もうすぐ春の網走湖!アザラシはいるかな? 2014年3月8日

 (薄曇-0.9℃ 風速6.2m/s:3月8日12時網走)

 久しぶりの春の北海道東旅行。釧路周りでタンチョウやオオワシを見て、網走方面に移動してまいりました。釧路から列車で網走に着き、駅前でレンタカーを借りて、まずは網走湖へ。
今回はアザラシ的には”堅気”の一般人な知人も同行しているのでアザラシの追求はライトな感じでちょちょいと出来ることのみに抑えています。

 そういう意味で、網走湖はアザラシがいれば、車を降りて5秒くらいでアザラシを見ることができる超お手軽なポイント。ということでレンタカーを運転し、網走湖にやってまいりました。

 アザラシはいるかな?


無念・・・。お手軽な分、勝負は一見で付いて、アザラシはおらず。


ここは網走湖の結氷した面と結氷しない流出口の境目の氷の上にいるのですが(アザラシがいる時の様子は過去の訪問記録をご覧ください)


網走湖の水面にはホオジロガモの群れが浮かんでいました。そういえば以前もここでアザラシとホオジロガモを見た覚えがあります。


春が近いのか、だいぶ氷も薄くなっている様子。

 アザラシがいないのは無念ですが、仕方が無い。このあとは能取岬にも行く予定なので、そちらのほうでアザラシを探してこようと思います。
 なお今回の旅行は女満別空港から羽田に戻ります。ので、明日もちょろっと帰る前に網走湖によってアザラシチェックだけは行うつもりです。明日はアザラシがいるといいのですが。

 翌日の網走湖の様子については↓に掲載しております。

?春の網走湖 Ⅱ 2014年3月9日 (晴れ -2.2℃ 風速2.5m/s:17時網走)

 昨日は上述の通り、網走湖によった後、能取岬や知床のウトロで遊んで、明けて本日にはもう東京へ戻ります。慌しい旅行です。東京には女満別空港から戻るので帰る前にもう一度だけ網走湖によってみることにしました。ただ知床で遊びすぎたのと冬は日が短いので網走湖に着くころには日も落ち掛けです。


アザラシ的にはまたもや空振り・・・。無念。
ただ、氷の上に大きな鳥が2羽止まっていました。


オオワシとオジロワシです。貫禄がありアザラシよりこちらのほうが人気のある生物かもしれません。


もう一羽、ワシがやってきて、なかなか激しい動き。


羽をバサバサしていました。


湖畔の森からキタキツネが出てきて氷の上に座っていました。ワシ達の喧嘩を眺めてすぐに森の中へ戻っていきました。


昨日もいたホオジロガモたちも夕日の中で羽繕いしたり丸まったり休んでいます。

 日も落ちて暗くなってきたので、写真を撮るには厳しい。日が落ちるとあっという間に寒くなってきますので、早々に切り上げ女満別空港に向かうことにしました。

2014年3月15日作成


網走湖にアザラシが来ているようです

皆さん、あけましておめでとうございます。もう一月も半ばを過ぎてのご挨拶で大変恐縮です。今年もマイペースで更新をしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
さてさて、網走湖には早くもアザラシが訪れているようです。もちろん私が実物を見たわけではないのですが、映像を拝見したところ、このサイトでも紹介している網走湖の湖口の辺りにいるのではと思います。近くにお住まいの方、訪れてみてはいかがでしょうか。
IMG_2954.jpg
この写真は網走湖で撮影した物ではありません。分かる人は一発で分かると思いますが抜海港ですね。昨年の冬に撮影した物です。現在この訪問した際の写真やら動画やらをサイトにアップすべく作業しております。公開はだいぶ先になるかな~。

早春の網走湖のゴマフアザラシ 2008年3月22日

 (曇り-0.7℃ 風速3.9m/s:2008年3月22日10時 網走)
??
 2008年に入って4度目の北海道です。先回北海道に行ったのは2008年2月の知床半島羅臼町。約一ヶ月ぶりですが、北海道に行くのはかなりのハイペース。しかも今回は1泊2日の強行軍です。ここまで強行したのは、こんな事情になることが 決まってたからです。東京(羽田空港)は北海道各地の空港に直行便が飛んでいる場所です。時間的には札幌よりも短時間で道内各地にアクセスできる素敵な場 所です。そこを離れるわので、行ける時に行っとけーってなもんで、こんな強行日程を組んだわけです。

 まずは女満別空港に降り、車を借りて39号線沿いの網走湖湖口へ。最も簡単にアクセスしやすい野生のアザラシを観察できる場所といっても過言ではないと 思います。(もちろん季節・運には大きく左右されますが)
 車の中からでも氷の上に転がっている姿を見つけることができました。


この日は四頭のゴマフアザラシが氷の上にいました。

 


(動画1.0MB)

ホオジロガモが泳いでいました。
アザラシのほうでもたまに泳いでいる個体もいました。

 


たまにこっちを見ます。


きょろきょろしては眠りに戻るの繰り返し。
彼らを眺めている時は日常の慌しさを忘れられます。


水鳥達もアザラシたちには近づいて行きます。
アザラシのほうも水鳥にあ気兼ねすることもなく転がっていました。

 

 


あまりアザラシとは関係ないのですが珍しい写真をとれたので紹介。これは飛行機の中から撮影した阿寒湖の上流にあるペンケトーという湖です。白いのは氷か その上に積もった雪でしょうか。ペンケトーは一般人が近づくのが非常に困難な湖です。

 網走湖はいつも通りの網走湖でした。ここは何度も来ていますし、ある意味この湖口以外あまり見るポイントもないですし、明日も来る予定ですのでチラッと 見て次の目的地である能取岬へ向かいます。

2009年11月3日作成

春先の網走湖に転がるゴマフアザラシ

 2007年3月6日、 親父が北海道に遊びに来て、オホーツク方面に行ってきました。どこに行きたいか訪ねると「冬のオホーツク海側を延々と北上してみたい」とい う妙な希望を述べたので、まずは札幌から網走まで移動します。網走についた後、父は「網走刑務所に行ってみたい」との事でしたので、網走刑務所から程近い網走湖に寄ることを提案します。野生のアザラシを見せてあげたかったですし、2週前の網走湖訪問で湖上に転がっているアザラシを見つけたので、おそらくまだ転がっているのではないかなという 読みもありまして。

 刑務所を訪れた後、網走湖によりますと案の定、アザラシが転がっていました!半分水没しながら…。


動画(1.88MB)

転がっているアザラシ。

 


呑気に昼寝をしているように見えますが
体の半分は水没していました。


等倍でアザラシ部分を写真から切り抜くとこんな状況です。
溺れないのかな?


網走湖の様子。
先回の訪問に比べると氷が後退しています。


網走湖にいたカモの仲間とトビ?
野鳥の豊富な土地です。


アザラシと野鳥は特にお互いに干渉しあうでもなく暮らしていました。


湖上の完全に氷が解けるにはまだ一ヶ月以上先の話です。
それでも少しずつ春に近づいています。

 網走湖を後にした我々は、この日はオホーツクとっかりセンターに寄ったり、翌日は稚内の抜海港で野生アザラシを見たりとアザラシ三昧な旅を続けることになりました。

2007年7月16日作成

網走湖湖口の野生のゴマフアザラシ 2007年2月28日

 

2007年2月25日、ちょうど一年前に野生アザラシが転がっているのを見た網走湖にそろそろアザラシが転がっているかなと思い見に行ってきました。実は2週間前の2007年2月11日にもここを訪れていたのですが、そのときはアザラシを見ることは出来ませんでした。

今回の訪問は夜行列車で札幌を発ち、2月25日(日)の早朝6時15分に網走駅に着き、その後レンタカーを借りて網走周辺を周り、その日の札幌行き最終 列車で帰ってくるというなかなかの強行軍日程です。ちなみに今回はJRの切符・網走の流氷砕氷船おーろら号・夜行リフレッシュクーポン(朝食バイキング・ 入浴)がセットになっている切符(13500円)を使いました。網走~札幌を往復するならバスの往復のほうが安いのですが、おーろら号のチケットに加え、 シーズン中は6時30分から営業している駅レンタカーを割引料金で使えるのもこの切符の魅力です。レンタカーがないと早朝の網走での移動の手段が無いです から…。ただ、せっかく早朝 からレンタカーを予約したものの、携帯電話を特急の中で落としてしまいそれを探していただいて出発が7時30分くらいになるという失態を管理人はしてしま いましたが…。(携帯電話は無事に見つかりました。)

何はともあれ朝ごはんを食べて、網走湖湖口に向かいます。湖口に着き遠めに見ると去年アザラシを見た付近に何かモコモコしているのがいっぱい群れていました!
アザラシかと思い近づいてみると…。


早朝の網走湖。
まだ太陽が昇りきっていないので湖面には影があります。氷の上になにやらモコモコしたのが転がっています。

近づいてみると首を体に突っ込んで寝ているハクチョウでした…。アザラシマニアはがっかりします。鳥マニアにとってはハクチョウのほうがありがたいかもしれませんが…。

網走湖の下流にある塩水溯上阻止実験ゲート。
網走湖に高潮時に海水が入って来るのを阻止するためのものらしいです。去年もあったけどアザラシはいました。今年はこいつが活躍しアザラシの溯上も阻止しているのかと疑いました。

辺りを見回してもアザラシの姿は ありません。ここは網走湖と網走川の湖口の境にアザラシがいなければアザラシは見られません。粘るのも手ですが網走川~オホーツク海の間にいるかもしれな いですし、それほど数は見られない場所ですし、この日は流氷砕氷船にも乗る予定ですし、アザラシが見られる可能性の高い同じ網走の能取岬にも行く予定ですので、一回この場所を離れます。

能取岬で野生のアザラシを見てから、おーろら号で流氷のほとんど無い海を航海した後、再び網走湖を見に来ます。2週前に来たときもアザラシはいませ んでしたし、今年は「アザラシが網走湖に溯上してきた」という話を全く聞いていなかったので、8割方「いないだろうな…」と思いながら到着します。

しかし、ハクチョウとは明らかに違うモコモコしたのがごろんと転がっていました。車の中からでも「アザラシ」とわかりました。ハクチョウも起きて凍った湖の上を歩いていました。


動画(3.31MB)

網走湖上に転がるアザラシ。
ころがっとるだけなのであまり動きの無い動画です。
網走湖は幹線国道に面しているので車の音が動画に入っています。

動画(599KB)

本日転がっていたのはこの一頭だけ。
体の上半分は乾いていました。これも動きの無い動画…。

網走湖のハクチョウとアザラシ(奥)。
お互いに無関心のように見えました。

飛び立つハクチョウを眺めるアザラシ。

カメラの広角側で撮るとこんな具合です。
去年より氷の張り具合が甘いせいか若干アザラシが遠かったかも。

一頭で転がっていました。
哀愁が漂っていました。

この日は夕方近くまで網走にいました。
日没の網走湖。

夕暮れの中、一頭で氷の上に転がるアザラシ。
そのはぐれっぷりに、ちょっと親近感。

札幌~網走発着の特急の車内から網走湖を林越し見ることが出来ます。アザラシが転がっている付近も通るので、帰りの列車の車内からその付近 を撮った見ました。もうほぼ夜でアザラシは鮮明に写っていませんが、生息地付近の確認は可能でした。アザラシが見られるのはおそらく2~3秒ですが、網走発着の 特急に乗った際は網走湖に注意してみてはいかがでしょうか。
双眼鏡があったほうがいいかな?

2007年2月28日作成

網走アザラシ旅行

先回のブログにも書いたとおり網走に流氷やアザラシを探しに来ました。
土曜の昼間に用事があったため昨夜の夜行で札幌を発ち朝からレンタカーを借りて網走を回り、ただ今札幌行きの特急の車内です。
おそらく札幌に着いたらパソコンを立ち上げる気力も無くそのまま寝てしまうでしょうから、列車内から今回の旅行の釣果を報告します。
1)流氷-流氷本体は沖に出てしまい流氷は見られずでしたがはぐれ氷や浜に押し寄せた氷は沢山ありました。
2)アザラシ-能取岬と網走湖で野生のゴマフアザラシを見ました。網走湖は昨年のレポと同じ場所に転がっていました。能取岬は今まで見た野生アザラシの中で最も遠くにアザラシいて、しかも上陸個体はおらず、遊泳しているアザラシのみ、流氷の残骸や水鳥がアザラシの頭っぽく見えるという観察にはかなり厳しい条件でした。写真のほうもおそらく鮮明には写ってないでしよう(^_^;
3)その他-流氷砕氷船のおーろら号からはオオワシを二羽、おーろら号から見かけました。オオワシは線路・道路端にもいました。白鳥も濤沸湖、網走湖、能取岬でたくさんみかけました。カモ、カモメの類も沢山見ました。鳥の種類をよく知らないのがちょっと悔しい。勉強したくなりました〓
ざっと振り返るとこんなとこです。強行軍日程にしては実りの多い訪問でした(^ー^)
明日からは普通に平日生活です。三週連続して週末はアザラシの尻を追い掛けています。過労死しないようにしないと、自分。