8年ぶりの円山動物園 2012年11月18日

(雪 気温3.3℃ 風速 9.9m/s:11月18日11時札幌)

 昨日のおたるに続いて、本日は札幌市円山動物園に向かいます。円山は2004年以来、8年ぶりの訪問。8年といったら小学3年生が高校1年生になってしまうくらいの歳月、と思うとずいぶんご無沙汰ですね。私自身も大学生から社会人になっていますし。

 円山動物園自体は北海道最大の都市、札幌市が運営するだけあって北海道内でも最大級の動物園です。旭山動物園の成功を受け道内各地の動物園・水族館が息 を吹き返している感があり、円山もなかなか元気な動きがあるようで、アザラシ以外でも期待して行きます。札幌市街から車で20分程度の非常に便利な動物園。

  駐車場に車を止め、早速、入場門に向かいますが、この日は前日に増して悪天候。みぞれのような雨のようなものが断続的に降っています。ちなみにこの日の朝のニュースでは2012年冬の初雪の予報が出ていました。2012年の札幌の初雪は遅くまだ初雪が降っていないとのこと。
 おぼろげな記憶では確かアザラシのいるプールは相当歩いた動物園の奥のほうにあった気がします。入園しますがどうなることやら。。。行けるところまで行くことにして腹をくくります。


動物園正門。空模様は秋というより冬。冷たい雨も降っており、寒いことこの上なしです。


入口近くの熱帯動物館、熱帯だけあって中はとても暖かいです。キリンとかライオンとかハイエナとかその類のがいます。真冬に入るにはいいですね(ただし肉食獣も多いので臭いもきついです)


熱帯動物間を出てしばらく行くと。。。来ました、札幌の2012初雪がモサモサ降ってきます!わざわざ今日降らな くて もてもいいのに。。。アザラシのいる海獣舎は動物園のかなり奥のほうなので一度屋内施設に避難です。


避難したのは爬虫類・両生類館。この建物はすばらしく新しく、私が以前来たときはなかったような。ハイズリもんを 真 冬でも飼うわけですから適度に暖かく、やつらは水槽の中にいるので匂いもなく、悪天候時の避難先には申し分ないです。


両生類爬虫類館は避難目的ではいった割にはなかなか面白く、長居してしまいました。最近の展示はすごいですね、生 きている葉っぱを 生かしたまま水槽に入れて、その上にちゃんと動物がいるような作りになっています。これはニホンカナヘビ。


ニホントカゲ。カナヘビよりぬめぬめしています。前足が可愛い。


こいつは日本では北海道の北部の極限られた地域にしかいないコモチカナヘビ。こいつは爬虫類なのに胎生の変なカナヘビ。


北海道在来のカエル。エゾアカガエル。北海道にいたときはあまり見ませんでいた。

 

さて天気を見て動物園奥の海獣舎に向かって進みます。

 


円山動物園は動物園の奥に向かって登り傾斜。ようやく見えてきます。このプールはまったく以前の姿のままで古いままでした。昭和の頃から変わったなさそう なトラディショナルスタイルのプール(^^; 円山は新しい展示を続々建設中のようですからこのプールもいずれリニューアルされるかもしれません。

 


ゼニガタアザラシプールには小さくて活発なアザラシがいました。


ゼニガタ模様もまだ綺麗でピカピカしています。大人のアザラシは客の事なんか放っておいて、半分寝ているか同じ場 所を行ったり来たり泳いでいるのが多いですが、こいつは泳いだり陸に上がったり活発です。


プールに張ってあった看板によると、今年産まれの子供のようです。赤子の肌が綺麗なのは人間もアザラシも一緒です ね。
おたるでもそうでしたが、やっぱり4月下旬頃が北海道在住のアザラシの出産シーズン。


なかなか愛らしい顔をしています。お客さんが来るとしっかり気にしていました。


若くて可愛い女の子の真っ黒な大きい瞳で見られると、おじさんドキッとしちゃう。


ゼニガタプールの隣はゴマフプール。こちらはおっさんアザラシが泳いでいました。ゼニガタはやっぱり華があったけ どこっちはいかつさに満ちています。下の写真にある解説板によるとエフ。当年29歳、なかなかのおっさんぶりです。目が白いから眼の病気もあるかもしれませんね。


こちらはメスのギョロ。この日はちゃんと横になって泳いでいましたがのんびりした様子で漂っていました。


ギョロ。女の子、、、というには年を食ってますが、さすがに落ち着いた様子で貫禄十分。ひどい天気にもかかわらず、こんな顔でのっそりおっとりマイペース でプールで漂っています。


解説版。「可愛いでしょ!」という写真ではないのですが、二頭の性格がよく出ている写真を使われています。 作られた職員さんはよく二頭のことを見ているんだろうなぁ、というのが伝わる写真と解説だと思いました。

 若い小娘ゼニガタアザラシとおっさんゴマフアザラシの相手をしますが、ますます雪は強くなる一方で、借りた円山動物園の傘の骨が折れるくらい風が強 くなってきました。いやー、この悪天候ですから、吹きさらしのアザラシプールでアザラシをのんびり見るアホな客は私くらいなのでゆっくり見られるのはあり がたいですが、さすがに辛くなってきます。

 一度、至近にあったオオカミ・エゾシカ舎に避難します。ここは屋根があるのでありがたい。

 


動物園裏の山も雪で白くなってきました。


退避したオオカミ舎にいたシンリンオオカミ。さっきまで見ていた 丸っこい寸胴な生物たちに比べると凛々しすぎ。同じ食肉目に属する生き物のはずですが…。


うーん、適当に写真を撮ってもこのかっこよさ。


振り返ってアザラシプールを眺めたらちはるが名残惜しげにお客さんを見送っていました。悪天候なのでほとんどアザ ラシプールに留まるお客さんがいないのがまた哀愁を漂わせています…。


プールに戻ったらゼニガタアザラシのちはるがタイヤと擬岩の間に挟まっていました。


挟まりながらどや顔。何考えているんでしょうか。

 


タイヤがお気に入りなのか、くぐったり寄りかかったり遊んでいました。こういうのをするのはまだ子どものちはるだ けで、親の大人アザラシはタイヤに見向きもしません。


タイヤをくぐって自慢げに?見つめてきます。愛想があるのは子供と言うのは人間もアザラシも変わりません。親 アザラシはあまりこういう行動は取りません。人間馴れしちゃっているんでしょうね。

 


隣のゴマフプールを気にするゼニガタ親子。ゼニガタは親夫婦と娘一頭の核家族でプールを使っていました。

 


ゴマフプールではメスのギョロが隣人のゼニガタも人間も初雪も関係なさそうにプールの中で変わらず漂っていまし た。時間が止まっているかのよう。


この子、活発で愛くるしくて、愛想もよく一般受けするんですが、何かそのかわいらしさが私にとっては逆に違和感に なるのです。やっぱりアザラシは客などのオーディエンスは無視してぼんやりと寝ていたり、ふにふに泳いでいるのがスタンダードなイメージでして。


こんな可愛いわけですよ、ゼニガタのちはる。。この子は可愛いし、愛想もいいし活発だしで文句はつけようがないですが、文句つけようがないところに文句を言いたくなるアザラシマニアの心境。でもいつ かは上のギョロみたいなアザラシになっていくのでしょうかね。それはそれで寂しいような。。。

 だいぶ冷え込み、嵐の様子になってきたので名残惜しいですが、アザラシプール前から退散します。

 


正門近くのこども動物園にいたプレーリードッグ。まるまるして可愛い。この日はテレビの取材を受けていたようです。


写真はあまりよくないですが、紹介させてください。この剥製のオオワシはバーサンと呼ばれるオオワシ。2002年 没。その名の通り婆さんオオワシです。飼育記録は1951年からの51年間!オオワシの飼育記録では世界最長です。円山動 物園は伝統的に猛禽飼育のクオリティが高く、オオワシでも世界初の飼育下繁殖に成功し繁殖賞を受賞しています。
私が始めて円山に来たのは、2001年の冬で亡くなる前で、バーサンはすでに木に止まっていな かったと思いますが、実は私が始めてみたオオワシがこのバーサンやその他の円山のオオワシたちでした。圧倒的大きさとツートンカラーの優雅さ、大きな黄色 いくちばしのかっこよさに痺れてしまいました。その後、私の中では北海道の鳥といったらタンチョウでもシマフクロウでもエトピリカでもなくオオワシ。今で もこの鳥を見るとドキドキします。
公 式サイトによると円山動物園開園当初は、動物はヒグマのつがい、エゾシカ、オオワシの三種四点で、その開園当初のオオワシがバーサンです。そんな バーサンの剥製が正門近くの「動物科学館」にひっそりと置かれていました。

 

 久しぶりの円山動物園ですが、本当に施設がよく改修されていて、綺麗な施設がずいぶん増えていました。ここで扱ったオオカミ舎や両生類は虫類館も新し く、さらに2012年12月にはアジアゾーンの「寒帯館」・「高山館」・「熱帯雨林館」がオープンする様子。オリジナルの円山動物園グッズも増えており、 冒頭にも書きましたが旭山の成功を受けて相当、やる気が向上しているような実感を受けました。
 円山で一番ぼろいのはそれこそアザラシプールかもしれません。次はぜひアザラシプールの改修をお願いしたいところです!

 さてさて、札幌の初雪(の割には激しい嵐でしたが、、、)を体験し、久々の北海道滞在を終えます。もうちょっと天気がよければおたるも円山もゆっくり展 示や施設の様子を見て来ることができたと思うのですが、まったくそんな余裕がありませんでした(^^; 私自身も数年ぶりの北海道でなんとなく浮き足立っていましたし。

 まぁAirAsiaをはじめLCCがかなり安くて使えることが判ったのでまたしばしば参りましょう。あ、帰りのAirAsiaは欠航になってしまいまし た。JALやANA、Skymarkは動いていましたが。。。なんででしょう。機材繰りが付かなかったか。どうしてもはずせない仕事があったのでしょうが ないのでスカイマークで帰ってまいりました。

円山動物園のお土産

私はアザラシグッズがあってもほんとに気に入ったものでなければスルーしてしまうのですが、
札幌市の円山動物園でなかなか秀逸なお土産品を見つけたので紹介します。
まずはこちら。
IMG_1740.jpg

アザラシの携帯ストラップと円山動物園で暮らす動物6種(アザラシ含む・アザラシはゴマフアザラシ)の絵葉書セット。しかもアザラシ部分は金属でできているのですね。ですので頑丈です。なかなか金属のアクセサリー的な大きさのアザラシものは無かったので珍しいと思います。値段もこのセットで500円と良心的。
この金属部分だけで別売りをしておりこちらは350円。私はこの金属だけのほうをデジカメのストラップに付けました。
IMG_1746.jpg

動物の絵葉書もどこかその辺で撮ってきた写真(例えばアザラシの場合、カナダのタテゴトアザラシの白い赤ちゃんの写真等)ではなく円山動物園の動物を使って作っているところに、熱意と親しみやすさを感じました。
IMG_1742.jpg

円山動物園は札幌市営の動物園で、同じく北海道の旭川市営の旭山動物園が脚光を浴びているのに比べ少々地味な動物園ですが、このような良心的なアザラシグッズを出すとは嬉しいことです。

円山動物園に行ってきました

昨日は札幌市の円山動物園に行ってきました。
昨日のエントリに書いたように自転車で。自転車のメンテナンス用品を買うために購入店に行ったのですが、そこは円山公園の近く。今年は円山動物園のパスポートもあることですし(このネタ書いたかな?)、勢いで行ってきました。
いつものカメラを持っていなかったので携帯電話で撮影してきたのでそれほどいい写真ではありませんがご容赦を。
円山動物園は現在ゴマフアザラシとゼニガタアザラシの混合飼育を行っております。つまりアザラシ飼育には二つのプールが用いられており、種ではなくオスとメスで別けられています。
で、あや☆さんのブログによるとアザラシ界は現在空前の覗き見ブームとのこと。円山のアザラシも流行に乗って覗き見をしておりました。20060802130910.jpg
↑携帯電話のカメラによる変な画実で申し訳ないです。手前のアザラシがオスのゼニガタ。柵のところから少し頭を出してこちらを伺っているのがメスのゼニガタです。
動物園は夏休みに入り賑わっていました。家族連れも多く会話を聞いているとなかなか面白いものです。ゼニガタもゴマフもまとめて「ゴマちゃん」と呼ばれるのはスタンダードでして、沈んだり陸で転がっているアザラシは「アザラシが死んでいる」と報告され(おびひろ動物園でもこの言葉を聞いたような。)、
20060802130830.jpg
のように仰向けに転がってゆっくり泳いでいるアザラシに対し「お父さんみたい」と絶叫する幼稚園くらいの女の子がいたりとなかなか楽しいものです。
私が夏休みの自由研究をしなければならないなら今年は2~3日アザラシプール脇の音のデータを取り「アザラシプールの脇で聞いた会話」から会話の成分・侵しがちな間違いの頻度分布を出して一般の方がアザラシに持っているイメージについて研究したいとおもいました。
円山動物園は自転車で行くには我が家からちょうど良い距離ですので、今後も隙を見つけて散歩がてらに行こうかなと思います。

札幌市円山動物園のアザラシ 2004年9月2日

 札幌の近郊にあって非常に交通の便がよい円山動物園です。車でも地下鉄+徒歩でも行けます。

 ここには4つの海獣用プールがあってそれぞれのプールが田の字のように配置されていました。一つはトド用のプール、もう一つはゼニガタアザラシ用プー ル、残る二つがゴマフアザラシ用プールです。ゴマフ用のプールは一部分にガラスがはめ込まれていて水中のアザラシが覗きこめるようになっています。まぁ プール自体かなり浅いのでこういった仕掛けが無くてもアザラシを見失うことは無いのですが。

 ゼニガタ用のプールの水が汚かったのが可愛そうでした。園内も結構広いので、散歩がてらにちょうどよいです。


ちょうどアザラシの後ろに水中覗き窓があります。


水中窓から撮影したゴマフアザラシ。


プール自体はかなり浅いので、
ゴマフアザラシでも足が地に着きます。


仲良く二人で泳いでいます。
浅いけどプールは広めですね。


ゴマフアザラシのプールに比べ、かなり水が汚いゼニガタアザラシ用プール。


隣のトドプールをプールの隙間から眺めるゼニガタの子供。


なぜかプールの隅っこに引きこもるゼニガタアザラシが一頭いました。


こいつは隣のプールのトドです。
こいつはアザラシと違い人懐っこかったです。

 

札幌市円山動物園のアザラシの紹介

札幌市円山動物園は北海道最大の都市、札幌市の近郊にある(おそらく)道内最大の動物園。昔ながらの動物園!という感じです。

管理人による お勧め度 B

営業期間・休業日
(2005年度)通年(12月29~31日は休業)

営業時間
2月1日~10月31日? ???  9時~17時
11月1日~1月31日 ???  9時~16時
入園は閉園30分前まで

アクセス
地下鉄円山公園駅3番出口より徒歩15分
または地下鉄円山公園駅バスターミナルから西15動物園線、動物園前下車・西14 荒井山線、総合グランド前下車(徒歩5分)

公式サイト
札幌市円山動物園【Sapporo  Maruyama Zoo】

独断による評価
総得点
12点
評価理由

入場料
3点
大人(高校生以上)600円と標準的だが、年間パスポート1000円、中学生以下無料とかな りがんばっています。

アザラシ
3点
ゴマフアザラシとゼニガタアザラシがいます。頭数もそれなりなので。

展示
2点
普通のプールにアザラシが泳いで上から眺める方式が基本です。アザラシとの距離も道内他施設 に比べ遠く、鉄格子も頑丈だったような。あ、一部プールの壁がガラスになってて水中のアザラシを眺められます。(ゴマフのみ)

企画
2点
通常の給餌しかなかったような。トドの給餌は見たしアザラシの給仕もあったと思いますが見た 記憶が無いんだよ なー(^^;ひょっとしてトドだけ?

施設
3点
動物園自体の雰囲気は可もなく不可もなくといったとこです。昔ながらの老舗動物園といった感 じです。私はそんな雰囲気は嫌いではないのですがこれからの時代は辛いかな…。


雑感・感想など


プールはご覧のように浅いプールです。
写真のアザラシはゴマフアザラシ

 北海道の県庁所在地(北海道の場合は道庁ですが…)の近郊にある動物園です。アクセスもい たって便利。週末には市民の憩いの場になっています。動物園と しては可もなく不可もなく、という感じですね。アザラシについても道内施設では標準的内容かな。あまり記憶にないです。アザラシの隣のプールにはトドがい て、こいつが人懐こかったのをおぼえています。
 アザラシについては、特に展示に凝ってるわけでもなければ、ショーがあるわけでもありません。ただ内地では案外レアらしいゼニガタアザラシもいるので札 幌に来た際には行ってみるのも楽しいかもしれません。


こっちは隙間から隣のトドプールを覗いているゼニガタアザラシの子供です。ゼニガタ用プールはなぜかゴマフ用より古かったです。
 管理人の自宅から最短のアザラシスポットなのでもうちょっと行ってみてもいいような気もします が、もちっと時間かければおたる水族館に行けるので円山は湿りがちです。
 北海道第二の都市の旭川市の旭山動物園が話題になっていますし、円山動物園には道内最大都市の札幌市にある動物園として奮起を望みます。
 あ、アザラシ以外では熱帯鳥類館のラッパチョウという鳥も妙に人懐っこいです。靴の紐とかくわえたりします。