カナダのアザラシ猟2013 

さて、春先になるとアザラシ界隈で騒がしくなるのがカナダのアザラシ猟の反対運動。
2006年くらいからたびたびこのブログやアザラシ本サイトの掲示板でも取り上げて参りました。
これはアザラシ猟に反対の署名を集めてカナダに送付をするので当サイトにも協力してほしいというような話が来たことがきっかけで、私も興味をった事が理由です。それからいろいろ自分で調べて、自分なりに考え、現段階ではカナダのアザラシ猟は反対すべきものではないと判断しているので、この手の反対運動への協力はすべて断っています(とはいえ私はアザラシ猟を積極的に推進をしたいわけでも無いですが)。
このアザラシ猟の問題ですが、これに関する私の問題点は至ってシンプルで”猟の対象であるカナダのタテゴトアザラシが減少しているか、いないか”です。
で、この点に関してカナダ政府のサイトにはアザラシが近年増えているというデータが載せている(http://www.dfo-mpo.gc.ca/fm-gp/seal-phoque/reports-rapports/facts-faits/facts-faits2012a-eng.htm#harpのEstimated recent population trends of northwest Atlantic harp seals.のグラフ)一方で、アザラシ猟の中止を求めている側からはアザラシの増減に関する数字が出ていないと認識しております。の、私はアザラシ猟には反対ではないのです。
一応グーグルとかで「アザラシ猟」とかで検索してこのブログにこられる方もいらっしゃるようなので過去の関連記事にリンクを貼っておきます。
ポールマッカートニーが怒られました。(「カナダのアザラシ猟反対運動」には反対の管理人より 2006年3月9日
「アザラシ猟反対」は正しいのか~2009年のカナダのアザラシ猟~ 2009年4月25日
冒頭に書いたとおり、この手の野生動物の保護と利用問題は至ってシンプルで「持続的な利用が可能か否か」のみが論点と思いますが、アザラシは可愛いシンボリックな動物なので、どうしても感情的に残酷とか毛皮いらないとかそんな話が出てきます。毛皮に関しては革製品を利用したり肉を食べたりしていることと一緒かと思いますので、アザラシか牛や豚馬で線引きする必要はないでしょう。人間は何かの生物を殺さないと生きていけないのは動物である限りの業でしょうし。
またアザラシの猟法が鉤の付いた棒で殴り殺すというものであり、見た目がなかなか凄惨であるため、感情的に受け入れがたいという意見もあります。一見凄惨ではありますがこれは以前のエントリでも書いたとおり、一撃で即死させる猟法のようです。またこれも以前書きましたが、猟法が気に入らないなら猟法の対案を示すべきで、猟自体の中止を求めるのは論理的に飛躍しています。猟法も銃殺が良いのか薬殺が良いのかガス殺が良いのか、わかりませんが、運搬の手間や安全性、周辺環境への影響を考えると、現在の撲殺が最も理にかなっているように思います。
下の画像はカナダのアザラシ情報を集めているときに見つけた一枚のポスター。
save.jpg
このポスターが投げかけるアザラシ猟反対運動に対する強烈なアンチテーゼに対応できる理屈はあるのでしょうか。「アザラシや牛を含め生物利用は一切ダメ」という理屈は成り立つかもしれませんが、それをしちゃったら人間は生きていきませんし・・・。
↑のポスターを解説をするのも無粋な気がしますが
vealは「肉用の子牛」の意。sealと掛詞になっているんでしょうね。つまりイヌイットの女の子二人が「肉用の子牛を守ろう」というメッセージを掲げています。で「Avoid cultural prejudice(文化的偏見をやめよう)」という言葉がついています。
==以下4/4の夜追記==
と、ここまで書いてアザラシ掲示板でゴマスケさんより補足を頂きました。(以下掲示板より引用)
「カナダのアザラシ猟について少し補足を。
愛護団体は、たしかにアザラシ猟を批判していますけど、それはロシアや中国などに輸出される商業捕獲であり、
イヌイットの伝統的な猟は認めています。(捕鯨に関しても同じ)
ですから、一部の人がいうように「文化」からアザラシ猟を認めるべきという論は成立しにくく、すれ違いになっていると思われます。
とはいえ、人は動物たちと同じく他の生き物の命を奪って生きなければなりません。どこかで折り合いがつけばいいですね。(引用終わり)
投稿いただいた通り、例えばアザラシ猟に異を唱える急先鋒の団体であるIFAWのサイト(http://www.ifaw.org/japan/node/58051)にも「IFAWは、持続可能な水準で実施されている限り、そして必要のない苦しみを最小限に抑えるために合理的な予防措置がとられる限り、先住民の人々が食糧、衣服、その他自分たちが使う製品のためにアザラシを殺すことに反対はしません。」とあります。
イヌイットの女の子のポスターに関連しますが、イヌイットの伝統的な猟と保護団体との軋轢は今は無いのかもしれません。
ここからはさらなる追記になりますが、カナダの2013年のアザラシ捕獲情報をさらっても大々的な動きは見られないです。
例えばこちらでは「For the first time in almost 20 years, the International Fund for Animal Welfare won’t be sending a team of observers out on the Atlantic sea ice during the spring seal hunt.(ほぼ20年ぶりに、IFAW(国際動物福祉基金)は、春のアザラシ猟の間に大西洋海氷上のアザラシ猟オブザーバーチームを送り出すことはありません。)」とありますし、こちらには「The Department of Fisheries and Oceans has yet to set this year’s total allowable catch. (カナダの水産海洋省は今年の総漁獲可能量を設定していない。)」とあるのでアザラシの毛皮自体が儲からなくなり猟自体が縮小しているのかもしれません。
私自身は冒頭にも書いたとおり別にカナダのアザラシ猟に積極的に実施してほしいというものでもないのですが。。。

ナショナルジオグラフィック2004年3月号

先々週末、慌しく徳島と新潟に行く用事があり、一晩東京に泊まりました。時間があったので東京駅の近くの八重洲ブックセンターに立ち寄りました。さすがに大きな本屋で生き物系の本の蔵書は目を見張るものがありました。送料もかからずにこの日本の外れでもマウスひとつで本を注文できる世の中ですが、やっぱりいろんな本を手にとってずらっと眺められるものは良いものでした。久しぶりに大きな本屋の面白さを感じました。
目に入った本で買ったものが、本日の日記のタイトルのこの本。
IMG_2381.jpg
ナショナルジオグラフィック2004年3月号。こういったバックナンバーを揃えているのもさすがです。
カナダのアザラシ猟について、反対側からも賛成側(猟師側)からも光を当てた特集を組んでいる本です。アザラシ猟をめぐるこれまでのレビューやカナダ政府担当官の捕獲許容量の出し方などにも触れています。
この雑誌が出て7年が経っているので、微妙な数字は現在とは異なるかもしれませんが、アザラシ猟に何か意見を言う方は一読の価値はあると思います。(賛成であれ、反対であれ)
本書を読んでも、私は以前からこのブログで書いているような、アザラシは持続可能な利用を図るべき生物資源のひとつだということ、アザラシを絶滅に追いやる可能性が無い限り猟などの利用を認めても良いのではないかということ、少なくとも異国から事情が良くわからない人が感情的にアザラシ猟に対して意見を言ってもしょうがないのではないか、という意見は変わらず、むしろより強く思えるようになりました。
とはいえ本書のラスト近くに「アザラシ猟は再生可能な資源を正当に利用しているだけとする立場と、タテゴトアザラシはクジラとイルカと同じく一切殺すべきではないと主張する立場のとの間には、いまだに激しい対立がある」とある通り、一筋縄ではいかないのでしょうね。。。
アザラシ猟については当ブログでもここここなどで触れていますので興味のある方はごらんいただけたら幸いです。

アザラシ猟に流血ペイントで抗議(スペイン)

当ブログの「2009年のカナダのアザラシ猟~「アザラシ猟反対」って正しいのでしょうか~」にトラックバックを頂き、標記の記事を知りました。
内容は「スペイン・バルセロナ(Barcelona)のカナダ商務官事務所前で1、動物の権利擁護団体アニマルナチュラリス(AnimalNaturalis)のメンバーたちが、半裸の体に血を模した赤い絵具を塗って、カナダのアザラシ猟に抗議した。」とのこと。(http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2710081/5499682)
アニマルナチュラリストという団体の詳細は私は知りませんが、スペインの団体、もしくはスペイン人のメンバーの抗議なのでしょうかね。
もう深夜なのであまり長々と書く気力はありませんが、とりあえずこの抗議している方々には「スペインの闘牛」はこの団体的にはOKなのかちょっと聞いてみたいものです。アザラシ猟に反対したあと闘牛場に行って闘牛にも抗議してたとかそういうことがあるのかもしれませんが。
トラックバックを下さったlovespoonfulさん、ありがとうございます。トラックバックもとの記事はこちらです。(気付くのが遅くなってすみません。。。)

カナダといえば2010年のアザラシ猟はどうなったのだろう?

バンクーバーオリンピックが開幕しましたね。
私が長野オリンピックを見に行ったのがもう12年前の出来事と思うと感慨深い物です。原田選手たちのジャンプラージヒルは感動しましたね。今の小学生たちには分からないのでしょうね。私が札幌オリンピックの日の丸飛行隊と聞いてもピンとこないように。。。
そんなことはどうでもよくて本題になります。バンクーバーオリンピックが開催されているカナダはアザラシ猟が行われている国。たびたびこのブログでも取り上げてきました。(2006年2009年
*このサイトの管理人はカナダのアザラシ猟には反対ではないので、そっち方面の活動に対しご協力できる所はないと考えています。理由は上記の過去の記事をご参照ください。ただアザラシ猟に関する意見はいろいろあってよいと思います。せっかくですのでカナダ等のアザラシ猟には反対、このサイトにも協力して欲しいというようなご意見のお持ちの方はアザラシ掲示板でご意見をお寄せください。管理人が、なるほど、、、と思えれば当サイトでもご協力できるかもしれませんが、少なくとも上記リンクを貼った2つの記事に対する反論くらいはお願いします。
例年なら2010年のアザラシ猟のシーズンに向けた動きがありそうですが、グーグル等で検索してみてもほとんど情報が出てきませんね。カナダの漁業海洋省のサイトを見ればなんか載っているのかと思いますが、英語のページは元気があるときではないと見られないし。。。
昨年のアザラシ猟をめぐる動きとして、確かヨーロッパで輸入禁止?取引禁止をした国があったような。どうだったかな。もう少し余裕が出てきたらまとめてみたりしたいと思います。

「アザラシ猟反対」は正しいのか~2009年のカナダのアザラシ猟~

2009年のカナダアザラシ猟の記事を見つけました。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2591511/4018018(AFP通信)
毎年春先に行われるこの猟ですが、上記記事によると今年の総捕獲頭数は33万8000頭とのこと。
カナダのアザラシ猟については何回かこのブログでも扱ってきました(たとえばこちら)が、この猟について超簡単におさらいすると、カナダのニューファンドランド島周辺等でタテゴトアザラシ(Harp Seal)の赤ちゃんを捕獲し、毛皮を取るというものです。これに対し、グリーンピース、IFAW、PETAといったいわゆる「動物保護団体」が反対し、カナダ政府に対し猟の中止を求めています。
アザラシ猟についてこちらに上手くまとめられています。さすが農水省のサーバにアップされている文だけあって、過去の経緯、現在の動向(2006年のポールマッカートニー夫妻の反対パフォーマンス時までですが。)が淡々と書かれています。
日本国内でもカナダにアザラシ猟を中止するように求める署名活動を行っているサイトもあり、当サイトにもアザラシ猟の反対運動への協力を掲示板やメールなどで求められたこともあります。しかし、このカナダのアザラシ猟に対して、私は反対する理由を持ち合わせていないので、猟そのものには反対ではありません。よって、このサイトでもカナダのアザラシ猟に反対活動へは今のところ協力するつもりはありません。
もちろん個人的にはタテゴトアザラシの毛皮を欲しいとは思わないですし、アザラシ猟が私の経済的収入等の利益に直結するものでもないので、アザラシ猟に対して積極的な賛成もしませんが。。。
今後もカナダのアザラシ猟に対するいろいろな考えを持つ型が訪れると思いますので、私自身とこのサイトのカナダのアザラシ猟に対する考えを整理しておきます。
まず、カナダのタテゴトアザラシは毎年数十万頭単位で猟が出来るくらいの個体数がおり、増加するアザラシの「食事」によって漁業の対象魚類が減少しているという話もありますし、カナダには猟をするだけの種々の事情(猟によって収入を得ている猟師さん等)もあるでしょうから、異国から事情がよく分からない者が異議を唱えるのには相当慎重になるべき、と考えます。
猟の是非を判断する唯一の基準はタテゴトアザラシが減少し、絶滅の危機に向かっているか否かという一点のみと考えております。タテゴトアザラシが減っているという客観的なデータがあれば猟を含めアザラシの数を減らす行為には反対いたしますが、今のところ、そのようなデータを私は把握しておりません。
さらに、アザラシ猟反対派が唱える猟に反対する理由に、私を納得させるものはあまりありません。
というのは猟法に対する感情論のみが反対の根拠になっていることも見受けられます。上記したとおりアザラシ猟そのものを止めるか否かは、アザラシが減少しているかいないかからのみ判断すべきものと考えます。ですので、猟法が凄惨であるという理由だけで猟そのものに反対とする、というのには私は同調しません。猟法に問題があるならその改善を求めればいいだけの話です。
アザラシ猟自体は銃殺、もしくは金属が先に着いた棒(かぎさお・ハカピック )で殴り殺して行うようです。銃はともかく棒の殴り殺しが動物虐待ではないか!という理由で反対される方も多いようです。確かに人間の目から見れば凄惨な光景です。
でもアザラシ猟を行っている(行っていた?)ノルウェーの大使館のサイト(http://www.norway.or.jp/policy/environment/marine/sealing.htm)には「アザラシは、速やかに痛みを伴わない方法で殺すことが規定されています。猟の道具で許可されているのは、ライフル銃と特別なかぎざおのみです。成長したアザラシはライフルで、子アザラシはライフルまたはかぎざおを用いて殺します。かぎざおによる猟は原始的に見えますが、動物を速やかに殺すには最も適しています。」とあります。
よってカギサオによるアザラシを殴り殺す一見凄惨な猟法にも私は問題は無いのではと思います。
カナダ連邦漁業海洋省もサイトに「Canadian Seal Hunt – Myths and Realities(カナダのアザラシ猟-神話と現実)」というコーナーを掲載しております。
猟の反対派が猟法が悲惨であるとする根拠としてよく言われる「生きたまま皮を剥いでいる」という主張が真っ向から粉砕されており、その猟法も「人道的」であると書かれています。カナダ政府の言い分も100%正しいかどうか判断できるほどカナダのアザラシ事情に詳しいわけではないですが、反対派の意見ばかりではなく猟をする側の情報も知って双方を鑑みて判断するべきでしょう。とりあえず機械翻訳ででも良いと思いますが上記カナダの政府サイトは一見の価値ありです。
繰り返しますが、猟法に問題があるなら上記サイトの内容に対し、反対の根拠を述べ、問題の無い猟法を提示すればよいと思います。
アザラシ猟自体は一般的な日本人から見ると、見た目が凄惨なので残虐な猟だ!と直感で思うのも分かりますが猟の方法については上記の通りノルウェーやカナダ政府のような記載もあります。実は日本の家畜の屠殺方法のほうが非人道的かもしれません。どっちが残酷か比べはこのブログの主旨とは関係ないですが、日本人の感覚で「よくわからないけど見た目が悲惨そうだから」という理由で反対するのは安易でしょう。この猟法に納得できないなら、猟法の対案を反対派は出すべきと思います。どんな猟法なら納得するのかは私もわかりませんが。。。
またアザラシ猟自体の経済収入の話をすると「アザラシ猟による収入は猟師さんの年間の収入の数%だから無くなっても大したことない。」という主張を見たことがあります。とんでもない話です。この話、例えるならば「日本である会社に働いているAさんの4月の残業代は年間収入の数%だから4月の残業代はカットね」と他国の人から言われているようなもんです。アザラシ猟はカナダでは合法的なものです。それを他国の人が収入面に占める割合を指摘して収入を閉ざさせることは自分の身に置き換えると理不尽さが実感できるのではないでしょうか。同様な論法で国民総生産や漁業収入等に占めるアザラシ猟の割合が低いから猟の中止を求めるという論法には賛同できません。
「感情論だけで反対するのが何が悪いのか」、「かわいいアザラシが殺されているのは無条件で受け入れがたい!」といった方もいるかと思います。その感情自体は否定しませんが、賛同はいたしません。アザラシに対する感情論だけで他人(カナダの猟師さん)を悪人のような扱いをしたり、猟師さんの収入を脅かしたりすることは、少なくとも私にはできません。
いろいろな動物を殺しているのは日本の食糧事情でも同じでしょうし。毛皮といったぜいたく品が無くても人間は生きていけるというのも分かりますが、毛皮で線引きをするのはやはり感情論な気がします。食肉は?魚を食べるのは?プランクトンを食べるのは?植物は・・・?
私自身は以上のような考えですが、ヨーロッパでは違うようで、アザラシ猟が残酷という理由で毛皮の禁輸法案を可決しようとしています。(http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20090417-OYT1T01122.htm)記事中には「欧州でのアザラシ禁輸の動きは、「かわいそう」という世論に突き動かされており、」とあります。これに対し「カナダ政府は、アザラシ猟反対派の主張が「感情論ばかりで根拠がない」(ゲイル・シェイ漁業海洋相)とし、禁輸で捕獲量が減ると、アザラシが増えすぎて生態系破壊につながると警告している。」としております。この読売新聞の記事の中身がカナダ政府の事情、EU側の事情が両方とも正しいとすると、私はカナダ政府の主張のほうに理があると思います。だって生態系のバランスを崩すほど増えているんでしょ?ただゲイル・シェイ漁業海洋相もどんなデータからアザラシが増え過ぎていると主張しているのかは知りたいところです。
というわけでこのアザラシ猟を中止するかしないかの焦点はいたってシンプル、タテゴトアザラシの数の増減のみだと思います。猟であれ他の要因であれ、減っているなら反対、それ以外なら猟に反対はしません。私自身もいろいろな情報をお待ちしています。
備考)カナダ漁業海洋省のサイトはアザラシ猟の情報がたくさん掲載されております。
たとえば「Seals and Sealing in Canada (カナダのアザラシとアザラシ猟)」カナダのアザラシとアザラシ猟を紹介するページです。「Canada’s 2009 Seal Hunt(カナダの2009年のアザラシ猟)」今年のアザラシ猟を紹介するコーナーですね。またSearchで「seal」と検索をかけると実にたくさんのページがヒットします。私もすべてには目を通せていませんがカナダの中でもこのアザラシ猟は大きな関心が持たれているのだなと思いました。興味のある方はぜひ読んでみてください。

アザラシ猟の映像を見た人々の反応

以前紹介したpya!というサイトで環境保護団体IFAWが作成したアザラシ猟に関する映像が投稿されました。映像にはアザラシが狩られる様子が写っています。結構キツイ映像なのでご覧になる方はそれなりの覚悟を(ただしこの映像が中立的に撮られているかはpya!内でも議論されています。)
今エントリーではアザラシ猟の是非・あるいは映像そのものについては脇に置いておいてそのビデオを見た人々の反応が興味深いので取り上げたいと思います。
映像及びそれを見た人々のディスカッションはこちらから見られます。
映像を見て投稿された意見を見ると「アザラシかわいそう、猟を止めろ」という意見は少数派のようです。
ピックアップ(多くの人に指示されている)されている投稿は以下のもの。(2006年10月26日現在)
「非常にショッキングな映像ですが、実際アザラシを必要としている人間がいる事も事実であって、その為に犠牲になるアザラシがいる事も事実。新鮮な魚をさばく時は生きたままさばきますよね?それは、よりおいしく魚を食べる為で我々人間が望んでしている事。私は人間が食物連鎖の頂点だとは思いませんが人間の糧になる動植物達を、残さず粗末にせず少しでも感謝の気持で接すれば彼らに対する償いにもなるのではないでしょうか。 」
この意見には私も賛成です。
そしてもう一つのピックアップされている投稿が
「環境保護団体が作るものは全部こんなもの。全体の一部、特に見る人の同情や反感を買いそうな部分のみを編集しています。見たことは無いが、捕鯨調査の船にも某環境保護団体の船が立ち入って取材をし、取材中は愛想よく振舞って見せてカメラをまわし、編集する時はクジラを捕らえる瞬間や解体している部分だけになっていたらしい。今回も同じようなものと予想できる。これが全部と考えるのはとても危険ですよ? 」
この投稿が今回の映像に当てはまるかはともかく、この意見が支持されている状況を見ると、かなり多くの方が環境保護団体を胡散臭く感じているのでしょうか。この他にも環境保護団体を胡散臭く感じている意見もちらほら見られます。私も自然保護団体を全面的に支持するのは危険だと思います。
アザラシ猟に関してもなるべく中立な視点で冷静に見ていきたいと思います。
参考)
管理人のアザラシ猟そのものに関する考えはアザラシ掲示板140番、171番以降のスレッド、及びここの過去のエントリーに書いてあります。
在日ノルウェー大使館内「ノルウェー内におけるアザラシ猟」より。(上記動画はカナダで撮影されたもののようです)

「アザラシは、速やかに痛みを伴わない方法で殺すことが規定されています。猟の道具で許可されているのは、ライフル銃と特別なかぎざおのみです。成長したアザラシはライフルで、子アザラシはライフルまたはかぎざおを用いて殺します。かぎざおによる猟は原始的に見えますが、動物を速やかに殺すには最も適しています。また、親から独立していない子アザラシを殺すことは、法律で禁止されています。
生きているアザラシの皮を剥いでいるかに思える映像を見ることありますが、実際にはアザラシは死んでいます。アザラシの場合は特に動物の死後に見られる筋肉の痙攣が長時間におよびます。これはアザラシが水中で過ごす時間が長いために、血液中に多量の酸素を含んでいることが理由です。(酸素の吸入が途絶えても筋肉が機能することがあります。)
アザラシ猟が解禁になる前に、猟師は毎年ライフル銃の訓練と試験を受ける必要があります。船には、獣医もしくは同等の資格を持つ監督官が乗船し、漁業当局に報告します。」