我が家のキッチン”グラッド45”のスパイスラック(小引き出し)に関する一考察

我が家のキッチンはサンワカンパニーさんの”グラッド45”というオールステンレスのシステムキッチン。サンワカンパニーさんは施主支給有りのリノベーションや家の建築を行う方には明朗会計の気持ち良い建築資材を扱っている大阪の会社です。

我が家へのグラッド45の導入の経緯はここ↓  …この続きを読む

両開きレバー水栓の金具パーツと回転方向

先回のエントリで紹介しました我が家の実験用シンクとレバー水栓の組み合わせの洗面台。 再掲ですが正面から見るとこんな具合。  …この続きを読む

キッチンの2大顔役~ガスコンロと水栓:我が家の団地リノベーション5

先回、書ききれなかったキッチンの続きです。今回はキッチンの顔役のコンロと水栓です。

まずコンロ。これをガスにするかIHの電気にするかの二択がありますが、我が家のご飯炊きは文化鍋による鍋炊爨が基本ですし、やっぱり料理は火で行いたい、、、ということでキッチンのコンロはガスとすることで、事前の夫婦会議は全会一致。

妻のキッチンのイメージ図に描かれているコンロは、特徴的な五徳を持っていることがわかります。  …この続きを読む

無垢ヒノキ材の床の光沢:団地リノベーション

今日は金曜日。私はしがない勤め人なので明日も明後日もお休みです!一週間で最も気兼ねなく夜更かしできる金曜日。

そんな素敵な夜なので、水割りをでも飲みながらワークスペースでごそごそしようと、先ほど冷蔵庫に水と氷と焼酎を取りに行ったのでした。家の中の照明は私のワークスペース以外の照明は落としてあり、ワークスペースからの漏れている光のみが照明です。水割りを抱えて台所から戻ってこようと思ったとき、ヒノキの床材の光沢に気付きました。

漏れている光をやさしく反射し、鈍く光って、年輪と表面の微妙な凹凸のおかげで、見る角度が変わると光り方も変わりいろいろな表情をするのです。美しくて思わず見入ってしてしまいました。  …この続きを読む

夜の障子戸の魅力:団地リノベーション

我が家の今は畳敷の和室で片隅に私の1.5畳ほどのワークスペースがあります。このスペースは壁で仕切られており、換気・明かり取り用の小窓があり、出入りは障子の引き戸になります。先回はこれらの開口部に障子を張る様子を紹介しました。

 …この続きを読む

初めての障子張り:団地リノベーション

我が家の居間の片隅には私の1.5畳ほどのワークスペースが設けられています。居間は畳敷であることは書いたとおり和風で、ワークスペースの入り口も障子の引き戸です。また居間に面した壁にも換気用の室内小窓が付いています。これも障子窓。 これらの建具は古建具屋さんで仕入れたもの。リノベーション工事では障子張りまでは入っておらず、障子がない状態で引き渡されています。入居して一ヶ月ほど経ってしまいましたが、ようやく障子張りを行うことにしました。 居間の畳の上に倒された引き戸。桟のみで一ヶ月経ってしまいました。。。  …この続きを読む