アクアマリンふくしま~その6 夕暮れのアザラシプール~

アクアマリンふくしまの一連のコーナーも本記事で最後です。 さて感心したり驚いたりしながらアクアマリンふくしまを一通り見たころには日も傾きほぼ夜。時間は17時前なのですが、秋は日が短い。。。屋外施設の水族館には辛い季節です。 ただ夜のほうが動く生き物もいますし、お客さんも少なくなるのでゆっくり生き物を観察できるのもこの閉館間際の時間。アクアマリンふくしまも閉館まで30分以上あるのにお客さんもまばらになっています。 せっかく来たので、出てしまうのももったいない。アザラシをもう一度見に行くことにしました。 アザラシプールは夜の雰囲気。ライトが灯っています。

 …この続きを読む

アクアマリンふくしま~その5 バックヤードツアー・カワウソ・屋外施設・シーラカンス・・・・~

アクアマリンふくしま特集も「その5」まで来てしまいました。いやー、盛りだくさんな水族館で、載せたいことがたくさんありまして・・・。 さて、次はバックヤードツアーの話です。アクアマリンふくしまのバックヤードツアーはボランティアの方が解説を担っていました。大体10人前後の申込者が集まると随時出発という感じでしたがいつもそうなのかな?この日(10/12)は三連休ですので来館者も多く、大して待たずに参加できました。 水族館の裏方の様子にくわえ震災発生時の様子や被害も教えていただきました。なかなか受け止めるには思い話もあります。どちらかというと飄々と語られていましたが、それが帰ってリアリティーが増します。 濾過槽や配管など地味な場所の紹介が多かったのであまり写真は無いです(^^; このパネルは濾過方式の違いを説明したパネル。なかなかマニアックです。個人的には非常に面白かったのですが。。。

 …この続きを読む

アクアマリンふくしま~その4 ふくしまの海~

アクアマリンふくしまのテーマはふくしま沖の潮目の海。暖かい黒潮と冷たい親潮がぶつかる海のこと。多様な魚が取れる豊かな漁場です。 この潮目の海を再現した水槽がアクアマリンふくしまの最大の水槽。写真左に移っている三角のトンネルを境に右側はマイワシやカツオ・マグロが泳ぐ黒潮の海。左側は冷たい親潮の海。親潮は冷たいほう。「親は冷たい、と覚えろ」といってた中学の社会の先生、元気かな。そろそろ定年くらいの年齢になっている気がするけど。

 …この続きを読む

アクアマリンふくしま~その3 豪快なトド!~

アクアマリンふくしまのアザラシプールは北の海の海獣・水鳥コーナーということで、トドとエトピリカ・ウミガラスが近所に暮らしています。水族館中の一つの目玉でもある大きな体の海獣類の展示を、外国人助っ人勢に頼むでもなく、国内の海獣で攻める姿勢は好きです。 トドは、年齢構成も近い3頭。

 …この続きを読む

アクアマリンふくしま~その2 ゴマフアザラシプール~

アクアマリンふくしまのアザラシコーナー。「北の海の海獣・水鳥」コーナーの一角にいました。本館屋上部にあります。大きなアクリルの屋根に覆われているので半屋外といったところ。10:30と15:50に給餌があるようです。 アザラシはゴマフアザラシ一種のみの飼育。

 …この続きを読む

アクアマリンふくしま~その1 いわきを目指そう~

10月の12日・13日・14日は体育の日の三連休。せっかくの三連休、最近アザラシ分が不足しているのでアザラシ分を補給したい。アザラシを見に北海道に行こうかと思ったのですが、この連休はLCC含め手ごろな便は席がふさがっているのと飛行機の料金が通常より高めになっているので、何か負けた気になるし、野生アザラシシーズンには若干早いということもあり、躊躇します。そこで、手ごろな旅行気分を味わえる東北の未踏の水族館を回ることにしました。 一つは福島県のいわき市にあるアクアマリンふくしま。言わずもがなの東日本大震災で被災した地域。水族館も大きなダメージを受けたと聞きます。2008年からは一年くらい仙台に住んでいたので東北地方には浅からぬ縁を感じています。アクアマリンふくしまは東北でも最大級の水族館との認識はありますし、新潟の …この続きを読む