大荒れ抜海港の野生アザラシとノシャップ寒流水族館 2008年2月23日

(雪 気温-8.7℃ 風速14.1m/s: 稚内2月23日15時現在)

? さてアザラシシーズンも真っ盛りの2008年冬。2/11に知床や紋別を攻めたばかりですが、10日後の2/23からは今度は日本海側のアザラシたちに挨拶をしに行きます。まぁ一ヶ月前にも日本海側をうろうろしたばかりなのですが。。。
 ではでは早速北海道へ。今回の最大の目的は冬の焼尻島に上陸すること。ですが、焼尻には東京から直接上陸できませんので一回北海道内の空港に飛びそこから陸路と海路の移動となります。羽田空港から北海道へは各空港に向かう便がありますが、今回は旭川空港行きに乗ることにしました。
 焼尻へは羽幌港からのフェリーでしか島へ渡る手段はありません。それも冬期間は羽幌から島へ向かうフェリーは朝9時発の便が一日一便のみ。よって前日に羽幌入りするか、 できるだけ羽幌に近い場所まで移動する必要があります。この季節、なるべく夜間や早朝の移動は避けたいという思いもあります。そこで今回は羽幌にも比較的 近い旭川に降りて、羽幌にも近くて安宿もある留萌市に宿泊し、翌朝羽幌町を目指すことにしました。
 なお、羽幌~焼尻島のフェリーは私が訪れる前の一週間くらいは風雪波浪により欠航の模様、さすが冬の日本海。今回の旅行の前に天候も調べてきましたが、しばらくこの荒れた天気も続くようで、焼尻行きにはだいぶ暗雲が垂れ込めている中での出発です。


この日の旭川行きは17時頃の出発です。雲の上ではこのようにきれいな夕日が見られました。明日もこんな天気だったらいいのですが、、、

 

 


飛行機は無事に旭川に到着し、計画どおり留萌市に移動し宿泊。朝、フェリー乗り場の羽幌町に向かいます。
時間どおり羽幌のフェリーターミナルに到着します。
ターミナルは冬の日本海らしく暗雲に包まれていました。


港にはいつもの焼尻・天売行きフェリーが待っていました。しかし天気は写真の通り曇天です。写真には写りませんが風も強いですし、船が出るのはかなり厳しそうです。

 

フェリーターミナルにドキドキしながらそそくさと向かいます。
フェリーが出るか出ないのか、なにか中学生時代の定期テストを返してもらう時のような変な緊張を感じつつ
チケット売り場に向かいます。。。

 


チケット売り場に張り出されていたのは上記の通り。_| ̄|○


数日間ずっとフェリーは欠航しているとのこと。
冬の日本海は仕方ないですね。
この写真はフェリーの待合室内に積み上げられたダンボールの山。これらはですね、天売島と焼尻島にフェリーで送られる物資なのです。お酒や新聞からいろん な物があります。ちなみに左が焼尻島行き、右が天売島行き。天売島のほうが物資は多目です。確かに人口も天売島のほうがわずかながら多い。この辺にも地元 の方の暮らしや地域性なんかも見ることができて面白いですね。

 

 さてフェリーも欠航ですので、この後どうしようかなーと思案しながらターミナルを後にします。天気はこれからせいぜい横ばいか下り坂の様子。特に札幌などの北海道南~中央部の日本海側の天気がよろしくないようです。
 と、なると、私が向かうのは北か東かになるなのですが、羽幌から東側に向かうとするとアザラシを見るなら紋別網走知床方面のオホーツク海側になります。こちらは10日前に行ったばかりなのでさすがに遠慮したい。よって北側の抜海稚内利尻礼文宗谷岬方面に向かいます。


動画(502KB)

羽幌からは国道232号線で北上し、天塩町から道道106号線でさらに抜海港を目指します。
道道106号は1年前に親父と旅行中にホワイトアウトの憂き目にあった道。


抜海の手前20km付近。
道はがちがちに凍っていますが、降雪は少なく道が見えなくなることはありませんでした。それでも冬道ですし運転は慎重に神経を使いながら進みます。

 


羽幌を出て約3時間。ゆっくり走って11時半頃抜海港に到着します。本日の朝の観測では上記の写真の通りの数字。


砂浜に転がるアザラシたち。


動画(1.81MB)

強い雪が降り風が吹いていますがアザラシたちは元気です。水の中でじゃれあうのもいれば勢いよく転がるのもいます。


水の中に勢いよく飛び込んでいく個体も。。。


アザラシを眺めていると雪の中訪れてくる人間が珍しいのか、時々向こうもこっちを見ているようでした。


こういった風や雪が強く、人が来ない日にじ~っと静かに見ていると、アザラシも結構近くまで寄って来ることもあります。


ひげをもしゃもしゃしたい。


海坊主トライアングル。


時折降る強い雪にカメラのピントも持っていかれます。
撮影にはなかなか厳しい。

 

 

 雪も止む気配はなく、お腹もすいたので抜海を後にします。
 ひとまず稚内市街に向かいますが、車の中でどうすっかなーという気分です。ここまで来たら利尻か礼文に向かいたいところですが、この天気では船が出るか わからないし、島に渡ることができても帰ってくるのが無理になるかもしれないし。。また今回は焼尻島に矢のように向かって帰ってくる日程(金の夜に旭川に到着し、日曜の千歳発最終便で帰京します)ですので、実質一泊二日です。さらにこの天気だと稚内から新千歳までの移動にかなりの余裕を見越したいところです。ですから 日曜の昼くらいには稚内を発ちたい、となるとますます島行きは苦しくなるわけで。。。
 といったことを悶々と車の中で考えているわけです。

 

 考えても天候が回復するわけもないので、利尻・礼文島は諦め抜海港やノシャップ寒流水族館などの稚内近辺を一回りして帰ることに決めました。昼食を食べすっかりご無沙汰をしている稚内市立ノシャップ寒流水族館に向かいます。


実に久しぶりの稚内市立ノシャップ寒流水族館。
広尾町のひろお水族館や網走市のオホーツク水族館が無くなる中、人口4万人程度の稚内市が運営を続けるノシャップ寒流水族館。がんばってほしいものです(といいつつ稚内に来ても寄らないときもありました。ごめんなさい。これからはなるべく寄りたいと思います。)


アザラシプールも前と変わらぬ姿でありました。


ペンギン君ととアザラシ君の顔ハメ写真も健在。潮混ざり強烈な風が吹き付ける岬に立地する水族館ですが、この看板の耐久性はなかなかのようですね、前回来たときにも設置してありましたし(前回のレポートには掲載しておりませんが、、、)


アザラシプール前にて。猛烈な風が吹き抜ける吹雪の日ですからお客さんもほとんどいません。特にアザラシプールは外にあるのであまり人も来ませんでした。


動画(940KB)

3年前の同時期に行った時は水を抜かれて雪のプールにアザラシたちが転がっておりましたが今日は水の張ってあるプール。


ノシャップ寒流水族館の主力アザラシはゴマフアザラシです。屋外で己とアザラシの間に仕切りが無くアザラシを見ることができるので好きです。


右前足で水中の仲間を殴った後、、、


素知らぬ顔。


ペンギンプールには小さなワモンアザラシがいました。
先回の訪問時にはいたクシャ顔のアザラシはいませんでした。


動画(654KB)

きれいなワモン模様です。Ringed seal の名のとおり立派な模様です。

 


まだ小さいアザラシでした。子供のワモンアザラシでしょう。同居のペンギンはプールに入っておらず、独占しておりました。


水族館内部の電気ウナギの発電すると稲妻型ランプが点灯する装置は「水槽整備中」の表示で稼動しておりませんでした。残念。この装置、雰囲気からしても私の中ではノシャップ寒流水族館の白眉と位置付けていた装置だけに残念です。

?ノシャップでアザラシを見たり中のオホーツク海や日本海の魚や貝や蟹を見たりし ていると時刻は既に4時を回っていました。なかなか夢中にさせてくれる水族館です。
 イトウを海水に順化させ海水魚と一緒に展示するあたり、只者じゃないで すよね。アザラシ以外にもなかなか面白い水族館です。ミズダコの吸盤やカレイのひらひら泳ぐ様子、タラバガニの緩慢な動作などをぼーーっと見ているうちに すっかり閉館時。お客さんが少ないのでゆっくり見られるのもいいです。施設の運営的にお客さんが少ないのはいいのかなぁとおもいますが。。。

?本日はこれにて打ち止め。水族館を離れ南稚内駅に程近い安宿に泊まります。確か一泊3000円くらいだったような。安宿のサウナコーナーとかちょっとしたところにロシア語の注意書き?があるのがロシアとの国境の町であることを実感させてくれます。
 上のほうにも書きましたが明日は新千歳発最終の飛行機で帰京です。天気も悪く外は相変わらず吹雪のようです。明日は無理をしないで抜海でアザラシを眺めた後、帰路につく予定です。

 翌日の抜海港の記事はこちらからどうぞ。

 

北海道・稚内でクラカケアザラシが見られるようです

昨日から研究のため阿寒湖にやってきています。森や湖の豊富な土地は私の性にあっています。
湿地帯には水芭蕉が咲いていました。内地の尾瀬の水芭蕉というと可憐な小さい花のイメージがありますが、北海道の水芭蕉は巨大で20cm以上になっているのもざらです。
さてさて、北海道のアザラシというサイトの名前通り北海道のアザラシの情報を提供します。
本日は稚内のアザラシに関する小ネタです。情報元は北海道宗谷支庁発行のメールマガジン。
---------------------------------------------–
◆アザラシベビー、子どもたちに人気
  稚内市の市立ノシャップ寒流水族館が今季の営業を始め、かわいらしいアザラシの赤ちゃんに人気が集まっています。
アザラシの赤ちゃんは、4月の季節はずれの流氷などに乗り、道北地方の沿岸に漂着したもので、
ゴマフアザラシや、北海道近海では珍しいクラカケアザラシなど6頭がお披露目されました。
来館者からは、「かわいい」、「こっち見て」と歓声が上がっていたとのことです。
なお、市立水族館の今季の営業は11月末までとなっています。
----------------------------------------—
あまり飼育施設では見られないクラカケの赤ちゃんがいるとは見に行きたい。子供ゴマフも一緒に暮らしているようですね。
稚内もとっかりセンターのようにある程度回復したら放流するのでしょうか?
近隣の方は訪れてみてはいかがでしょうか…、といってもこのブログを見ている方の中に稚内近隣の方がいるのかな。
もうひとつ極小道内アザラシネタ。出展は同じく宗谷支庁発行のメールマガジン
----------------------------------------—
◆ 利尻ぐるり 観光バス運行開始
  利尻島を周遊する定期観光バスが、今季の運行を開始しました。
  鴛泊港発は午前9時40分と午後2時35分。午前と午後で見学地が一部異なりますが、
逆さ富士で知られるオタドマリ沼や、奇岩、アザラシが見られる島最南端の仙法志御崎公園などを巡り、
途中、人面岩、寝熊の岩などを車窓から見学し、同港に戻るルートになっています。
島内の観光スポットを効率的に回れるとあって人気も高いとか。
所要時間は2時間20分から3時間5分で、いずれもフェリーの時間に接続しています。
料金は大人2800円から3300円。運行は10月8日までの予定ということです。問い合わせは宗谷バスまで(TEL:0162-23-5510)
---------------------------------------------------
仙法志御崎公園のアザラシも気になっているのですよね。
何とか今年は離島のアザラシたちにちょっかいを出したいと思っております。

連休の日本最北水族館 2005年5月4日

5月の連休中、再びノシャップ寒流水族館に行ってきました。今回は3月に産まれたゴマフアザラシの赤ちゃんを見るためと、稚内市の抜海港の野生ゴマフアザラシを見たかったのでそのついでとい うこともあります。

10時ごろにノシャップ岬に着いて、利尻富士が見えたので記念撮影、その後いよいよ水族館に入ります。水族館は連休のせいか前回の真冬に行ったときに比 べかなり混雑していました。

今回はもちろんプールにも水が入っていてアザラシたちはちゃんと泳いでいました。また餌の無人販売コーナーが置いてあって、アザラシに餌を与えることが 出来るようになっていました。餌やりは家族連れを中心に人気があるようで、飛ぶように売れていました。餌をねだるのはおたる水族館ほど激しいものではなく、基本的には待ちの姿勢でいて落ちて きたら食べる、というものでした。これが普通ですよね(^^)おたるのを見ているとあれが普通だと思い込んでしまいそうです。


動画(926KB)

餌をねだるゴマフアザラシの大人

餌が投げ入れられる隙をうかがうゴマフアザラシ

同じく。餌の投入を待つゴマフ

首の後ろの肉が段になっています(^^)

ゴマフアザラシの赤ちゃんは隅っこの目立たない子供アザラシ用スペースに、先回行ったときもいたアザラシたちと一緒に入れられていました。赤ん坊は動き が鈍く、もけっと固まっていました。離乳してからそんなに経っていないでしょうから寂しかったりするのかな。
さすがに生後一ヶ月立っているので、白い毛はほとんど抜けてゴマフ模様になっていましたが、背中や後頭部にはまだ名残の毛が残っていますね。

動画(4.7MB)

赤ちゃんアザラシの動画です。

赤ちゃんアザラシ
背中に白い毛が残っていますね

赤ちゃんと一緒のプールにいた子供アザラシ

同じ子供アザラシです。プールの傾斜に顔を置くのが好きなのかな

簡単なアザラシの中プールでやっていました。このプールはペンギンとアザラシが同居しています。顔がつぶれた体に模様の無いアザラシも相変わらず健在で した。仁王立ちも健在です。

動画(1.84MB)

わっかとボールを使ったショー

アザラシと同居人のペンギン

動画(5.42MB)

ショーで使うわっかを片付け忘れたのか、
そのわっかでゴマフアザラシが二頭で遊んでいました。
動画の中には右の子の背面倒れも微妙に入っていました

模様の無い顔のつぶれた仁王立ちアザラシ

今回はその日の夕方に札幌に帰らなくてはいけなく、かつ抜海港にも寄る予定だったので、30分くらいで出てきてしまいました。

真冬の日本最北水族館 2005年2月24日

北海道の最北は宗谷岬とノシャップ岬で二本角のようになっていますが、そのノシャップ岬にあるのがノシャップ寒流水族館です。いわずもがなの日本最北端 水族館です。

雪の降りしきる真冬の2月にこのノシャップ寒流水族館に行ってきました。稚内駅からバスに乗って15分くらい、さらに5分くらい歩いて着いたように記憶 しています。

着いて入場料を払ってゲートをくぐります。入ってすぐ左手がゴマフアザラシのプールでした。ここのアザラシプールはいつものアザラシプールとは違い水を 抜かれ雪が積もっていました。凍るせいかな?


雪の中のゴマフアザラシたち

みんな背中に雪を背負っています

水が無いわけなので、写真を見ればお分かりいただけるように結構な数のアザラシが雪の上にゴロゴロ転がっていました。泳いでいる姿もいいですが、転がっ て いる姿もま た愛嬌があっていいですよね。アザラシプールは一段高いところいあって数段の階段を上って見られるようになっているのですが、この階段を上がってアザラシ たちが見える瞬間、アザラシたちがいっせいにこっちに注目します。アザラシたちを見に来ているのに大量のアザラシに見つめかえされるのは妙な気分。まあ、 1~2秒もすれば、せっかく猛吹雪のときにきた客にも飽きてしまうのか、餌を持ってくる職員じゃない人間でがっかりしたのか、目をそらすのですが。

この日の稚内は-7度、水族館は岬にあるので風は強く、雪が降り続き、時々吹雪になるような天気でしたが、アザラシたちは平気な顔で背中に雪を積もらせ て転がって いました。アザラシが陸上を歩くときはご存知のようにおなかで腹ばいになって芋虫のように歩きますので、雪が積もっている中を歩くと、目や口に雪が入りま す。目に入った雪を短い前足で払う姿もなかなかか可愛いものでした。
雪が降る中、気持ちよさそうに転がって昼寝をしているアザラシもいました。さすが北国の動物です。


もう全身雪まみれ

雪は降り続いているのでアザラシが歩いた後に痕ができています

雪が積もっているところに行くとこの通り顔まで雪まみれ

顔に雪が付くと短い前肢(鰭)で払います

こっちはもう顔面全部が雪まみれ
前肢(鰭)で払っているのですが肢みじけぇ…

雪の付き方にも個性があります。
こいつは落ち着いていてなかなか優秀

人間にとっては寒くても彼らにとっては快適な気温
昼寝をしています

幸せそうな顔ですね(^^)

大人プールの脇には小さなプールがありそこには子供のアザラシが入っていました。こいつらは大人より人懐っこい奴らで、吹雪の中を訪れた客を歓迎してく れました。私が子供プールの方に行くといつも近づいてきてじーっと黒い目で見てくるんですよ。カメラを構えても逃げないどころか近寄ってきます。油断する とカメラを鰭パンチで叩き落とされるか、噛み付いてくるかされそうだったのでびくびくものです。子供のほうが好奇心が強いのかな。髭まで凍って雪が ついていましたが、彼らもぜんぜん寒くないようでした。

この子供アザラシは人懐っこく写真を撮ろうとすると
見つめてきました。

ひげの一本一本まで氷やら雪やらが付着しています

眉毛も頭の上も雪やら氷やらがくっついていますね。

こうやって見るとアザラシは犬っぽい

もう一個プールがあって、ここには水が張られペンギンと子供以上大人未満のアザラシが同居していました。ここに顔がつぶれたようなくしゃみをし たような個性的な顔のアザラシがいました。アザラシといえば大きなくりっとした目が特徴ですが、彼は(彼女?)目が細いです。しかも模様もあまりはっきり せず一見アゴヒゲアザラシのような模様です。でもアゴヒゲはとっかりセンターののんもあさも、おたる水族館のウパウパ、パオパオ、ノンノンもみんな目がぐ りぐりのまん丸でなにより大きいし。じゃあワモンアザラシかな、と思いますが、はっきりとはわかりません。特に掲示も無かったような気がします。こいつが 個性的なのは顔だけでなく行動もで す。こいつは写真のようにプールで仁王立ちしてました。しかも仁王立ちしたまま後ろにに倒れて泳ぎだしていました。

ちょうど給餌時間でした

寒い中、泳いでいましたが彼らには平気
むしろ水の中のほうが暖かいのかもしれませんね

彼がつぶれ顔のアザラシ
仁王立ちしていました

さてこの日は氷点下の猛吹雪だったので10分も外に出ていると凍えてしまうわけですが、凍えてしまったら水族館内部に逃げ込みます。水族館内部も広くて ほとんど暖房も効いてない状態の中、一箇所ヒーターをがんがんに焚いて、セルフサービスの暖かいコーヒーや紅茶が用意されている場所がありました。こう いったサービスはお客さんの立場に立った素晴らしいものだと思います。お客さんが一時間に一組くらいしか入らないにもかかわらず、用意してありほんとにあ りがたかったです。おかげで凍えたら暖を取り、再び外に出て凍えては…の繰り返しで、結構な時間アザラシたちと遊ぶことが出来ました。

稚内市立ノシャップ寒流水族館の様子

北海道最北の都市・稚内市にある水族館です。水族館としてはかなり規模の小さなものですが、アザラシの飼育頭数はかなり多いです。プールがそれほど大きく ないせいもありますが、アザラシがうじゃうじゃいるという感じを受けるほどです。
管理人による お勧め度 B

営業期間・営業時間
(2005年度)4月29日 ~ 10月31日 9:00~17:00
11月1日 ~ 11月30日 10:00~16:00
2月1日 ~ 3月31日 10:00~16:00
アクセスJR稚内駅より宗谷バスで「ノシャップ」行きに乗車、
「ノシャップ2丁目」で下車(所要時間約15分)から徒歩5分
公式サイト
稚内市立ノシャップ寒流水族館

独 断による評価
総得点
12点
評価理由
入場料
3点
大人(高校生以上)400円、子供(小中学生)100円は標準より安めな設定だと思います。
アザラシ
2点
アザラシはゴマフアザラシのみですが、飼育頭数は多いので2点をつけました。(ひょっとした らワモンが一頭いたかもしれません)
展示
3点
夏期はエサをあげることができます。あと大人アザラシの脇にある子供用アザラシの小さなプー ルはアザラシとの距離が近いです。
企画
2点
職員さんが給餌の際、ボールやリングをプールに投げ、取ってこさせるようなショー?をやっ て いました。
施設
2点
少々老朽化の目立つ施設ですし、売店もありません。しかし、真冬に行ったとき、館内にセルフ サービスで無料のインスタントコーヒーや、紅茶が用意されてたのは非常にうれしかったです。

雑感・感想など


雪の中のゴマフアザラシたち 小さな都市の小さな水族館という風情です。ノシャップ岬の灯台の袂にある水族館です。夏期 に行ったらそれなりに人が入っているのですが、冬期に行った際 ははほとんどお客さんがいませんでした。しかし冬期に訪れた際、館内に暖かい飲み物が用意されており、非常に好感を持ちました。これこそ訪問者の立場に 立ったサービスですよね。おかげで凍えることもなく長時間アザラシを撮影することができました。

 


模様の無い顔のつぶれた仁王立ちアザラシ


動画(4.7MB)

生後一ヶ月くらいの赤ちゃんアザラシ
背中に白い毛が残っていますね

アザラシについては、多分ゴマフアザラシのみの飼育ですが飼育頭数が非常に多い印象を受け ます。プールが極端に広くないせいかもしれませんが。プールは 大き なプールが一つあって大人のアザラシが結構な数で暮らしています。もう一つ中くらいのプールがあってここではアザラシとペンギンが同居して暮らしていまし た。この中くらいのプールにいるのは大人プールに比べ体の小さなアザラシでしたので、まだ若いアザラシなのかな。このプールには模様のはっきりしないアザ ラシがいてひょっとしたらそいつはワモンアザラシかもしれません。このアザラシの写真を載せておきますが、ご覧のように顔がつぶれ気味でプールで仁王立ち する珍妙なアザラシでした。そしてもう一つ、大きなプールの隅に極小 のプール、というのも気が引けるようなスペースがあり、そこにはもっと小さなアザラシたちが暮らしていました。2005年5月に行った際は生後一ヶ月くら いの赤ちゃんアザラシと、2~3頭の小さなアザラシたち(2004年産まれ??)が暮らしていました。その辺の解説がまったくないのでどういう区切りで プールを分けているのかもわからないのです。
動画(1.84MB)

わっかとボールを使ったショー


餌の投入を待つゴマフアザラシ
大きなプール脇では魚の無人販売スペースがあるので、アザラシに餌をやることができます。 (冬期に行った際は魚の販売はありませんでした。凍るからか な?)餌は小さなバケツに魚(イカナゴ?)が入っていて、一個100円で売っていました。アザラシへの餌をやるのは人気があるようでして、私が5月の 連休に行った際には、あっという間に売り切れていました。

給餌の際、中くらいのプールで職員さんがボールや輪をプールに投げ入れて、アザラシに取ってこさせるというようなショー?を行っていました。ただおた るのショーのような、音楽がなってお客さん参加してといったような、アザラシを見せるための明確なショーというわけでもなく、とっかりセンターのような解 説を行うわけでもなくでした。淡々とアザラシに魚を与えながら、プールにボールを投げ入れ、取ってきたら魚を与え、またボールを投げ入れての繰り返しでし た。見てるとそれなりに楽しいのですがちょっと物足りないかんじもします。もう一工夫あると良かったかな(^^)

眉毛が凍るくらいの寒さでも幸せそうな顔をして昼寝をしています


子供アザラシもこの通り
ひげの一本一本まで氷やら雪やらが付着しています
冬期に行った際は大プールと赤ちゃん用のスペースの水が抜かれ大人アザラシと赤ちゃんアザ ラシたちがごろごろ転がっていました。たまたま水を抜いていた のか、冬期はずっと水を抜いているのかはわかりませんでしたが、普段はプールの中にいるアザラシ達が陸の上でゴロゴロ転がってずりずり這っているのも見て いて可愛くてよかったです。雪が降りしきる中、雪まみれになっても元気に這い回っているアザラシたちを見るとやっぱりこいつらは氷の上でも平気な生き物な んだなぁ、と実感します。冬のノシャップ寒流水族館もお勧めですよ。

売店はまったくないのですが、水族館内部のコイン自販機で、表がフウセンウオ(この水族館の「顔」です)、裏がアザラシという記念メダルを 売っていました。