長崎・松翁軒のカステラ~商品レビューを熟読していつかは食べてみたいと静かに熱望してる~

単身赴任先から帰省する際のお土産について、食いしん坊の妻から指令。

「帰省時に長崎・松翁軒のカステラを買ってくること。」

松翁軒とは聞きなれないです。長崎名物のカステラはもちろん私も承知しております。文明堂・福砂屋は東京でも売られていますし、メジャーですが、松翁軒ってなんだろう?という感じでした。

妻曰く
「松翁軒のカステラは超しっとりしててザラメが文明堂よりジャリジャリで一説によると長崎一うまいらしい」
「ザラメジャリジャリ(のカステラ)ファンには好きそうなやつ」
「松翁軒はカステラについて積極的に調べないと見落とすくらい宣伝していない」とのこと。

そして本稿のタイトルにもある個人的名言リスト入りした
「商品レビューを熟読していつかは食べてみたいと静かに熱望してる」という台詞を吐きました。(妻はカステラは文明堂より福砂屋派で、ザラメジャリジャリを愛好しています。)

そこまで熱い想いをぶつけられると、買っていっていかないと、、、と思ってしまいます。しかし長崎までカステラを買いに行くわけにも行かないので、困ったときのネット検索・・・。確かに九州島外では松翁軒のカステラを販売している店は見つからなかったのですが、九州⇔本州の往来のメインルートである新幹線博多駅or福岡空港の売店では入手可能なようです。

で、今回は博多駅構内で購入しました!カステラを3本購入(うち一本はチョコレート味)し、新幹線へ乗車。

購入した箱入りカステラ。新幹線(500系)の自由席のテーブルの上で撮影。購入した袋にしおりというか説明書、チラシなどもたくさん入れてくれました。こういった読み物をを熟読するのも妻の無上の楽しみらしいのですべて持ち帰ります。私にはあまり理解できないけども…。

 

さて松翁軒のカステラ、その味はどうだったかというと、実は↑のカステラによるファーストコンタクトはあまり心の琴線が震えることはありませんでした。私も一口、相伴に預かりましたが”こんなもんか”という味。期待していたザラメのシャリシャリ感もあまりなくでした。

しかし、私にはこれが何となく松翁軒のカステラの本領を発揮していない気がしました。というのは松翁軒のカステラは常温保存可の商品ですが、とはいえ、このときは私のザックの中に無造作に放り込まれ、陸路で妻の元へ運ばれたのです。しかもその道中は、炎天下の中、見知らない町のお城や神社を私が汗だくになりながらほっつき歩くのにザックの中で付き合ったあげく、購入してから24時間以上たって妻の口に運ばれました。お菓子には最悪なコンディションでしょうし、シャリシャリザラメも半ば溶けてしまったのではなかろうか、溶けないとしても歯ざわりは変わってしまったのではないかと思いました。

そこでこのときの次の帰省も松翁軒のカステラをもう一度購入しました。このときは福岡空港で購入し、そのまま飛行機で東京へ。高温に晒されることもなく我が家の食卓へ。

以下の写真は食べ物への情熱が強い妻にカメラを渡し撮ってもらったもの。食べ物(対象)への執着が強い人ほどその魅力を引き出した写真を撮るように思います。

松翁軒のカステラ。これはとてもしっとりしていた。

そして、大きな魅力のザラメですが、ひっくり返すとびっしり!

このザラメのシャリシャリが松翁軒の魅力。しゃりしゃりしっとりしたカステラはさすがに美味しい。

↓ちなみに最初に私が炎天下のザックで運んだカステラの底辺部のザラメはこんな具合。

あきらかに飛行機輸送のカステラに比べザラメの白い結晶が少ない。。。最初のときはカステラにいろいろ負担をかけていたんだろうなと思います。松翁軒のサイトにも”ただ、残念なことに、お砂糖は少しずつ溶けていくもの。 時間が経つごとに、ザラメはだんだんとその形を失います。ザラメが大好きな方は、早めにお召し上がりいただくことをおすすめします。 ”と書いてありますし。

そんな松翁軒のカステラは九州外では販売していないので、九州に行かれたときはぜひ、、、と言いたいところですが、公式サイトで通販をされていました。全国どこからでも注文可能です。いやー便利な世の中です。

磯に落ちまくっているマツバガイを食べる

地場海産物を多く扱うスーパーマーケットに行くと磯でよく見る貝が売られていました。


大体日本のどこの磯にもいるマツバガイ。40個くらい入って200円ほどです。

マツバガイを売られているのははじめて見ました。食材を扱うスーパーマーケットで売られているということは食えるのか!釣り餌とかにされているイメージですが、しかしよく見るとアワビやトコブシっぽい。いけるのかな・・・。

ひとまず生で食べる勇気はないので、熱を加えて食べたいところです。となると、煮るか蒸すかですが、煮ると味が煮汁の中に落ちるので、貝のダイレクトの味を堪能するために、蒸しに。

蒸し器の上にひっくり返して並べます。

水を張って着火。水が沸騰して熱が通ってきたら、一個一個に醤油を垂らします。まだ生きているのか醤油を垂らすとキュッと締まる。

 

火が入るときれいに貝殻から身がはがれます。つるんという感じ。

しかし貝から離れたマツバガイの身は


、、、可愛い。目がくりっとしていて豚鼻が付いていて愛嬌があります。ちょっと食べるのをためらうくらい可愛い。

この写真に写っているマツバガイの上側が岩にくっつく側で、下側が貝殻にくっついている側。


なので、貝殻の上で身をひっくり返して、コッヘルの蓋(我が家の平皿なのです。。。)の上に並べてみるとこのとおり。


身を並べてみると、、、可愛いけどちょっと怖い。 内臓がカタツムリの殻的な位置づけに見えるし。

 

味のほうは、、、、とても旨い!コリコリ部分と内臓部分の苦味がなかなかにすばらしい。アワビやトコブシはともかく、サザエくらいの味かもしれないです。身の一個一個が小さいのが少し残念ですが味わえばなかなか滋味深い。サザエなどの貝が好きな人はきっと好きなはず。醤油によく合います。一杯やりたくなる味。多分バターやマヨネーズなどの油脂系の調味料ともよく合うはず。

コストパフォーマンスも良いです(当地では、、、ですが)。そもそも流通に乗ることがまれな貝だと思うので、入手が大変かもしれませんが、売っているのを見つけたら購入しても後悔しない貝です。

我が家の魚の貯蔵庫、その後。

電気冷蔵庫を置かない代わりに、鮮魚は海が我が家の貯蔵庫として必要な分を持ってくる(釣ってくる)生活について先回書きました。

その後、貯蔵庫の調子(釣れるタイミング・餌や仕掛け)などに進歩が見られた結果、鮮魚、特にアジは量産体制に移行し、安定供給が出来つつあります。

IMG_0203

↑調子が良かったとき19:00~21:00くらいで65匹の小アジが釣れました。食べきれないものは干物へ。

さらに魚の安定供給だけではなく魚は港で締めて、解体できる体制へ。(単に出刃包丁とまな板を車に積み込んだだけですが)

DSC_0070

刺身醤油の小瓶を持ち歩き、その場で漬けや刺身にして、ご飯といっしょに頂きます。海は魚の貯蔵庫食堂に移行しつつあります。

 

今日も海へ。18:30にアジポイントに到着。最初に大きめのアジが釣れて、型の良い20cmのアジが釣れた!と思ったらどんどん釣れるアジのサイズが下がっていく・・・。19:40くらいになると5cmくらいの釣る方が申し訳ないようなサイズばかりになる。針を飲み込んだ2匹は仕方ないのでもって帰ることにして、それ以外は釣れる度に針を外して海にお帰りいただいくことに。しかし、それもめんどくさくなって撤収。何故どんどん釣れるサイズが小さくなるのでしょう。。。

IMG_6729

左上が一番最初に釣れたやつ。右下が最後の方。。。同じアジなのに。

今日は大から小のアジをた12匹。家に帰って大きい方から9匹(上の写真の右下3匹を除くやうら)くらいは頭を落とし三枚に下ろし、身は刺身で。骨は片栗粉をはたき、油で揚げて骨せんべい状に。下ろすにはちっこいやつらもまとめて油で揚げます。

 IMG_6737

今日の夕飯!大皿に新鮮なアジの刺身満載です。そうそう、一番大きいアジは卵を持っていました。大皿の左上付近にあるオレンジのものが卵。これもとろりとして旨かったです。刺身もプリプリして弾力もあるし、骨せんべいはカリカリ。充実した食生活。しかし最後の方になるとアジの刺身に若干飽きてくる。贅沢な話です。アジ以外の魚の安定供給にも取り組んでみようかな、と思います。

パラオ名物・コウモリスープ~パラオダイビング旅行記3~

パラオ1日目のダイビングが終了し、2日目は早朝から旧日本海軍の油槽艦”あまつ丸”を見に行くことにした我々ですが、2日目のダイビングに入る前にやはりこれを紹介せねば、、、と思います。

パラオの名物?コウモリスープ。フルーツを食べているフルーツバットを煮込んだスープです。パラオに来たからには話の種として食べるべきものです。

ダイビングショップから引き上げたあと、中心街にあり日本人観光客も多く行くレストランのmogmogさんに繰り出します。メニューを見たら、さっそくありました。フルーツコウモリのスープ。

20151209194026IMG_3354_40D

私は匂いのキツさを警戒し、生姜汁を選びましたが、パラオっぽいのはココナッツミルク煮かも?


 →続きを読む

石垣島で食べるべきもの、行くべき食の名店

石垣島のダイビングが終わり、この旅記録は西表島へと移るのですが、その前に、石垣島の食べ物を少し紹介したいと思います。石垣島に来たらこれだけは食っておきたいものがあります。

 

①”さしみ屋”のてんぷら
沖縄では漁師さんの奥さん等が鮮魚店を直営していたりして、そのようなお店は”さしみ屋”と呼ばれております。名前のとおり魚の刺身も売ってい るのですが、魚の”てんぷら”を売っています。このてんぷらが石垣に行ったらぜひ食べるべきもののひとつ。てんぷらといっても内地の蕎麦屋さんやうどん屋さんで食べるようなてんぷらというより、むしろフリッターに近い。衣もかなり厚いですし、から揚げのように衣に味が付いています。漁業の盛んな街(宮古島や糸満)には多くあり、那覇にもあります。石垣でもたくさんのお店があります。そしててんぷらは店ごとに微妙に味が異なり特徴があります。

1508311745_IMG_2341_40D

石垣島の日常では地元の方がさしみ屋で美味しいてんぷらを買っているのですが、私が在住時に通っていた”さしみ屋”は午後になると島のおばちゃんやらねーねーやらが集まっててんぷらを買い、18時半頃には売り切れになってしまうような人気店でした。ここはイカと魚のミックスで300円か400円分をオーダーすれば大人2名が満足できるくらいの量のが出てきます(100円単位でオーダーすると料金分のてんぷらを売ってくれるシステムです。場所や地域によっては、一個数十円で売るシステムもあるようです。)

てんぷらは安くて絶品なので、私の父や義父母(当時まだ独身だったけど)が遊びに来たときに案内し、その地元密着型なシステムも含め、とても気に入ってくれました。今回の旅行でもダイビングが終わった後にわざわざ自転車を走らせて、かつて通っていたさしみ屋さんに買いに行きました。お店はますます繁盛しているようで、多くのお客さんで賑わっており、味も相変わらず、懐かしさもあり絶品でした。

 

②八重山そばと沖縄おでん
沖縄の独自の麺類である沖縄そばやそれに豚肉のあばら肉を載せたソーキそばはずいぶんメジャーになりましたが、八重山には八重山そばがあります。やっぱり本島の沖縄そばとは微妙に違う。八重山そばは本島のそばに比べ麺が細く、断面が丸く、黄色く、中華麺により近いイメージです。

この八重山そばを出す店は八重山諸島全域にたくさんありますが、中でも私の心に残っているお店は、市の中心部・美崎町界隈なら”メンガテー”、旧空港寄り(私が住んでいた辺り)なら”幸”の野菜そば、”パーラーあんぶれら”の牛そば、郊外なら米原の”知花食堂”です。あとちょっと変り種ですが、”キミ食堂”の味噌そばもよく食べました。石垣では八重山そばを出す店はたくさんあり、いろいろな店で食べましたが八重山そば目的で何回も行った店となるとこの4店くらいでした。

ガイドブックに載っているような八重山そばの店では市街地の”来夏世”ですが、ここのそばはあっさりして私には上品だったのと、混んでいるのと、なかなか家から遠かったので、お客さんを案内するときくらいしか行かなかったです。でも値段は良心的ですし、王道を行くなら素敵なお店だと思います。あと島北部の”明石食堂”も有名ですね。ここも行きましたが、最近は観光客の入りがすごいのと島北部の明石集落まで行く用事がほとんど無いので、2~3回くらいしか行かなかったです。個人的な好みとしても4店舗のほうが好みにあっていましたし・・・。”白保食堂”も行きましたが、ここはそばよりむしろ巨大なエビフライのほうが記憶に残っているぞ。。。

さて、今回の旅行では昼間はダイビングに出ており、車も無いのでそばで行ったのは市街地にあるメンガテーのみ。メンガテーというのは不思議な名前ですが、島の友人から、お店の方の屋号が店名の由来と聞きました。(由来はもっと詳しく聞いたのですが正しい情報か分からないので割愛します、、、)

この店はかなり分かりにくいところにあり、前情報が無ければ観光客は絶対入らないような店です。入り口は↓な感じで、表通りではなくこのブロック塀の手前の狭い路地を入っていくのです。

  1509021938_IMG_6449_G12

私が住んでいたころはこの幟も無かったので、最初に島の人に連れて行かれたときはどこに行くのか不思議な感じでした。幟まで出来てだいぶメジャーになった感があります。観光客の姿も店内に見かけました。”ほんとにこの奥にお店があるの?”的な観光客の姿もちらほら。

相変わらずセクシーなマダムも健在。さっそく泡盛の水割りとそばを注文。八重山で単に”そば”といえば八重山そばが出てきます。内地で食べている蕎麦粉入りの蕎麦は、、、出す店が一件くらいあったかな?スーパーマーケットには内地の蕎麦の麺は売られていたけど。。。

1509021929_IMG_9265_s90

懐かしい味。そばの上に乗っているお肉がまた美味しい。私は沖縄そばのような平たい白い麺より八重山の黄色かかった丸麺の方がやっぱり好きです。

このお店で忘れてはならないのはおでん。おでんといっても内地のおでんとはずいぶん違う沖縄(八重山の?)のおでんです。テビチ(豚足)と空芯菜のような青菜が入っている豪快なものです。メンガテーに行くならこれも絶対に頼むべきもの。

1509021934_IMG_9269_s90

量が多めなので(↑写真は1人前)、2人組だったら、そばは2つ、おでんは1人前をシェアくらいが良いかもしれません。私はメンガテーの味が好きなので、一人でそばもおでんも1人前ずつ食べましたが、結構腹がはちきれそうな感じになります、、。

往時は泡盛水割りとそばとおでん○人前を適当に頼んでお会計すると、500円単位のざっくりとした会計でした。5人で7000円とか、6人で9000円とか・・・頭の悪い酔っ払いが勘定するにはずいぶん優しい店でした。今回の訪問でいくら払ったか覚えていませんが、多分そばは500円前後、水割りも500円くらい、おでんは1人前が1000円前後だったような??

 

③石垣牛
石垣島は石垣牛をブランド牛として確立しつつあります。島には人口規模の割りに肉屋さんの数も多いです。ただ牛肉は島の料理屋の中では高めの部類に入るので、在住時はほとんど行ったことは無かったような。今回は1回だけ行きました。やっぱり一食の価値はあります。

1509011638_IMG_8979_s90

 

④もっと地元っぽい八重山料理
これはガイドブックにたくさん料理店が載っていますし、価格帯も店によってだいぶ違うので、土地勘が無い場合はホテルの人にお勧め店を聞いていくのが確実です。私が在住していた頃に比べ店も変わっていましたし、そばに比べて自分の中で”絶対王者”といえる店が無かった。なので今回の旅行でもあの店に行きたい、、、というのは無く、適当に店に入っていました。ただどの店に入っても刺身が美味しかった。八重山ではやっぱり新鮮なお魚は食べたいです。あと扱っている店は少ないと思いますがシャコガイの刺身が私は大好きでした。貝好きの人は気に入るはず。あればぜひお試しください。

 

⑤その他お勧め店
中華料理の”大富”、みそラーメンの”でいご食堂”、何でもいけるけどハンバーグがフラッグシップの”パーラーとんとん”の3店は住んでいたときの思い出ぎっしりです。いずれも八重山料理の店ではないのですが。大富は仕事で疲れるといつも頼んでいた丼モノがあったのですが、なんという名前だったかな。ニラのような香りが強い野菜が入った炒めものがご飯にのっていて、生卵が落としてある丼なのですが。。。今度行ったら食べてこようと思います。

 

最後のおまけ↓

1509021909_IMG_6445_G12

これ、コンビニの新聞売り場のラックです。端的に八重山の独立っぷりが伝わってくるようで面白かったので載せてみました。

上段の一番目立つところに左側は八重山日報、右側に八重山毎日新聞、左下に沖縄県2大紙の沖縄タイムス、琉球新報、右下に内地のスポーツ新聞という配置。八重山で最も読まれているのは地元紙の八重山毎日新聞です。トップ面が見えるように並べられており、その記事をよく見るとですね、スポーツ紙はもちろん沖縄タイムス、琉球新報もトップ面は五輪エンブレムの不正問題です。しかし八重山の新聞たちは違います。八重山毎日の一面は「南根腐病が原因か」(台風が多くて弱っている街路樹が多く、その原因を報じたもの)、八重山日報の一面は「電線類地中化要望」(台風の来襲で電線への被害が大きかったのです)。

八重山は沖縄県に属しつつも沖縄本島とは違う独自の価値観で動いています。基地問題でも中山石垣市長は翁長県知事とは全く反対の意見ですし、私のような内地人が数年住んだだけでも、那覇が遠いことを感じました。そんな影響か私の中でも八重山と沖縄(ついでに言うと宮古諸島も)はそれぞれ異なる土地としてカテゴライズされており、例えば今回の八重山旅行を周りの人に説明す際に、”沖縄に行ってきます”というのは非常に違和感を感じ、”八重山に行ってきます”か、八重山というのが伝わりにくいときは”石垣島に行ってきます”と説明するのが自然に感じます。

 

さて次回以降はいよいよ西表島の記録に移ります。

トルコのスーパーマーケット

相変わらずトルコ出張中。国外に来ても遊びに来ている訳では無いので、昼間は乾いた生活です。なので、仕事が終わって一杯やるくらいしか楽しみがない生活です。トルコはイスラム教の国ですが比較的お酒も手に入れやすいのがありがたい。本当に厳しい国はお酒を入手するのが不可能だったりします。。。

そんな生活なので宿泊先近くのスーパーマーケットの存在がありがたいです。野菜売り場を覗いてみたら、基本野菜はむき出しで山積み。確かに日本のマーケットもすべてビニールに入れなくてもいいのになぁ、、、と思います。

IMG_7255

 

トルコのキャベツはでかい。。。手を載せて撮ってみましたが日本のやつの3倍くらい。一人暮らしだともてあましそうです。

IMG_7274   

 

 

魚も訳がわからない種です。多分右上の魚はアジ。あとは左下にマスっぽいやつがいますがあとはいまいちわかりません。

IMG_7276

 

こちらは卵コーナー。いろんな種類が山積みです。有精卵もあるのかな?

IMG_7266

これは製菓コーナー?ナッツの類が測り売りされていました。
IMG_7260

スパイスコーナー。さすが中東の国。何がなにやら分からないくらい種類が豊富です。買っていきたいですが、異国の調味料は結局使い方が分からなったり口に合わなかったりで戸棚の肥やしになってしまうパターンが多いので今回は我慢します。
IMG_7269

お肉コーナーも日本のように切り分けてなく丸のまま売っているものが多かったです。イスラム教の国ですから当然豚は無い。鶏肉が多くあとは牛、ヤギ?羊?あたりか。
IMG_7270

穀物コーナー。豆?麦?のようなものがやはり計り売りされていました。

IMG_7765

ドリンクコーナー、、、は一番日本と似ていたかも。コカコーラ、ペプシコーラ、レッドブル。世界共通です。

IMG_7253

そういえばこれまで行った国で鮮魚を見たのは初めてかも。トルコの料理は肉メインですが魚もあり、なかなかおいしいです。スーパーを見るとさまざまな食材レベルから豊富です。そういえばトルコ料理は世界三大料理の一つとも言われますね。納得です。