夏ですね~

柵や窓を開け放って飯を食っていたら、明かりに惹かれたのか、これが飛び込んできました。
IMG_0824_20140708231413fba.jpg
ヒラタクワガタのメス!(コクワかな?)
枝豆を食べている食卓に飛び込んできました。ここは横浜市内ですが、一歩町を離れれば、谷戸を切り拓いて作ったであろう新興住宅地、、、造成に余裕を持って作ったのかちょっとした林や公園は残っているし、すでに造成されてから40年くらいたって、ある意味落ち着いている環境です。街路樹も大きくなっていますし。歩いているとカナヘビかトカゲの類もよく見ますし、クワガタもどこかで生き残っていたのが繁殖しているんでしょうね。
こいつも写真を撮った後、逃がしてあげました。横浜産クワガタ。
そういえばアブラゼミの初鳴きも昨日聞きました。遠くの林のほうで夕暮れ時に鳴いていました。情緒がありますね。
気の早いヒマワリも咲き始めたしアサガオも。
生物が濃い夏が来ました!

横浜観測史上最高気温

記録的な猛暑。四国では日本の観測史上最高気温である41度を12日に記録したようですが、我が横浜市も1896年観測開始以来の117年に及ぶ観測史上の最高気温を8月11日に更新したのです。
nn.jpg
その気温は37.4度なので、記録的には地味な値。
そのとき我が家の気温計は↓の値をうろうろ。
DSC_0374.jpg
北向き窓の外で38.2度。家の内部で34.7度辺り。
ちなみに我が家は相変わらずエアコンがありません。もうこのくらい暑いと家にいるだけでいらいらするし、家庭内内紛が絶えません。
そんならエアコンを買えばいいのにと思いますが、お金が無いわけでもないのですが、この猛暑でエアコンの注文が殺到しており、今注文しても我が家に取り付け工事が来るのは2週間後とか。そんなら8月も終わりかけるじゃないということで注文しないで乗り切っています。
もう暑くてどうしようもない休日は家を捨てて、放浪の生活を送っています。

しょぼいけどセンスはマシになった家庭菜園

先回のエントリでは「しょぼくてセンスがない家庭菜園」と妻に爆笑された我が家のプランタ家庭菜園を紹介しました。その一週間後の様子です。
「しょぼくてセンスがない」の名誉挽回をしないと家庭内の私の勢力が衰えますので、支柱とネットといった小道具を設置しもう少しそれっぽく、かっこよくします。支柱は細身だけど金属のもの、ネットは味気ない緑のビニールネットではなく、麻のオサレ感(私の感覚ですが)のあるものを採用。どちらも100円ショップのダイソー製ですが前者は210円、後者は105円。ダイソーでは花の種も2袋で105円で売っているので、朝顔の種とゴーヤの種もついでに購入します。
小道具たちを設置した後の写真。ゴーヤーと朝顔の種を追加でプランタに撒き、真ん中の小さなプランタには朝顔のみを播種しました。作業完了後、妻に見せたらだいぶマシになって可愛くなったとのこと。汚名返上に成功です。まぁもともとがアレですから。ただ内容は変わっていないのですが小道具を使うとそれっぽく見えますね。ネギの傾きっぷりがセンスのなさを残していますが。
IMG_8423.jpg
プランタのリセットから一週間。改めて我が野菜たちの生活・成長ぶりを観察します。
大根の頭の部分。なかなか旺盛に成長しているようです。大根は季節はずれもいいところですが、葉っぱだけでもなかなか美味しいので、がんばって成長して欲しい。
IMG_8441.jpg
黒豆の葉っぱ。水を弾いて葉脈が綺麗。まだ若い葉。
IMG_8442.jpg
こちらも黒豆。新芽はびっしりと柔らかく細かい毛に覆われている。
IMG_8446.jpg
これは青紫蘇の新芽。全体でも小指の先ほどの大きさしかないのですが、棘々さは青シソのそれらしさを既に持っています。まだ全身が1cmほどで5mmくらいの双葉を広げていますがそのなかにはすでに次の葉っぱの芽が開き始めています。
IMG_8439.jpg
ゴーヤは早くも麻のネットに絡み始めてました。ネットを設置してから1時間くらいしかたっていないのですが、掴まる所が欲しかったんだろうな。
IMG_8426.jpg
しょぼくてセンスがない菜園でも動けない植物たちは当たり前に必死に生きています。私もしょぼくてセンスがないですが、見習って腐らないように妻に負けないようにがんばらなきゃいけないです。

しょぼくてセンスがない家庭菜園

昨年はサツマイモやらゴーヤやらを植えていた我が家の家庭菜園。30?のプランタ×2の極小菜園です。
冬~春の間はサニーレタスや小ネギやらを植えていたのですが、こいつらが野生化してすさまじくなっていました。
サニーレタスはもはやレタスの面影がまったくありません。。。これは新潟の実家で収穫されたレタスの種を貰ってきて育てたのですが、最初はレタスっぽく丸まって育ち、収穫のために根元から切ったものの、脇芽が出た後はやけを起こしたかのように天に向かって一直線。なかなかのやんちゃ振りを見せてくれました。
IMG_8396.jpg
サニーレタスの花(つぼみ)。花が咲く前に食べてしまうのが普通ですので、私も初めて見ました。
IMG_8398.jpg
我が家のネギ畑。買ってきた小ネギや新潟から貰ってきたネギの根っこの部分を適当に差し込んでいたら、立派に育ちました。小ネギだったくせに伸びてきたら収穫を繰り返しているうちにどんどんたくましく太くなって、こちらも小ネギの面影は全くなし。ネギ坊主が爆発していました。
IMG_8394.jpg
夏が近づいてきたのでむさくるしいのと、夏野菜を植えたいのとで、レタスやネギを刈り取り、植物を総入れ替え。ネギとレタスを引っこ抜き、土を耕し油粕と化成肥料を混ぜ込み、適当に新たな植物を植えていきます。
こちらは旧サニーレタス菜園。新たに植えたのは一本40円で投売りされていたトマトの苗、新潟の黒豆の余ったやつを撒いて芽が出てきたもの、同じく新潟の畑で野良化していたシソの種の芽が出たばかりのやつ、スーパーで買った大根のヘタ部分、あとは↑のネギ菜園のうち、まだ小ネギの面影を残しているネギを数本。
IMG_8410.jpg
こちらが旧ネギ畑。こちらに植えたのは一本50円の投売りされていた接木ナスの苗とゴーヤの苗。ゴーヤは昨年も植えたので連作障害が出るかも?後は旧サニーレタス菜園と同じくネギと大根の頭部分。土の上の白いのは引っこ抜いたネギの根です。
IMG_8412.jpg
作業完了後、妻に見せると「しょぼくてセンスのない家庭菜園」とコメントし、爆笑していました。野生化したネギやサニーレタスの繁茂力を怖がっていたくせに、やつらがいなくなったと思ったら強気のこのコメントは悔しい。。。
もう少し植物が茂ればかっこよくなると思うのですが(´・ω・`) 

1/27横浜みなとみらい夜明け

引き続き1/27の横浜のみなとみらい。夜が明けて朝。
ベイブリッジの右すそから日の出。冬の関東らしいよく晴れた冬晴れ。
IMG_7216.jpg
港町の横浜を支えるクレーンも朝日を浴びて輝きだしました。
IMG_7219.jpg
観覧車も目を覚ましたようでご苦労様です。動いていない観覧車も新鮮。
IMG_7224.jpg
朝飯、味噌汁美味い。完全に西洋チックなホテルなのに。ビュッフェ形式の朝食なのに。洋食のほうが品数多いのに。ケツが割れてしまうくらい味噌汁美味い。
IMG_72v65.jpg
だしには富山県氷見市の手作りの煮干しを使っているそうです。
IMG_7v264.jpg
部屋に戻ってから一眠り。
アザラシのケツを追っかる旅行だと朝も暗いうちからごそごそするのが常で、優雅に朝ごはんを食べたあとに部屋に戻って一眠りとかは全く無いですが、まっとうな大人はこのように泡のようにお金と時間を使うのかもしれませんし、それをなかなかいいもんだなと思った私も一歩一歩着実におっさんの道を歩んでいるのかもしれません。贅沢な時間です。
部屋の外にはおもちゃのような遊園地。営業に向けて準備しているような。
IMG_7275.jpg
だんだんみなとみらいの人通り・車通りも多くなって日曜日の賑わいになります。
IMG_7292.jpg
みなとみらいの横浜美術館で『ロバート・キャパ、ゲルダ・タロー二人の写真家』展をやっていたのでコレを見て帰りました。事件(戦争)があると出かけていって写真を撮って世に伝えていた二人ですが、代表作となっているセンセーショナルな写真より兵士のふとした表情や町の様子を写した写真が面白かったです。特にロバートキャパが亡くなる直前に撮った日本の写真が、私が日本人ということも多分にあると思いますが、当時の日本人の自然な表情が印象に残る写真展でした。

1/26 パンパシフィックホテルホテル東急ベイ

毎年1月26日は無駄に贅沢をする日。
昨年のこの日は横浜みなとみらいのロイヤルパークホテルに泊まり、今年はパンパシフィックホテル横浜ベイホテル東急。普段の旅行ではフィットの後部座席で野宿しているとは思えない身分。
部屋のバルコニーからは横浜ベイブリッジとインターコンチネンタルホテル。もうなんか高級そうなホテル臭がぷんぷんします。
IMG_7136.jpg
部屋のバルコニーからその2。よこはまコスモワールドの大観覧車。
IMG_7150.jpg
やけをおこしてうひゃひゃひゃーー。
IMG_7118.jpg
やっぱりこういうとこにきたら、バスローブをきてオサレワインを入れてワイングラスを弄びたい。
IMG_7187.jpg
みなとみらいは家から車で25分くらいですが、そんな近場でわざわざ泊まって、遊んで家に帰る人たちを部屋から眺めながらぼんやり酒を飲むのが、無駄な贅沢を実感。