流氷シーズン真っ盛りのゴマフアザラシ 2008年2月11日

(晴れ 気温-12.0℃ 風速4.4m/s: 2月11日6時 紋別)

? 北海道道東旅行も2月11日で三日目です。2月9日、2月10日午前中と 知床で流氷、アザラシ、ワシを堪能し、2月10日の午後から次の目的地であるアザラシの街、紋別に向かって移動を開始します。幸い天気もよくドライブも順 調です。が、やはり北海道は広いし、いろいろ道中気になるものが目に入ってきて、寄り道をします。紋別に着いたころには既に日は落ちていました。この日は 紋別泊。
 翌朝はここ数年、私の中では毎年恒例の早朝ガリンコ号流氷クルーズに乗り込みます。港を6時に出航します。


この日も前日に引き続き天気は快晴!
三年くらい毎年この季節に早朝ガリンコクルーズをやっていますが、今年は最高の天気です。
定刻6時に紋別港を出航します。


徐々に空が明るくなってきます。
流氷は港近くの海にはありませんでした。
2006年の悪夢が頭をよぎりますが、前日の時点で流氷の位置は港から5~10kmくらい。ガリンコ号の射程範囲内です。風も穏やかでしたし流氷にはきっと会えることでしょう。


出航後30分くらいすると無事に流氷原に突入しました。流氷の上にオジロワシとオオワシが並んで止まっています。日の出間近ですがシャッタースピードはだいぶ遅くなりぶれています。申し訳ない。
ガリンコ号に設置してある温度計はマイナス10~11度くらいを示していました。ガリンコ号も動くので多少風も感じ体感温度はかなり下がっています。


そしてオホーツク海の荘厳な夜明けです。
この日の日の出は6:35。
太陽が変な形をしていますが、これは厳冬期に気温と海水温の温度差が大きくなると発生する珍現象で一種の蜃気楼のような物です。今回はそこまで真四角では ありませんが、この現象は「四角い太陽」とか呼ばれており、ヤフーやグーグルで上記括弧内を検索すると関連情報がたくさん見つかります。この現象は北海道東岸のよく晴 れた厳冬期の海沿いの夜明けに見られるようです。
 快晴の中、不思議な太陽と流氷を眺め、満足して紋別港に戻ります。一旦ホテルに戻り朝食を取り、暖まってから再び屋外へ。このサイトでもおなじみのオホーツクとっかりセンターに向かいます。

 


センターのプールにも氷やら雪やらが浮いていました。真冬のとっかりセンターですね。氷の合間からアザラシがぬぼっと顔を出して息継ぎをしていました。


これはメスプールの写真。真っ白な氷が浮いています。
これでも凍えることなく生きているのですからたいしたものです。彼女達にとっては紋別の寒さくらいなら暖かいくらいなのかもしれませんが。。。


動画(1.69MB)

とっかりセンターは一部改修されておりました。水中の様子が見えるガラスをはめ込まれたプールで、水中が見える部分でテント状の仮設施設だった ところがコンクリート作りの立派な通路になっておりました。。私が通い だしてからでもソフト面では目に見えて進歩するセンターですが、ハードで改修されたのは今回が初めてです。センター施設全体から見れば小さな改修かもしれませんが、改修を行ったこと自体賞賛いたします。


氷のプールを泳ぐアザラシたち。
ゴマフ模様には氷がよく似合うと思います。


メスゴマフプールを眺めているとゴマフ模様でないのが一頭いました。
ワモンアザラシのこむすびです。
飼育されているアザラシの配置は日々異なるので、今もこのように飼育されていないかもしれません。


ワモンアザラシのこむすび。
ワモン模様が薄い、むしろ消えています(^^;


動画(270KB)

そうこうしているうちに給餌タイム。
本日は2月の流氷シーズン真っ只中の土日。
多くのお客さんに囲まれて給餌がスタートです。
この写真はオスの給餌の一コマ。


職員さんに寄ってくるアザラシたち。これはメスゴマフの回です。
奥の目を瞑っているのがコムケ(だったと思います(^^;)
職員さんが手に持っているのは目薬かな。


ふれあい広場にはこのような台が設置されていました。転がった時のアザラシ一頭の体高分くらいの高さがありましたが、気合があるのはちゃんとよじ登っていました。


この台は左の写真の通りセンターの名前と日付入りで人間がかがむとちょうどアザラシの顔と人間の顔が同じくらいの高さになります。アザラシとの記念撮影にはちょうど良い高さでした。


とはいえ、アザラシのほうもバケツの魚を狙う気に満ちています。この台に乗っかれば職員さんが立っている時でもバケツが射程距離内になりそうでした。

 

 

 

 


動画(1.36MB)

職員さんとアザラシと。職員さんとアザラシたちの信頼関係が滲み出ているようで、見ているだけで微笑ましくなります。

 


なお、この季節の触れ合い広場はむちゃくちゃ滑ります。シャーベット状の雪と水が混じってぶちまけられている状態です。私がカメラを持ってアザラシを撮ったり眺めたりするのに夢中になっていた ら、見事に体を持っていかれました。職員さんはもちろんほかのお客さんからも心配されるくらいの滑りっぷりで、したたかに腰を打ちました。皆さんはお気をつけ下さい。


元気なとっかりセンターのアザラシ達を見て、満足します。
この日は一時間くらいで流氷シーズン真っ盛りでお客さんの多いにぎやかなとっかりセンターを後にしました。

 

 

 とっかりセンターの後は恒例のオホーツクタワー方面へ。センター職員さんから「野生のアザラシがオホーツクタワーの前辺りをうろうろしている」とうかがっておりましたので。
 ボケボケ歩きながら海上の氷を眺めます。オホーツクタワーの真ん前の堤防前の雪の山(というほどの山でもないですが)を少しよじ登り、堤防の上に顔を出して タワー前の港内を双眼鏡で見渡すと、一頭のゴマフアザラシが氷の上に転がっておりました。我ながらアザラシを見つけるのが上手くなったものです。堤防から は結構遠くで100m位はあったかもしれません。雪山の上に腰と三脚を据えアザラシを眺め回します。

 


氷の上に転がるアザラシとカラス。カラスはアザラシにちょっかいをかけにきたのでしょうか。「何か変なやつがいるなぁ」とでも思って降りたのかもしれませんね。


アザラシはカラスをあまり気にかけていないようですが、不意に首を上げて威嚇するような仕草をするとカラスは飛んでいってしまいました。カラスは「転がっているだけのつまんないいきものー」とか思ったのでしょうか。


ゴマフ模様が見えますね。ゴマフアザラシです。


何か眠そうな顔をしておりました。氷や岩の上に転がる野生のアザラシは大抵眠そうな顔をしておりますが…。


と、そこに超満員のお客さんを乗せたガリンコ号がやってきました。
おそらく船内アナウンスで「右舷前方にゴマフ一頭発見」とか流れているでしょうから、お客さんも右舷にびっしり並んでいました。アザラシは驚いて潜るかと思いきや、気にしないで転がっていました。


左の写真のガリンコ号が今度は帰港してきました。速度を落としてエンジンの回転を下げ、件のアザラシに近づいていきます。アザラシは写真右上付近にいます。ちっちゃくて見えないけど(^^;

 


ガリンコ号がアザラシに近づいて行きます。写真右上の大きな氷の上にアザラシが転がっております。
よく考えると私はガリンコ号乗船中に上野生アザラシを見たことは無いです。私がガリンコ号に乗るとアザラシが姿を消す説。

 さてさて、続いてはオホーツクタワーを離れ、港へ。実は先ほどのとっかりセンター訪問中に紋別のアザラシ情報を発信しているpramonさんにお会いすることができ「港のほうにもアザラシがいるようです。」という情報をいただいていたので、ちょっと行ってみます。
 港についてびっくりしました。あっさり氷の上に転がる一頭のゴマフアザラシを見つけたのはともかく、岸壁のものすごい近いところにゴマフアザラシが転がっていることに驚きます。転がっていたアザラシはかなり小型だったので、子供のアザラシかもしれませんね。

ここでは双眼鏡でどこにいるかなぁ、と探したら肉眼で見える距離に転がっていた!みたいな状況でした。私もアザラシに気付かずに近づいており、アザラシに気付いた時には、既にアザラシが涎を垂らしながらこっちを見ていました。
とりあえず後足の隙間から覗いているのはうんこでしょうかね(^0^)大海の活力です。なお、この写真を拡大すると、このアザラシが放尿中なことが分かる のですが、彼(お腹側の生殖器の位置からこの個体は雄です。)の名誉のためにも拡大写真を載せるのはやめときます。このサイトに掲載している種々のデータの うちアザラシの放屁動画の次に珍しいデータかと思います。

 


この写真は、サイト掲載に当たって縮小はしておりますが、ノートリミングですし、撮影記録を見たらカメラの光学ズームを全部繰り出さないで撮影したようです。。。
涎やうんこなど体からいろんな物を垂らして純白の氷の上に転がっていました。後足の滴り具合がなんとも・・・。


不意の訪問者にも慣れると再び眠そうな顔に戻っていきました。ちなみにアザラシまでの距離は5m有るか無いかです。豊頃大津港のコロちゃんを除けば野生のアザラシで人間がここまで近づいても動じないで寝ている個体は見たことがありません。ひょっとして人間に飼育されたことがある個体かもしれませんね。


涎垂らして幸せそうな顔で眠りに戻っていきました。
日が暮れて気温も下がってきたので私も紋別を後にします。

?今回のアザラシを追いかけつづける旅はここまで!紋別から女満別空港に移動し北海道を後にします。今回は知床でも紋別でも毎日野生のアザラシを見られましたし、なかなか濃い旅ですっかり満足して東京に戻ってきました。

紋別港の野生ゴマフアザラシ 2007年12月24日

 12月24日のとっかりセンターのクリスマスイベントに参加するつもりとブログに書いた所、本サイトともリンクをしているHappyあざらしblog♪ 『 晴れ晴れ 』のあやさんから、ガリンコ号ステーションに野生アザラシが出没しているという情報を頂きました。私の訪問の数日前にセンターを訪れたあやさんによると、ガリンコ号ステーションに連日のように数頭のアザラシが現れているとのことです。
 そこで紋別に到着し、センターのクリスマスイベントまで時間があったので、とっかりセンターに行く前にガリンコ号ステーションに向かいます。車から見えてきた港内 を見渡すと早速アザラシが泳いでいました。港に到着する前に発見です。管理人の野生アザラシ発見最速記録をあっさり塗り替えました。車を降りてじっくり眺めます。


水面付近を泳ぐアザラシ1頭。


アザラシの影と港内。
港内には船も停泊しております。


私が訪れた際は2頭のアザラシがうろうろしておりました。


お互いを見つめる2頭のアザラシ。


水面から吻部を出すアザラシ。


動画(1.8MB)

こんな顔をしております。海坊主です。


耳の穴が目立つ写真です。音を聞いているのかな?


模様からゴマフアザラシですね。


なかなか凛々しいアザラシです。


カメラの望遠機能を使わないとこんな具合です。
写真右手に写っているのはオホーツクタワー。

 ガリンコ号乗り場周辺は冬期によくアザラシを見かけられる場所のようです。そういや冬期にとっかりセンターを訪れると職員さんが「港内で野生アザラシを 見ましたよ」とよく教えてくださいます。とっかりセンターの訪問のついでに、ガリンコ号乗船のついでに港内でアザラシを探してみるのも一興です。

 情報をくださったあやさん、センターの職員さんありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

2007年12月29日作成

ガリンコ号とオホーツクタワーの野生アザラシ 2006年2月19日

(*音のない動画は、風の音などが大きく入っていたため音声を消したものです。)

→1、流氷の無い早朝のオホーツク海を行く流氷砕氷船ガリンコ号

→2、オホーツクタワープロムナードに住むとっかりセンターからの出張アザラシ

→3、オホーツクタワーから見た野生のゴマフアザラシ・オジロワシなど


1、流氷の無い早朝のオホーツク海を行く流氷砕氷船ガリンコ号

 さて2月18日の午後に紋別入りをし、翌2月19日の早朝はガリンコ号に乗って流氷のオホーツク海へ航海です。ガリンコ号は一番早い朝5:45発の早朝便を予約してありました。ですので、朝4:30に起き、まだ日が昇らない真っ暗な 中、とっかりセンターの前にあるガリンコ号乗り場に向かいます。
 何でこんな時間の便にしたかというと、単純に他の便が満席で予約が取れなかったからというのが一番の大きな理由です(^^)その他にもせっかく見るなら流氷の海から上る朝日を見てみたかったこと、乗りやすい時 間にはお客さんが殺到しますから団体旅行に巻き込まれるのが嫌だったということなどもあり、他の便に空席があったとしてもこの便に乗ったと思います。
 ガリンコ号乗り場についてみると「本日は流氷が沿岸付近に無く青海航海のため運賃を割引をします」と案内されます。どういうことかというと、今年は流氷がほとんど接岸していな いそうで、この日も流氷は沿岸から30kmほど離れた位置にあり、流氷を見ることはできないので、通常運賃3000円を2100円にすると のことです。私はオホーツクタワーの入場券とセットの乗船券を2700円(2800円だったかな?)で購入しました。

 乗船は客が先着順に並んで、その列順に行っておりました。ガリンコ号は二階建てで、一階は前方に向かってのイス席、二階は窓に向かって並んだ長いす席と屋上となっ ております。雰囲気としては一階のイス席から埋まっていったようです。が、アザラシ探索には左舷も右舷も見たい、ガラスもほのかに邪魔、というわけでアザラ シ探索をしやすいと思ったのは屋上なのですね。また出航後、かなりのお客さんが屋上デッキに出てきていたので、イス席にもかなり空席が出ていました。ですから乗船時に並ぶメリットはあまり無いかもしれません。
 また私が乗った便は早朝便だったため比較的空いており自由に左舷・右舷を行き来できました。しかし満席便では、その出航風景を見ると屋上の両舷に鈴なりに人間が連 なっていたのでなかなか自由が利かないかもしれません。

 私は乗船時は長いすに座っていたのですが、出航後、ほのかに周囲が明るくなってきた頃から港に戻るまで屋上デッキをうろうろしておりました。とっても寒かったです。


この写真はガリンコ号乗り場の向かいにあるとっかりセンター。5時20分頃の夜明け前に撮影した写真です。月が出ていました。アザラシたちはごそごそしているようで時折オスゴマフのぶーぶー鳴く声が聞こえてきました。


出航後、ほどなく夜が明けます。
この日は流氷が無い上に、天気のほうも雪がちらつく空模様できれいな日の出も見ることができませんでした。


動画(1.34MB)

流氷が無いので乗船時には「青海航海」と案内されていました。しかし、実際には海の表面にシャーベットのようなうすーい氷が漂っていました。もちろんこの程度ではガリンコ号がガリガリするほどのものではありません。


動画(956KB)

一時間ほど航海して港に戻ります。遠くに見えるのはオホーツクタワー。流氷ではないものの海に氷が漂っている風景自体なかなか見られないものですから、観光客の皆さんはそれなりに納得していたみたいです。


ガリンコ号乗り場には氷でできた
白鳥の彫刻が置かれてありました。


ちなみにこれが流氷に覆われた海。
ちょうど一年前の2005年2月19日に網走のオーロラ号に乗ったときに撮影した写真です。ガリンコ号でこんな海を航海してみたいものです。


センター・ガリンコ号乗り場周辺は前の週に
もんべつ流氷まつりの会場になってにぎわったようです。


これが流氷まつりメイン氷像の国会議事堂を模した氷の建造物。
祭りはすでに終わったものの、祭り会場は残してあり氷像・雪でできた巨大迷路・氷の滑り台などが残っていて自由に遊べます。
この日も家族連れが遊んでいました。

 


 食べかけの写真で申し訳ない。こちらはガリンコ号乗り場のラーメン屋・西やさんのラーメンの写真です。こういった場所の食堂は不味いか 可もなく不可もなくかという店が多いと思いますが、ここのお店は美味しいです。こういう場所にありがちなカニラーメンとか出してないし。
ラーメンは嗜好品なので好みはあるかと思いますが、札幌のラーメン横丁の店よりこちらのほうが数倍美味しいです。驚きました。
こちらのお店は最近ガリンコ号乗り場に引っ越してきたようで以前は市街で営業していたそうです。私は味噌が一番好きです。
ただ場所が場所だけに流氷シーズン以外はやっていけるほどお客さんが入るのか少し心配です。とっかりセンターに行ったら毎回寄りたい味なの でがんばって欲しいです。

 


→2、オホーツクタワープロムナードに住むとっかりセンターからの出張アザラシ

 さて、ガリンコ号を降り、一回ホテルに戻って仮眠をした後、次はオホーツクタワーを目指します。pramonさんのサイトに タワー周辺で野生のアザラシが目撃されているとの情報が掲載されていたので、私もぜひとも野生のアザラシを見つけてやろうと勇んでタワーに向かいます。タワーは 堤防状のプロムナードを500mほど歩いていきます。(注:ガリンコ号乗り場から電気自動車による無料送迎があります)タワーに向かう途中で前方からとっかりセン ターの職員さんが歩いてきました。これからプロムナードの途中にあるプールで飼育されているアザラシの給餌をするとのことです。コチラを拝見してからタワーに向かう ことにしました。アザラシプールに向かう途中、職員さんに野生アザラシについて聞いてみますが「ここ数日は見かけられていない」とのこと。うむむ…。そして 今年はほんとに流氷が少ないとのことです。


動画(1.62MB)

ハルとアグの給餌風景。
二人ともオスのゴマフアザラシです。


動画(2.32MB)

ハルが足に怪我をしているようなので、消毒薬をかけたり様子を見たりする職員さん。アザラシの健康管理も大事な仕事ですね。ハルは逃げようとしますが…(^^;


これも二人の給餌解説風景。
このプロムナードプールは無料で見ることができます。


プロムナード周辺の海の様子。
港内は結氷が進み、氷が厚く張っている場所もありました。


ガリンコ号の午後第一便が出航していきました。
この日は早朝便以外満席。
二階の屋上デッキに人があふれています。


プロムナード周辺の海を泳いでいた鳥。
多分ヒメウ。


→3、オホーツクタワーから見た野生のゴマフアザラシ・オジロワシなど

 さて、プロムナードアザラシの給餌も終わったので今度こそオホーツクタワーを目指します。オホーツクタワーはプロムナードの先っぽと橋状の廊下でつながっており、海から建っている施設です。
 タワーの最上階は喫茶施設を備える展望階で、ここからコーヒーでもすすりながら優雅に野生アザラシを探したい、と思っていました。しかし、先ほどとっかりセ ンターの職員さんに「ここ数日野生のアザラシは見かけられていない」という話を聞いていたので半分あきらめモードで入場します。入場したのちガラス張りの窓からなんとなく西側方 向を眺めると…、一枚大きな氷が海に浮いていて何か黒っぽいものが上に乗っかっているのが見えました。手持ちの双眼鏡で覗くとアザラシの背中っぽく見え ます。急いで最上階の屋外テラスに向かい双眼鏡を向けます。


いました!野生のアザラシです。大きな氷の上に転がっていました。距離は直線で150~200mといったところでしょうか。デジカメの光学ズームを目いっぱい使って(35mm換算で380mm)撮影しました。


動画(547KB)

野生アザラシの動画です。
遠いですし、転がっているだけなので、
動きは首を上げたり下げたりするのみです(^^;


この画像ではアザラシの目も確認できます。
ゴマフ模様は見えません。毛が乾いているのでしょうか。


これはオホーツクタワー備え付けの望遠鏡(展望台とかによく設置してある100円を入れると数分間見られる望遠鏡のようなもの)の接眼部にデジカメのレンズ部分を当てて撮影という裏技で撮影したもの。
思ったよりきれいに撮れてびっくりしました。
この写真ではゴマフ模様が確認できると思います。


同じように裏技で撮影したもの。
こちらの写真では目が確認できますね。
結構大きかったので大人のゴマフアザラシかな?


オホーツクタワー展望階はこのように海に向かってイスとテーブルが並べてあります。喫茶設備もあるのでケーキやコーヒーを飲みながら優雅にアザラシや流氷の見物ができます。
ちなみに野生のアザラシが乗っていた氷は中央やや右上の海上にある横に長い白い線状に写っているものです。

 

オジロワシ
動画(968KB)

アザラシを見て満足していたらタワーの職員さんが別の方角にオジロワシがいるのを教えてくれました。タワーから100mほどの離れ堤防の上にオジロワシが4~6羽群れていました。

 

 

 


動画(603KB)

オジロワシの飛行の様子。
画像の背景は上で紹介したもんべつ流氷まつりの会場です。

 

 

 


動画(702KB)

これもオジロワシの飛行シーン。やはり迫力があります。
ただオジロワシは流氷シーズンになるとオホーツク海側に大量にやってくるので、この季節の紋別近郊では珍しい鳥ではないです。

 


デジタルズームも繰り出してみました。
普通に堤防に止まっていますが、
オジロワシは天然記念物に指定されている貴重な鳥です。
個人的にはオオワシよりオジロワシのほうが好きです。

 


これがオホーツクタワーの外観。プロムナード側から見た写真です。
海の下にも展示施設があって海中の様子を観察する施設があり、
流氷の海に暮らす魚の飼育展示も行っております。

 


オホーツクタワー地階で飼育・展示されているオオカミウオ。
北日本に住む魚です。他にもクリオネなども展示されていました。
魚たちを眺めていると、先ほどプロムナードのアザラシに給餌をしていたとっかりセンターの職員さんがやってきました。
センターの職員さんはここの魚たちの面倒も見ているそうです。
 流氷は見られなかったものの、野生のアザラシを見ることができてなかなか良い訪問でした。次こそは一面にひろがる流氷を見たいもので す。タワーからの帰り道は送迎用の電気自動車にガリンコ号乗り場まで乗せていってもらいます。その電気自動車の運転手さんと話したのですが、今年はほとんど流氷が 来ておらず、20年、30年前より明らかに流氷の量が減っているとのこと。そしてこの調子だと50年後にはガリンコ号は廃業しているかもしれない、と冗談交じりでおっ しゃっていました。やはり温暖化の影響なのでしょうか。私も含め観光客はガソリンやらの化石燃料を消費し温暖化に寄与しながら紋別にやってきているわ けなので少々心が痛みます。二酸化炭素の排出を多少なりとも下げたいものです。