2015年夏休み。島に行って海を眺める

ちょっと時は遡り、夏真っ盛りの頃。 今年の夏休みはどこに行こうか考えていました。

 

2012年は八ヶ岳と富士山2014年は知床の山から海の中、となかなか激しい生活をするのが夏の恒例行事。 今年はダイビング三昧でさらに海外に行こうと話していました。。

 

行き先の第一候補はダイビングのメッカ・パラオ。しかし調べてみると8月~9月は海の状況があまり良くなく、台風が来ることもあるようです。せっかく行くならベストシーズンに行きたいものです。

次の候補になったのがメキシコのラパス。ここはアシカと泳げるのが売りで、海獣好きとしては気になる海です。しかし、ラパスの海をgoogleの画像検索するとアシカ以外の画像がぱっとしない。海も濁りがちの写真が多くヒットするし、サンゴ礁がぶわっと拡がっているわけでもなさそうです。日本からかなり離れたメキシコなので、それなりに時間とお金もかかるし、それでもここに行くか。。。?という気分になります。海獣も面白そうですが、なんやかんや日本のゴマフアザラシとかの方が好きですし。

さんざん検討した結果、 メキシコへ行くならその資金は残して、今年の冬にパラオに行こうということになり、夏休みは国内の海でダイビング三昧が良いとなりました。 国内でダイビングとなると、純粋に行きたいのはやっぱりあの島々。

2年半住んだ八重山です。多分国内でダイビングをするならポイントの数・多様性、海の綺麗さは折り紙つきなはず。それに島を出て以来4年くらいご無沙汰しているので久しぶりに行ってみたい。石垣空港は新しくなったし、LCCは飛んでいるし、ファミリーマートが出来たらしいし、大きな変化があると思う。住んでいたときに行けずに、再訪の理由として残しておいたところも何ヵ所かあります。

思い立ったが吉日、早速在住時にお世話になったダイビングショップ等々に連絡し、6連日のダイビング予定を組みました。懐かしい島はどんな表情を見せてくれるか楽しみです。(迷ったのが島の友人達、会えば絶対痛飲するし私も痛飲したいのですが、ダイビング前の深酒、寝不足は避けたい。ので、飲めないくらいなら敢えて今回は連絡はとらず、また会いに来ることにしよう、、、としました。)

 

 

ということで、九月上旬、羽田から那覇経由で新石垣空港へ。新石垣へはANAの最終便です。これは那覇19:30発で20:30に石垣着というのは旧空港時代から変わりません。この石垣行き最終便は石垣時代もよく乗っていたので思い入れがあります。仕事で苦い思いをして嫌々島に戻る時もあったし、休暇で内地にいって嫌々戻るときもあり、要するにネガティブなほろ苦い気持ちで乗ることが多かった、、、。ので今回放ち休みでウハウハな気分でなおさら感慨深いです。

 

さて着陸した新石垣空港は何から何まで旧空港と違い、絶句です。ターンテーブルは増設できるようなスペースも予め確保されているんですね。空港内にSTARBUCKSも入っているし、丸源まで進出していますし、随分オサレ。
1508302013_IMG_2316_40D

 

空港から市街まではずいぶん離れてしまったのでバスで移動です。この点は旧空港のほうが市街地近くにあったから便利でした。 今回は節約旅行なので、おばちゃんが切り盛りしているザ・島の民宿という感じの民宿にお世話になります。

チェックインして一休みした後、民宿の自転車を借りて、在住時よく行っていたスーパーに買い出し。レジのパートのおばちゃんも4年が経っても相変わらずの面子でなんか嬉しいです。在住時に言葉を交わしたわけでもなく、今回も言葉を交わすわけでもないですが。

スーパーでオリオンビールと石垣の白百合を購入し、向かった先は、、、 人工護岸の街の海と自然の海の境目。ここはかつての職場からも近く、ぼんやり海を見たり、釣りをしたり、たまに泳いだり、よく来た場所。南側に空が開けていているの夜に南十字星を見たこともありました。 当時のように海を見ながらビールを飲みます。

今日は月が綺麗に出ていて、月光に照らされ、サンゴ礁の礁縁で波が砕けているのが見えます。

1508292247_IMG_5488_G12

 

 

あの航路の標柱も見覚えがあるぞ。

1508292250_IMG_5491_G12

 

明日からしばらく海に入るので、石垣の海にも酒を注ぎいろいろな生き物が見られる豊漁と安全祈願をします。

1508292235_IMG_5476_G12

海を見ていたら、ついつい気分よく4缶くらい空けてしまいます。再び宿に戻ったら一気に寝入りました。

翌日の石垣島の話はこちら

映画「サンゴレンジャー」

石垣島が舞台の映画「サンゴレンジャー」。ツタヤで見つけてしまいました。
20140421215020.jpg
映画の内容や演者の皆さんはともかく、うわさに聞いてた通り、石垣島在住時代にお世話になった方々がエキストラで出てきたり、懐かしいあの場所が映っていたり、、、、で、ほろっとしてしまいます。

内容紹介
【ストーリー】
2013年夏、石垣島――。町長選を控え、美しいサンゴ礁を破壊する石垣島と竹富島を繋ぐ大規模な橋(ラグーン・ブリッジ)の建設計画をめぐる賛成派と反対派の対立が、日ごとに激しさを増していた。そんな折、環境省の問題児の熱血漢・自然保護官(レンジャー)矢島が石垣島事務所に赴任した。
赴任早々の一言――。「オレはラグーン・ブリッジ建設に絶対反対です! この美しいサンゴ礁を守るサンゴ防衛レンジャーになります!」拍手喝采かと思いきや、事態は、想定外の状況に・・・・・・。最悪の幕開けから物語は始まる――。
【キャスト】
青柳翔 田中圭/佐々木希
菅原大吉 水橋研二 池田鉄洋 坂田聡 田中律子 藤木勇人
鈴木拓(ドランクドラゴン)浜田晃 石丸謙二郎 菅田俊
小日向文世/高畑淳子/夏八木勲
【スタッフ】
原作:さかいたまき「サンゴレンジャー」(朝日新聞出版社)
監督:中前勇児
脚本:三浦有為子、高橋麻紀
主題歌:「So High」BREATHE rhythmzone
製作:サンゴレンジャー製作委員会 協力:沖縄県石垣市

札幌白百合

札幌に所用で来ていますが、たまたまはいったビックカメラで白百合を見つけました。故郷から約3000km。札幌のビックカメラで三合瓶が売られているのを見つけました。
三合瓶で820円。

八重山の仲間たちも売られていて、玉の露(850円)、於茂登(860円)、八重泉(780円・品切れのとこ)。意外に請福の棚はありませんでした。この微妙な価格差は何でしょうかね(^^;)そして八重山勢の合間に他の地域の泡盛を挟み込む配置もあまり意図が分からない。ただ北海道ですから泡盛を各島・地域ごとに配置を求めるのは酷か・・・
私の最北端白百合記録を塗り替えました。白百合はどこまで北で売っているか、、、追いかけたいと思います。旭川に最北端沖縄料理屋さんがあるらしいのでまずは次に目指したいスポットです。

銀座の白百合(泡盛)たち

東京駅近くにある沖縄県の公式アンテナショップ「わしたショップ」に行ってまいりました。東京で石垣で最も美味い泡盛である白百合を買える場所があるのか、買えるとしたらおいくらなのか気になりますよね。
(ちなみに白百合をメニューに載せている沖縄料理屋さんは、私の既リサーチでも東京駅地下の飲食街、新橋、下北沢、中目黒、、等々かなりあることが判明しております)
勇んで銀座のわしたショップへ。入口の赤瓦と米子焼きのようなシーサーが目を引きます。
DSC_0245.jpg
地下の泡盛コーナーへ下りていくと、、、、
ありました!白百合様です。(携帯電話で撮影したので見難くて申し訳ないです)
DSC_0242.jpg
価格は3合瓶で892円。島では確か600円くらいだったから1.5倍の価格。輸送費がありますので、むしろこの価格で買えるほうがありがたいと思いました。しかし、「初発売時 全品返品という 暗い過去がある」というキャッチフレーズ、白百合ファンや石垣の人には大受けだと思いますが、何も知らない人は買わないんじゃないですかね(^^;
DSC_0243.jpg
上段は二合瓶、下段は三合瓶の八重山の泡盛コーナー。白百合様のほかにもメジャーな八重泉、請福から於茂登、玉の露も。懐かしいラベルたちが並んでいました。残念ながら宮之鶴は見当たらなかったです。
一升瓶コーナーもあります。白百合一升瓶は品切れでしたが、白百合を作っている池原酒造所が出している赤馬の一升瓶がありました。コレは結構珍しいのではと思いました。赤馬2079円。やっぱり島に比べて3~4割くらい高い気がします。
DSC_0241.jpg
振り返ったら紙パックコーナーも。久米仙が「野外で飲むといい」なのに八重泉が「災害用」。だから知らない人はこのキャッチコピーじゃ買わないですって!(^^; 私のような石垣に縁があった人とか島を出て東京にいる人などのある意味内輪狙いな気もしますが。
DSC_0244.jpg
東京でも白百合の販売があることがわかり満足です。家にはまだ白百合一升瓶が転がっていますし、この後は仕事もあったので今回はうずまきパンを買って帰りました。泡盛以外にも沖縄や石垣の物資が売られていますし、東京駅からも徒歩5分かからないくらいの距離なので、ぜひ。
DSC_0248.jpg
(白百合を作られている池原酒造所がオフィシャルウェブサイトをオープンしていました。白百合のふるさとが見られます。「泡盛 赤馬(あかんま) 現在のマイルド嗜好に逆行し独特の味を守り抜く泡盛です。」とか男らしすぎる。)

白百合島ぞうり

私がもっとも好きな泡盛は石垣島の白百合。このblogでも何度か触れています。例えばこちら
そんな白百合のラベルを刻んだ島ぞうりをプレゼントしていただきました!非常にクオリティの高い一品でもちろんハンドメイド・プライスレス。
IMG_5364.jpg
白百合ラベルと比べてみてください。再現率高い。作ってくださったのは石垣時代にお世話になった方。元から頭があがらなかったですがこれでますます・・・(^-^;
IMG_5377.jpg
※白百合とは
石垣島池原酒造所が作る泡盛。口に入れた途端30度のアルコールとともに、素朴ながらも力強い馥郁とした石垣の土の香りが広がる泡盛です。
島ぞうりとは
沖縄でよく売られているぞうり兼キャンパス。値段は350円程度と履物としては非常に安価なものですが、耐久性は?で、私は半年でダメにしてしまいました。(もっともほぼ毎日それで通勤していたので当たり前かもしれません)あと水場では非常に滑るので、漁船やダイビング船の上で履くのは非常に危険です。ダイビングインストラクターや漁師さんはいわゆる漁サンを吐いていたような気がします。島ぞうりは踏面が白で靴底がカラーなので最近は彫刻刀やカッターなどで装飾を施したものが人気を博しています。

石垣の寒い

石垣の友人からメールが来ました。「寒くて凍えそう」だと。
AMeDAS調べたら16度あるじゃねーか。。。
まだサンダルかもしれませんね。で、うれしそうに寒い寒い言う。私もそんな感じだったもんな、と懐かしいです(゚ω゚)