール感の先ほど紹介した間取りの家にしました。

とはいえ、中学高校生期の子供のためのスペースが必要というのもわかります。ある程度閉じられた空間で一人で寝る、勉強する、物を整理するなど、空間を管理するというのは、やがて独り立ちするのに有効な気もしますし、両親に隠れてエロ本を読むのもそれはそれで男子中高生には必要な儀式ですな。

では、実際に子供部屋をどうするかですが、、、。団地の良いところは私が暮らしている団地内でも売買されていたり賃貸に出されている部屋がごろごろしているところ。なので子供が部屋を欲しがりそうな中高生時代になったら、団地の一部屋を追加購入するか、賃貸に出ている部屋を中~高校生時代くらいの数年間限定で借りようかなと思います。さらに親の住む団地(=今の団地部屋)と子供の住む団地が同一団地である必要は無いので、近郊のバス便の電車通勤には不便だけどもっと安い団地を狙う手もあります。(まぁ出来るなら同じ団地内が良いかなと思いますが)
子供部屋なので多少内装がぼろい物件でも我慢させましょう。気になるならDIYで壁塗りくらいはさせる。便所掃除も子どもの役目。ガスは契約せずインフラは水と電気のみ。なので風呂に入るのとご飯を食べるのは本国の両親が住む団地に来て、ちゃんと家族が集まるようにする。子供に団地の一部屋をまるまる与えると、近隣のクソガキ共のたまり場になって変なことが起こったりご近所の迷惑になったりしてもたまらないので、オヤジの作業スペース兼母ちゃんからの避難先も植民地部屋に移設します。ダイビング用品やカメラや双眼鏡、防寒具に登山用具も植民地部屋に持ってこよう。 無事に子供が独り立ちしたら、子供部屋という名の植民地部屋は私の作業部屋兼物置として使ってもいいし、必要がなければ売り払って老妻とともに元々の部屋に収まる(もしくは植民地部屋を残して元の部屋を売ってしまう)ことも考えられます。 問題は団地の老朽化ですが、わが団地の場合、建替えまであと20年くらいは掛かる気がしますので何とかなるかなと。そうこうしているうちに子どもも大学に行くくらいになれば親の家から放り出せるでしょうし。

オンボロの団地で暮らすメリットはそれほど借金を背負わずとも家が手にはいるということ。借金を背負わない暮らしは、その経済的な自由自体が財産だと思うのです。莫大な借金を背負って新築の物件を手にしたその瞬間から、資産価値が恐ろしい勢いで減っていく不動産にローンを支払い続ける、そのため辞めたい仕事も辞められない、というのは私ちょっと頂けないと私は思いました。 私の場合、フラット35を背負ったら完済するのは定年も過ぎた70歳近くですぜ、、、(実際には35年もかけないで返済するとしてもそれなりの年齢にはなってしまいます。)

それよりは部屋本体の価格が安い団地を購入してリノベーションするという、そこそこの手で凌ぎ、その分、旅に出たり、美味しいものを食べたり、趣味にお金を突っ込んだり、余裕がある暮らしがしたい。子供部屋のある膨張したマイホーム信仰から離れて、もっと経済的にも家のあり方にも自由があるのじゃないかな、と思うのです。

まぁ偉そうなことを言っても、そもそも子供がいない上に自分の妻が↑のような考えに賛成してくれるかはあまり自身が無いですが。。。 (^^;

団地生活・リノベーション・インテリアのブログランキングに参加しております。
”参考になったよー、役に立ったよー”という内容がありましたら、↓のお好きなバナーをクリック頂けると嬉しいです(^^)
banner_rdannchikurashi banner_danchi_interior

我が家のダイニングチェア・DC09を造った宮崎椅子製作所を訪ねる(続き)

先回の宮崎椅子製作所さんのショールームを訪ねた話の続きです。

静かな宮崎椅子製作所さんのショールームで完成品のいろいろな椅子に座るのも面白いかったのですが、独特な雰囲気を持つ工場の中でどのように椅子が作られているかも気になります。
IMG_3777
木材や布などの素材がどのように椅子になるのか見てみたい、しかし、素人がいきなり覗き込んだりウロウロしたりするのもな、、、と迷っていると、「工場の中を案内しましょうか?」と声をかけられました。
 →続きを読む

我が家のダイニングチェア・DC09を造った宮崎椅子製作所を訪ねる

吟味に吟味を重ねて選んだダイニングチェアのDC09を先日紹介しました。このDC09を作った宮崎椅子製作所さんは徳島県の会社です。私も徳島に多少の縁があるのですが、しかし、この”宮崎椅子製作所”を知っている人は周りにはいませんでした。海外の賞を受賞するような椅子を作る会社ですし、また製品を取り扱っている店も全国に散らばっています。徳島県は人口も少なく面積もそれほど大きな県ではないので、話が拡がりそうですが、地元では案外知られていないというちょっと不思議な状況です。

宮崎椅子製作所さんのサイトの会社案内には

■ショールーム
工場併設のショールームにて、ほぼ全ての椅子をお試しいただけます。

とありますので、”行ってみたいな、、、”と思っていました。我が家にやってきたDC09がどんなところで作られているか、という点でも興味があるのですが、素晴らしい椅子を作っているのにあまり地元で知られていない宮崎椅子製作所さんそのものに興味があったのです。
 →続きを読む

我が家の椅子、勢ぞろい~団地暮らしの椅子探し7~

さて6回に渡ってお送りししてきた新居の椅子選びシリーズ。今回で最終回です。

購入した椅子を並べてみました。ダイニング用宮崎椅子製作所のDC09(↓左)で、書斎用飛騨産業の腰にやさしい椅子(↓右)

IMG_3149
こうやって並べて見ると随分見た目の違う椅子だな、と思います。DC09は生き物のような独創的なフォルム。腰にやさしい椅子はあまり飾りっ気の無いいかにもな”椅子”という見た目。ダイニングにいるDC09は存在感は抜群ですし、書斎の腰にやさしい椅子は安定感・信頼感あります。

たまに気分転換でDC09を書斎で、腰にやさしい椅子をダイニングで使ってみるのも楽しいです。

これから何十年と座って、家にいるて寛いだり、何かの作業をしたりすつ時間の大半はこの二つの椅子の上で過ごすわけですから、気持ちよく暮らすには気に入った椅子を揃えるのい買い物だったのではないかな、と思います。大事に座りたいと思います。

 

、、、と、ここで終われば良いのですが、少しおまけ。


 →続きを読む

我が家のダイニング用の椅子の紹介・DC09(宮崎椅子製作所)~団地暮らしの椅子探し6~

先回は書斎用に購入した椅子を紹介しましたが今回はダイニング用に購入した椅子の紹介、、、なのですが、購入した商品はすでにタイトルに書いてありますね(^^;

タイトルどおり購入したのは宮崎椅子製作所のDC09という椅子。

こんな椅子です。

曲線が多用された生きもののようなデザイン。動物的でもあり植物的でもあり、初見時はとても不思議な印象でしたが、美しい椅子だな、と思いました。
 →続きを読む

我が家の書斎用の椅子・腰にやさしい椅子(飛騨産業)~団地暮らしの椅子探し5~

先回のエントリーでは書斎用の椅子として、ハーマンミラー社の”成功者の椅子”アーロンチェア”ではなく、飛騨産業さんの”腰にやさしい椅子”を選んだ話を書きました。

“腰にやさしい”というポイントは腰にメスを入れており15年以上腰痛と付き合っている私にとって、椅子選びのとても重要なポイントだったのです。また団地の小さな書斎には大柄なオフィスチェアのアーロンチェアは辛いか、、、という事情もありました。

そして飛騨産業さんのショールームで何度も試座して、すわり心地もデザインも納得しての購入です。

昨年7月上旬の正式発注から約1か月後の8月。我が家に待望の”腰にやさしい椅子(スライド&ロールタイプ)”がやってきました!
IMG_2022
武骨な”椅子っ”という見た目なのですが、逆にすっとぼけている表情にも見えてきます。とても気に入っております。
 →続きを読む