借金を背負いたくない!我が家の子供部屋の考え方

この文章を書いているのは子どもがいない夫婦だけど、子供ができたら良いなと思っている夫婦の夫です。

新築の一軒家でもマンションを購入するときも、中古のマンションや一軒家を購入してリノベーションするにしても、スペースが確保されることが多い「子供部屋」。戸建てでは二階に二部屋くらい確保されていたり、「将来、部屋を仕切って子供部屋に使えるスペース」があったりします。

我が家のリノベーションでは子供部屋の類のスペースは前提に入っていないこのような間取りにしました。我が家は子供用のスペースを確保よりむしろ、ダイニングや台所やを開放的にして、さらに小さな自分用の書斎といったものにスペースを割きました。ただ、今住んでいる団地の一室に部屋に子供部屋を作る気はありませんが、本当に子どもが産まれてその子がそこそこ大きくなったら、子供部屋があってもいいかなとは思います。

私の両親は私が小学一年のときに今も父母で住んでいる家を建てました。実家ですね。新潟の片田舎なで、当時同居していた父母兄私の4人で暮らすには関東基準から考えるととても大きな家です。私も兄もそれぞれ部屋を与えられました。いわゆる子供部屋です。私の子供部屋も大いに活躍しました、小学校の高学年~中高の8年間くらい限定で。さらに寂しいのは、私も兄も大学進学を機に家を出ているので、新潟の広い家には若干老いた両親が二人で暮らしており、無駄にでかい家も年をとってきて、メンテナンスが徐々に大変になっていること。 (とはいえ、実家そのものには愛着がありますし、私が何か荷物を置いておくのをお願いすれば大抵は私の部屋に放り込んでおいてくれるこの無駄な広さはありがたいです。) 、、

と、我が身を振り返って、子供が育って家を出ることまでを考えると、子供部屋を予め確保するのは無駄も大きい気がするのです。子供が家を出たら、大きな家を売り払ってもう少し小さい家に引っ越すという考えもできますが、それはそれでめんどくさそう。なので我が家は夫婦二人を前提としたスケール感の先ほど紹介した間取りの家にしました。

とはいえ、中学高校生期の子供のためのスペースが必要というのもわかります。ある程度閉じられた空間で一人で寝る、勉強する、物を整理するなど、空間を管理するというのは、やがて独り立ちするのに有効な気もしますし、両親に隠れてエロ本を読むのもそれはそれで男子中高生には必要な儀式ですな。

では、実際に子供部屋をどうするかですが、、、。団地の良いところは私が暮らしている団地内でも売買されていたり賃貸に出されている部屋がごろごろしているところ。なので子供が部屋を欲しがりそうな中高生時代になったら、団地の一部屋を追加購入するか、賃貸に出ている部屋を中~高校生時代くらいの数年間限定で借りようかなと思います。さらに親の住む団地(=今の団地部屋)と子供の住む団地が同一団地である必要は無いので、近郊のバス便の電車通勤には不便だけどもっと安い団地を狙う手もあります。(まぁ出来るなら同じ団地内が良いかなと思いますが)
子供部屋なので多少内装がぼろい物件でも我慢させましょう。気になるならDIYで壁塗りくらいはさせる。便所掃除も子どもの役目。ガスは契約せずインフラは水と電気のみ。なので風呂に入るのとご飯を食べるのは本国の両親が住む団地に来て、ちゃんと家族が集まるようにする。子供に団地の一部屋をまるまる与えると、近隣のクソガキ共のたまり場になって変なことが起こったりご近所の迷惑になったりしてもたまらないので、オヤジの作業スペース兼母ちゃんからの避難先も植民地部屋に移設します。ダイビング用品やカメラや双眼鏡、防寒具に登山用具も植民地部屋に持ってこよう。 無事に子供が独り立ちしたら、子供部屋という名の植民地部屋は私の作業部屋兼物置として使ってもいいし、必要がなければ売り払って老妻とともに元々の部屋に収まる(もしくは植民地部屋を残して元の部屋を売ってしまう)ことも考えられます。 問題は団地の老朽化ですが、わが団地の場合、建替えまであと20年くらいは掛かる気がしますので何とかなるかなと。そうこうしているうちに子どもも大学に行くくらいになれば親の家から放り出せるでしょうし。

オンボロの団地で暮らすメリットはそれほど借金を背負わずとも家が手にはいるということ。借金を背負わない暮らしは、その経済的な自由自体が財産だと思うのです。莫大な借金を背負って新築の物件を手にしたその瞬間から、資産価値が恐ろしい勢いで減っていく不動産にローンを支払い続ける、そのため辞めたい仕事も辞められない、というのは私ちょっと頂けないと私は思いました。 私の場合、フラット35を背負ったら完済するのは定年も過ぎた70歳近くですぜ、、、(実際には35年もかけないで返済するとしてもそれなりの年齢にはなってしまいます。)

それよりは部屋本体の価格が安い団地を購入してリノベーションするという、そこそこの手で凌ぎ、その分、旅に出たり、美味しいものを食べたり、趣味にお金を突っ込んだり、余裕がある暮らしがしたい。子供部屋のある膨張したマイホーム信仰から離れて、もっと経済的にも家のあり方にも自由があるのじゃないかな、と思うのです。

まぁ偉そうなことを言っても、そもそも子供がいない上に自分の妻が↑のような考えに賛成してくれるかはあまり自身が無いですが。。。 (^^;

団地生活・リノベーション・インテリアのブログランキングに参加しております。
”参考になったよー、役に立ったよー”という内容がありましたら、↓のお好きなバナーをクリック頂けると嬉しいです(^^)
banner_rdannchikurashi banner_danchi_interior

我が家の間取りの移り変わり:団地リノベーション

関東は梅雨明けしたそうで、夏らしく暑い日が続いていますが、この海の日を含む三連休は皆様はいかがお過ごしでしたしょうか。

我が家はついにエアコンを導入したり(2012年に偉そうなことを書いていましたが、)、2ヶ月くらい吟味に吟味を重ねたワークスペースの椅子が届いたりと家作り関係に明け暮れた連休でした。エアコンといえば、ロクな断熱性能も無さそうな我が団地は昼間熱せられた躯体の熱が夜になっても冷めやらず熱が篭っているような気がしないでもなく、23時半現在、我が家の外気温計は28.4度ですが、私のワークスペースは30.9度。新しくきたエアコンは寝室に付いているので、パソコンの前では冷たい水割りと扇風機で凌いでいます。パソコン前はこれから約2ヵ月の我慢比べになりそうです。エアコンやワークスペースのチェアのお話もしたいところですが、先回した間取り話の流れでもう一回間取り関係の話を紹介しようかなと思います。今回は我々の部屋が自分達のものになる前の間取りの話です。
最初に紹介しなければならないのが、コレ↓。今から約40年前に我が団地は建設されたのですが、その建築当初の間取りで、おそらく建設した公団の資料です。
1968web.jpg

いわゆる3DKの間取り。設計は40年前より前と思われますが、今見ても、とてもよくできた間取りだと思います。窓を開け放せば南側と北側の空間はつながり、風が抜け、全部屋の換気ができます。逆に冬は閉めきれば日光熱で南側の居間は暖かい。風呂やトイレ、洗面にも窓をつけて風を通し、湿気を抜き、光も通す。 エアコンが一般的ではなかった時代に快適に過ごすために考えられており、現在の24時間換気システムとエアコンによる空調が前提の建物とは出発点から違うのでしょう。

我が家の間取りを検討するに辺り、このオリジナル間取りを参考にしたつもりは無いのですが、光と風は南北方向で通したいと思っていたので、結果的に似た点が多い間取りになったように思います。
一方でオリジナルは洗濯機スペース・排水口が無い。この時代、電気洗濯機というのはまだ一般的ではなかったのかも。またダストシュートが屋外に設けられていますが、現在の団地では使われておりません。高温多湿の日本で、屋外型のダストシュートはひどいことになりそうなことは想像に難くありません。これは使用されず、で正解だと思います。
そして、わが部屋は前オーナーによって、90年代半ば頃にリフォーム、、、というよりオリジナルの間取りは跡形が無くなっているのでリノベーションをされました。その間取りがこちら。

20131.jpg

購入後に妻がスケッチしたものです。結構正確に描いてあります。
オリジナルからの変更点として、
・リビングはオリジナル間取りの二部屋をぶち抜いて広くしてあります。
・床は畳を全て撤去して、フローリングに。
・玄関を入ってから部屋の奥までのの動線経路がオリジナルから変わってしまい、曲がり角が多い。この動線は洋室1の隅っこを経由してLDに行くので、お客には余計な部屋を見せることにもなります。
・玄関正面に床から天井までの大きな収納があって、しかもこの収納の扉とリビングに向かうドアの開閉が干渉するというちょっと使いにくい構造。玄関右手にはドアがあるので、玄関ホールは南側から光が届かなく、風の通りも悪い。よって正面の収納とあいまって玄関は閉塞感、圧迫感を感じます。
・洋室2の開口部もオリジナルの襖戸より地味に小さくな り、家全体の光や空気の流れを弱めています。
・そして、これでもか!という位、収納スペースを増加しています。私たち夫婦は社宅団地暮らしが長く比較的物を持っていなかったので、こんなに収納は必要なく1/2から1/3くらいあれば十分かな、、、といった感がありました。
以上、正直なところ、私たちには、、、あくまで私たちにとってはですが、使い勝手が良い間取りではなかったのです。それどころか団地の魅力である北面と南面両方に窓があって、光と風が抜けるという利点が弱くなっていました。

ですが、間取り以外では良いところがたくさんありました。前オーナーさんが90年代半ばに徹底してリノベーションしてくれたので、今でも十分使える部材が残っており、我が家のリノベーション施工費用圧縮につながりました。
・洗濯機置き場の増設。洗濯機はスペースがあればOKというわけではなく、排水口と取水用の水栓が必要です。前オーナーさんは洗濯機用の配管を床下に増設していたので、我が家でもこれを継続使用します。これも自腹でやったらそれなりの工賃になったと思われます。
・お風呂場。こちらは浴槽はもちろん、床タイルや給湯器が更新されていました。20年ほど前のものなので最新とは言えませんが、オンボロ社宅でカチカチバランス釜と割れたコンクリートむき出し床のお風呂に入っていた我々からすれば、極上風呂に思えますのでそのまま使用し、我が家の浴室工事は照明を交換する程度で済ませました。やはり水回りの大物のお風呂場を更新すると数十万円の追加費用になるようでした。
・外壁窓のアルミサッシのドアと窓枠が交換済。団地ができた頃から窓サッシを交換していないとなると、さすがにガタガタになり隙間が空いたリしがち。実際40年間交換されていなさそうな以前暮らしていた社宅サッシは1cmくらい窓ガラスとサッシに隙間が開いており、隙間がひどかったものです。新居の90年代のサッシは今でもピッチリ閉まり動きもスムーズ。窓のサッシを交換するとなると、数十万円追加コースになるところでした。
・あと地味に助かったのがフローリング下の置き床の脚。これもまだまだ使えそうとのことだったので、置き床が必要ない畳部分を除きフローリング部分に再利用しました。
活用したのは地味な部分が多いですが、新規工事することに比べたら数十~百万円以上は節約になったと思いますので、そういう面でも我が家は掘り出し物物件でした。
部屋の間取りは、住み手が好きにチューニングできるのがリノベーションの良いところ。我々は南北の光と風通りを重視し、先日紹介した以下の間取りとなりました。
2015color.png

この間取りも今の我が家の家族構成には最適ですが、もしかすると今後再度変更になるかもしれません。しなやかにいきたいものです。

 

団地生活・リノベーション・インテリアのブログランキングに参加しております。
”参考になったよー、役に立ったよー”という内容がありましたら、↓のお好きなバナーをクリック頂けると嬉しいです(^^)
banner_rdannchikurashi banner_rino2 banner_danchi_interior

我が家の間取り:団地リノベーション

これまで何度かお話してきた我が家の団地暮らし。これまではだのだの障子だのとマクロな話が多く、実際の間取りやら部屋の様子やらはこれまでアップしていませんでした。

私自身は他の団地暮らしの方のサイトやブログを見るのが好きで、その中でも特に基本情報の間取り図を拝見するのが好きです。どんな暮らしをしたいか、どんな工夫をしているか、一番の施主の想いが詰まっているのが間取りなのではないかと思います。その割に我が家の間取りをこれまでアップしてこれなかったのは適当な図面が無かったから、、、という単純な理由です。

もちろん不動産屋さんや建築業者さんから図面は貰ってはいましたが、業者さんが作った図面をウェブに上げるのは、 施主とはいえ気が引けます。(裏返せば自分が作ったものを他人が勝手に他人サイトに上げられるのは遠慮願いたいものですし。)

そこで週末や帰宅後のコマ切れ時間を使って、ポストに入ってくるマンション広告などを参考にして、見よう見真似で我が家の間取りを描いてみました。
完成したのがこちら。
2015wb.png
建築図の記号(?)は素人が描いているので間違っているかもしれません。そして縦横比やスケール感も微妙に違う気もしますが雰囲気は伝わるかと思います。

白黒だと微妙に分かりにくいところもあるので、せっかくなので床材や玄関、キッチンのステンレス素材をテクスチャで反映させたカラーバージョンも作ってみました。
2015color.png
描いてみると案外面白くて、結構嵌ってしまいました。ちなみにwindowsのペイントとフォトショップを駆使して描きました。

寝室の杉無垢材のフローリングの質感も節と色味はこんな感じ。洗面キッチン食堂の檜無垢材フローリングとフリースペース?ワークスペースの檜無垢材フローリングの太さの微妙な違いは実際の部屋と同じ太さ比(11:14)にしました。玄関や風呂の質感もなかなか再現できた気がします。居間の和室の畳も縁無し畳ではないトラディショナルな畳テクスチャを八畳敷きました。

洗面の流しの形や蛇口、キッチンのガスコンロは実物のカタログや仕様書を参考にしました。特にガスコンロはリノベーションのド定番で特徴的な五徳を持つ機種ですのでユーザーやガスコンロマニアな人が見れば機種がわかると思います。このガスコンロもいずれ紹介しようと思います。

なお、二次元の間取り図では表現できませんが床は風呂と玄関以外フラット。我が家の掃除ロボットは放っておけば風呂と玄関以外は掃除してくれるのでとても楽です。

 

さて↑のような我が家ですが、間取りはいわゆる2DKで、絵に描いてしまえばなんということのない間取りですが、ここまでたどり着くには何個案出しをして検討したことか。。。そして団地の部屋にしては引き戸と嵌め殺しの窓がやたらと多いと思いますが、これらの開口部一個につき一エントリくらい書けそうな血と汗と涙の物語があります。そんな大工工事が終わるまでの我が家のリノベーションの経緯をゆっくりじっくり紹介していきたいと思います。

それにしてもようやく間取りを紹介できてすっきりしました(^^)今後の団地関係の話は間取り図も参照いただければ幸いです。

(7月17日追記)
フリースペースとワークスペースのフローリングの向きが間違っているのを発見したので修正しました。寝室と食堂廊下、洗面は東西方向、和室の一部とフリースペース、ワークスペース、玄関の框が南北方向です。またフローリング等のテクスチャはこちらこちらからお借りしております。フリーですがとても種類が豊富で眺めているだけでも楽しいです。

 

団地生活・リノベーション・インテリアのブログランキングに参加しております。
”参考になったよー、役に立ったよー”という内容がありましたら、↓のお好きなバナーをクリック頂けると嬉しいです(^^)
banner_rdannchikurashi banner_rino2 banner_danchi_interior