トド岩に上陸する野生トド=北海道積丹旅行10=

おたる水族館裏のトドの観察の続きです。
トドが海に入ってしまったので、海面観察は少し休憩にして、祝津の灯台の高台からおたる水族館の様子を見ることに。
朝の開館前の水族館。海獣達は起きているけどのんびりしている様子。
150413-0640-IMG_3358.jpg
水族館のトドのオスとメス。野生個体もすぐそこで泳いでいるほど小樽の気候は野生のトドにマッチしているのか、トドも活き活き暮らしているように見えます。海につながったプールで屋外で飼育しているせいかもしれません。
150413-0657-IMG_0342.jpg
、、、と思っているうちに体の大きなオスがトド岩に再度上陸しました。
150413-0641-IMG_0232.jpg
海水で濡れた体が日光でキラキラ光っています。
オスに続いて体の小さなメス?子ども?も上陸。その上をウミウが飛んで行きます。
150413-0646-IMG_0258.jpg
こんな近くで漁師さんの船があっても特に動じず。
150413-0648-IMG_0278.jpg
エンジンを切って、海底の獲物(貝類?)を狙っている漁師さんにはトドもあまり警戒しないのか。漁船を警戒していたら小樽の海では暮らしていけないと思いますが。
150413-0702-IMG_0371.jpg
上陸しているトド群れの近くに泳ぐトドもいました。
150413-0707-IMG_0383.jpg
この日のトド岩の様子。なかなか多くの大小の漁船がトド岩周辺で漁をしたり、航行したりする様子がわかると思います。
コンデジで撮影したので上の写真のような画質とはいきませんが動画もアップしてみたり。

一方、水族館の中のアザラシ。まだ寝ているのか、二度寝なのか、、、。
150413-0824-IMG_0401.jpg
さて時刻も8:30過ぎで日も高く昇ってきました。そろそろ次の目的地に行くか、と思って車を見ると、
150413-0705-IMG_0375.jpg
一昨日の夜のように右前輪のタイヤが空気が抜けて凹んでいる。うーん。一昨日の経験がありますし、ここは小樽という北海道でも大きな街なので慌てはしないですが、どうしたものか。
一昨日はスタンドで空気を入れてから、200kmくらい走っても異常はなかったのですが、やはりバルブが劣化しているのかどこからか空気が漏れているのでしょうね。
ひとまず小樽の街中の早朝から開いているスタンドを求めて移動。こころもちゆっくり車を動かします。
150413-0729-IMG_3367.jpg
小樽運河も信号待ち時にちらっと見るのみ。何度も見ているのでもういいかな、ここは。
運河近くのセルフのスタンドでガソリンを入れつつ、空気圧を測ってみると、0でした。この見た目のタイヤなら仕方ないかもしれません。
150413-0733-IMG_3372.jpg
空気入れで空気を入れてあげると、しっかり適正圧まで入る。
150413-0734-IMG_3376.jpg
一昨日の経験から言っても、今日一日くらいは走り回っても不具合もないでしょうし、あまり考えても仕方ないので、次の目的地に向かいます。タイヤに配慮してまずは5号線で札幌方面へ向かいます。

小樽の海と野生トドの群れ=北海道積丹旅行9=

北海道旅行も3日目にして早いですが最終日。今日の午後には東京に戻ります。
昨日の長時間活動に疲れて20時に寝こけたところですが、早朝、薄明るくなるくらいに跳ね起きます。ちょうど日の出の頃の時間。
出発の用意をしつつ、本日の行動を考えます。思い浮かんだ案は、昨日に引き続き積丹半島先端の神威岬・積丹岬に向かう案が一案。久しぶりにおたる水族館に入館する案が一案、小樽は早々に切り上げ、どこか他のところで時間を使う案が一案です。
積丹半島先端案は昨日の訪問でそれなりにアザラシを堪能し、本日再訪しても時間が経っていないので、あまり昨日と代わりが無いかな、、、と思います。おたる水族館案は一人で行くのも寂しいところ、今回はもう少し野生動物を見たいと思います。3案目が一番魅力的ですが、小樽のあとどこに行くかは決まっていない。。。
旅先の自由で贅沢な悩みを抱えたまま出発!まずは昨日のおたる水族館の裏でアザラシを見ましたので、あのアザラシがどうなっているか見に行こうと思います。
ホテルから10分ほどで水族館のある祝津地区に到着。早速灯台のある高台に上って海の様子を確認します。
150413-0550-IMG_3348.jpg
海は今日も穏やかで凪。朝の光で綺麗ですね。
150413-0549-IMG_9981.jpg
昨日、アザラシが寝こけていた岩は空席になっていました。カモメの類がたくさんいますね。
アザラシはいなかったのですが、珍客がいました。2枚上の写真で右側に小島が写っていますがそこに、、、
150413-0548-IMG_9973.jpg
野生のトド!
しかも何頭かいるようです。
この小島はトド岩と呼ばれておりますが、その名のとおりトドが来るんですね。おたる水族館裏の灯台より祝津パノラマ展望台からの方がトド岩に近いのでそちらに移動。
150413-0603-IMG_0021.jpg
祝津パノラマ展望台から見たトド岩。向かって左端の岩場にトドが。
朝日を浴びてかっこよいです。
150413-0605-IMG_0024.jpg
6~8頭くらいの小さな群れ。
と、そこに漁船が近づいてきました。今日はべた凪の海。天気も良く漁日和。この祝津は漁港がありますし、漁船の往来もなかなかあります。
150413-0622-IMG_0187.jpg
トドの群れは船に向かって吠え出しました。警告と威嚇のつもりかもしれません。寝ているやつもいるようですが。。。
150413-0620-IMG_0141.jpg
それでも漁船が近づいてきたので一斉に海に飛び込む!
150413-0622-IMG_0189.jpg
トドが小樽の海で暮らすのもなかなか大変です。
150413-0632-IMG_0216.jpg
トドは海に入ったあともトド岩周辺や漁船の周辺をヒョコヒョコ頭を出しながら回遊していました。
漁師にとってはトドは魚を食べ、たまに網に引っかかって漁具を壊すこともある厄介者でもあるトド。漁師さんの気持ちからすればどこか行って欲しいと思うのも理解できます。私個人としてはトドと漁業の共生を望むのはもちろんですが、ここでは淡々と見たままを紹介し、個人的な思いを書散らすのみです。
もうしばらくおたる水族館裏の海の様子を観察することにします。