雪の中のノースサファリサッポロ 2006年1月28日

?昨年札幌市の南区にオープンしたノースサファリサッポロに行ってまいりました。この施設は2005年7月にオープンしたばかりの施設です。飼育している動物はアザラシの他に印象に残っているのを上げるとワラビー、ビーバー、ペンギ ン、ポニー、トナカイ、ペリカン、アイガモ、ウサギ、マーラ、プレーリードッグ、エゾリスなどです。公式サイトに飼育動物が全部載っているので詳しく知りたい方はそちら もどうぞ。ウォーキングサファリとのことですから大型の獣はいません。一番大きい肉食獣がアザラシだと思います。ここはアザラシサイトですからまずはアザラシから紹介していきましょ う。

 飼育しているアザラシはゴマフアザラシのオスのとよ(名前)1頭のみ。アザラシは池で飼育されており、お客さんが餌をやることも可能とのこと。この日は 割り当てがすべて出てしまい私自身は与えることはできずちょっと残念…。餌はチカ。アザラシだけではなくペンギンやペリカンなど魚を食べる動物にはすべて チカを与えるそうです。


ノースサファリサッポロのゴマフアザラシ
名前はとよ。オスです。


動画(1.18MB)

雪の中訪れた客を物珍しそうに見ていました。


これがとよの住処。右上に小屋のようなものが見えます。アザラシは一頭のみの飼育です。


動画(2.83MB)

暗くなってきてノイズがひどいですが、泳いでいるとよの様子。プールには氷が浮いていました。

 

 

 訪れた日は雪が降っているせいかお客さんがあまりいなかったので、職員さんがいろいろ教えてくれました。
 ノースサファリ札幌は山の中にあり、園内を天然の川が流れているのですね。で、園内にはこの川を利用した池が作られていて、最上流はビーバー・ペリカ ン・魚池、中流はアイガモ池・最下流がアザラシ池というような形になっております。ですので常に水が掛け流し状態。プール飼育には無い利点かもしれませ ん。職員さんによると上流の池からニジマスがたまに流れてきてとよが食べているとのこと。これもノースサファリサッポロだけの出来事かもしれません。
 今回は初訪問ですからアザラシ以外の動物や、園内の様子についても紹介していきましょう。


入り口の様子。動物に触る機会の
多い施設のため入り口で手を消毒します。


冬なので雪だるまの人形が置かれてありました。


入り口を入ってすぐこのような通路を通って入園です。
見ての通り足元は二本の丸木橋。
踏み外したら落下します(^^)


モモイロペリカン。
チカを与えてきました。


こいつはオスのビーバー。名前はチョロ。
周りのシラカバは彼に齧られた形跡がありました。


ビーバーがクーラボックスをひっくり返して中の魚やらビニールやらをくわえて怒られている図。
魚をくわえていましたがビーバーは草食動物です。


お客さんが軽食やコーヒーを飲むスペースには
プレーリードッグがいました。


動画(721KB)

プレーリードッグは人懐っこくよじ登ろうとしたり
ジャンプして飛びつこうとしてきました。


動画(521KB)

ペンギンが歩いています。この動画はペンギンの家の中から
撮影しているのですがお客さんはペンギンの家の中で
ご飯を食べたりコーヒー飲んだりできます


動画(673KB)

歩いて家に戻るペンギン


上のペンギンとは違う種類のペンギンの家です。
普通の動物園と違い柵がありません。

カンガルーやワラビーっぽい外見ですがこいつはマーラ。げっし目とのことなのでネズミの仲間なのかな。
住んでいるところもオーストラリアではなく南アメリカ。

 


真冬なので暖を取るため火が盛大に焚かれてありました。


駐車場から入り口までの道。5分くらい歩きます。
雪が降っていたので入り口に着いたときには
全身真っ白になってしまいました。

?ノースサファリサッポロがある場所は札 幌市なのですが、市街からかなり離れた山の中にある施設です。なかなか公共交通機関で行くには厳しい場所にありました。
 施設は名前にサファリとある通り既存の動物園よりも実際に動物に触ることや餌を与えることができ る施設となっています。動物以外にもスノーモービルに乗ったりスノーシューを借りたりできるのでと体験型の施設を目指しているのかなと感じました。訪れた 日の天気は 雪だったのでお客さんも少なく、じっくり動物達を見ることができました。体験型の施設ゆえに普通の動物園よりも混雑具合によって思うように堪能できないか もしれません。なんとなく子供の多い夏休みシーズンは私は遠慮したい気分です。子供を押しのけてアザラシの相手をさせてもらうのもアレですし。
 できたばかりの施設だけあって職員さんは若い人が多かったです。

リベンジ失敗

 先ほどひろお水族館のページをアップし、これでこの8月中旬に行ってきたアザラシスポットのコーナーをを完成させほっと胸をなでおろしている管理人です。動画はまだアップしていませんがもうちっとお待ちください。動画編集って管理人のパソコンだと時間かかって大変なのです。今回も膨大な動画があってどれを載せるか、悩みどころです。
 さてさてタイトルのリベンジ失敗ですが、もちろんあのノースサファリサッポロですね。8月の第一週に訪問してあまりの混雑具合に辟易して逃げてきたのは、以前書きました。そこで夏休みも終わったことですし、そろそろ空いてきただろうと昨日再び行ってきました。
 先回より早めに出たせいかだいぶマシになっていましたがやはり第二駐車場にまで車が溢れていました。入ろうか少し迷った挙句今回も却下。もちろん混んでいたことが最大の理由ですが、それに加え第二駐車場(臨時駐車場?)がまたサファリパークから離れたところにあって車を置いてから送迎バスに乗っていくという不便さも嫌に感じたのでそこまでして行かなきゃと思っていませんでしたし…。
 それにしても山の中にサファリパークを作ったのに何で駐車場から車が溢れるほど土地がないんだろ…。いや地形が急峻なわけでも駐車場を作るのに自然を切り拓かなきゃいけない土地なわけでもないのです。サファリパーク周辺は離農したような無人民家や放棄耕作地みたいなのがあったりして土地に困るような感じではないのですが…。
 まぁ、ここはのんびりと空いている時期をねらっていくことにします。

新しいアザラシスポットが札幌に出来ました

先日車のエアコンを直しに行った際のことです。整備工場で車を見てもらっている待ち時間に北海道ウォーカーという地方雑誌を見ていましたら夏休みらしく屋外のレジャー施設の特集のページがありました。何気なくページをめくっているとワラビーやビーバーとともにアザラシの写真が目に入ってきました。どこかの動物園かな、と思い注意深く見ると「ノースサファリサッポロ」という施設名です。札幌市民の私でも初めて聞いた名前(新聞も取ってないしテレビすら持っていないので旬の札幌情報は入ってこない管理人の生活状況なのですが(^^;)で、もう「なんじゃこりゃ!」という状態ですよ。家に帰り早速インターネットで調べてみます。
公式サイト(http://north-safari.com/)によると、ノースサファリサッポロは7月16日にオープンしたばかりの道内初のウォーキングサファリということです。できたばかりのためか公式サイトにも飼育している動物の情報などは無いのですが、行かれた方々が何人かブログに取り上げてらしたのでそちらも拝見させていただきました。(例えばこちら)それらによると確かにアザラシがいるらしく、餌付けや触ることができるらしいです。
そこで今日、早速行ってみることにしました。実際にノースサファリサッポロの前に行ってみると…すごい数の人、人、人。第一駐車場も満杯で、臨時駐車場にぎりぎり入れられるくらいの混雑具合でした。私は忘れていましたが今日は夏休み8月最初の日曜日、そりゃ家族連れで混みますわな。オープンしたてのサファリパークで、子供達の大好きなカブトムシプレゼント企画もやっているみたいですし。
サイトを運営し充実させたいという思いから、一刻も早く入場し情報をお伝えしたいところですが、アザラシファンとしてはアザラシを触ったりすることはもちろんできないでしょうし(他のブログを書かれている方もアザラシを触るのは子供に譲ったとありましたし…)、のんびりアザラシを見ることも出来なさそうな雰囲気なので入らずにそのまま引き返してきました(^^;アザラシはのんびり眺めたいのです。サイト管理人としてではなくアザラシ人として選択した自分に万歳。
さて、ここは近いうちにリベンジする事になるでしょう。そしたらサイトのほうにも情報を載せようと思います。それにしても暑い中、たくさんの人間に触られるアザラシも大変でしょうね。夏休みの家族サービスに忙しいお父さんも大変だと思いますが(^^;

ノースサファリサッポロのアザラシの様子を紹介

ノースサファリサッポロ

?  札幌市南部の山の中にある動物と触れ合えるウォーキングサファリパーク。アザラシ以外にもペンギンやビーバーに触ることができる施設です。

管理人による お勧め度 C

営業期間・休業日
(2005年度)年末年始(2005年7月16日オープン)

営業時間
10:30~22:00(冬季は営業時間短縮)

アクセス
札幌市内より国道230号線で定山渓方面へ。札幌市南区豊 滝のあたり

公式サイト
ノースサファリサッポロ

 

 

独断による評価
総得点
11点
評価理由

入場料
1点
大人1000円も高めですが、駐車料金も500円もかかります。道内感覚でいえばかなり割高な値段です。駐車場といってもちょっと離れた場所にあり値段設定には疑問です。駐車料金は2006年1月現在公式サイトには掲載されていないですし。

アザラシ
1点
飼育されているのはゴマフアザラシ1頭なので。

展示
2点
普通の池に飼育されていますが、池は川の途中に作られているので常に水が入れ替えられ水はきれいです。

企画
4点
私が行ったときは担当職員さんがいろいろ説明してくださいました。またお客さんによる給餌も行っているそうな。さすがサファリ。施設

3点
小さな施設ですが動物に触ることができなかなか面白い。確かに今まで北海道にはなかった施設です。


ノースサファリサッポロ入り口


動画(1.18MB)

ノースサファリサッポロのゴマフアザラシ・とよ♂
  札幌市南区に2005年にオープンしたばかりのちいさな施設です。公式サイトの表現を借りると「ウォーキングサファリパーク」とのことです。その表現どお り動物に触ったり、餌をあげたりと動物との距離を近く感じられる施設でした。アザラシのほかにはトナカイや馬、ヤギなど草食動物を中心にビーバー、ペリカ ン、ペンギン、ワラビーなどがいました。犬類を除いた肉食哺乳類はアザラシだけだったかもしれません。
 アザラシのほうはオスのゴマフアザラシ一頭のみの飼育となっております。アザラシにもお客さんが給餌できるそうなのですが私が行った時はすでにその日の 割り当てはすべて出てしまったとのことで給餌できませんでした。残念。アザラシは池に飼育されております。園内を天然の川が流れており、その最上流にビー バー・ペリカン・イトウ池、中流にアイガモ池・最下流にアザラシ池という順に配置されています。常に水が供給されているのでプールよりも水はきれいそうで した。
 個人的にはビーバーやプレーリードッグやらが妙に人懐っこかったのが印象深かったです。夏の混雑時はあまりゆっくり動物と触れ合えなさそうなので、できるだけ混雑期は避けたほうがよさそうです。
 できたばかりの施設のせいかスタッフのほとんどが若い方々だったような。
  アザラシは池の中なので触れませんが、他の飼育動物のほとんどに触ったり餌をあげたりすることができました。そのため入園前に手をアルコールで消毒するこ とが求められました。その一方で園内で飲食物が売られており、それを人間に食べる際に特に消毒薬が置かれているわけでも手を洗う場所が設置されているので もなかったのが少々気になりました。トイレに行けば手を洗えるのかもしれませんがトイレは園内の片隅一箇所にしかありませんでしたし。飲食物自体は観光地 ぼったくり料金でもなかったのが良かったです。トドカレーとかトナカイバーガーとかがあったような。トナカイと触れ合ったあとにその肉を食うと思うと ちょっと複雑な気分ですが、かと言って妙なベジタリアンメニューとか出されても嫌だしなぁ。

 あと上でも書きましたが駐車料金はちょっと…。公共交通で行くには不便なところ(札幌市とはいえ山の中です。そういう意味では道内で一番行きにくいアザ ラシ飼育施設かも)にあるので、実質訪問者が払うことになる経費でしょう。強引に公共交通で行くとしたら定山渓温泉行きのバスに乗り「豊滝小学校前」で下 車後、1kmほど歩けば着くかな?ただしバス停からかなりさびしい道を歩くので冬場はお勧めできません。また近くにある豊滝市民の森はクマの目撃情報多発 スポットですので、歩く場合クマには気をつけてください。夏は訪れる人が多いのでまず大丈夫だと思いますが。

 


お客さんが休憩できるところにプレーリードッグがいました。


駐車場付近の写真です。