サンピアザ水族館

今日は札幌市の郊外にあるサンピアザ水族館に行って来ました。
水族館は夏休み期間らしく特別展を行っており、なかなか見応えがありました。
サンピアザ水族館は小さな水族館ながらも、ペンギンを出して通路を歩き回らせたり、お客さんが亀に餌を与えさせたりなどイベントも多く行っておりがんばっているなーといった印象を受けました。
水族館の詳細はいつものように後日パソコンからアップします。
北海道のアザラシ飼育施設のうちこのサイトに掲載していないのは、水族館二つに動物園二つ。今年の夏のうちに全てを回るのが目標であり予定でもあります。
とっかりセンターにも行かなきゃですし今年の夏はアザラシ三昧です。

街の中の水族館・サンピアザ水族館 2005年7月31日

7月31日に札幌市厚別区にあるサンピアザ水族館に行ってきました。私がサンピアザ水族館に行ったのは、4年ほど前に一回行ったのみです。その記憶もほとんど無くなっていたのですこぶる新鮮な気持ちで行ってきました。

私はサンピアザ水族館のある札幌市に住んでいますが、水族館は自宅から10kmほど離れた場所にあります。水族館はJR、地下鉄の駅とほぼ直結して い るので、公共交通を使って向かうにはとても便利な場所にあります。ただ今回は水族館以外にも野暮用がありまして、自家用車を使いました。訪れた日は夏 休み最初の週末水族館近辺では縁日が開かれたくさんのお客さんで賑わっていました。


サンピアザ水族館外観

水族館の周りは縁日でした。

さて窓口にweb割引券を提示し入場料を払い、早速入館します。館内はかなり照明を落としてくらめですが、ライトを水槽に当て幻想的に見えます。一階は 魚 主体、たまにエビ、カニ、タコ、カメが混じります。二階は鮭科の魚類、ウチダザリガニ、電気ウナギに、ペンギン、ラッコ、そしてゴマフアザラシなどが目に 付きま す。この日は夏休み期間だったこともあり特別展示を行っており様々な種類のカエルを展示していました。サケ科の魚には自販機(というと聞こえはいいです が、ガチャガチャの事です)で売っている餌をあげられ、電気ウナギはボーボー電球を光らせています。


ゴマフアザラシのプールです。

二階にいた両生類の仲間
興味を持っていないとあっという間に名前を忘れてしまいます。
前足具合が素敵で撮影しました

アザラシは二階の一角の小さな水槽にいました。飼育しているアザラシは2頭のみでして2頭ともゴマフアザラシです。写真でもお分かり頂けると思います が、 水槽はアザラシの体がようやく浸かるくらいの浅い小さなプールです。お客さんが見られるのはガラス越しで、し かも水面はガラスの下にあるので水中の様子が見られません。そのガラスも水しぶきや傷がついて、中のアザラシの様子は鮮明に見えないものです。写真を撮 る際、オートでピントを合わせるとカメラがこの傷やら水しぶきやらを拾ってしまい、ピンぼけ写真がたくさんできます。マニュアルでピントを合 わせられないカメラで撮影する際には注意してくださいね。
アザラシの様子は動きがせわしなく、落ち着かないものでした。プールを回って泳ぐのも狭くて難しそうな様子でしたし。水面からとき降りぬぼっと顔を 出してきょろきょろ回りを見渡したりしていました。


動画(1.4MB)

プールを泳ぐ様子です。

動画(798KB)

プールの底をいたずらした後、二頭でこっちを見てくれました。

動画(3.2MB)

水槽の前にカメラを置いて撮影してみました。
アザラシが寄ってきますが「何か変なのがあるなぁ」
とでも思ったのでしょうか。

動画(1.7MB)

これもプールの中を泳ぐ様子です

アザラシの説明版
文中のフイリアザラシ=ワモンアザラシです。

左の写真下部の海獣の説明部分

アザラシプールの右下に貼ってありました
二頭のうち一頭は来たばかりなのかな?

私の方にまで寄ってきてくれました。

サンピアザ水族館にはペンギン、ラッコ、アザラシの恒温動物が飼育されていますが他の二つに較べアザラシは迫害されすぎです。ラッコは1頭のみの飼育で す が、サンピアザ最大級の水槽を占領し悠々と暮らしていました。また、この水槽は人間の目の高さに水面があるので目の前をラッコが泳いでいく様を観察するこ とができます。ペンギンもアザラシより広いプールに住み、水面も高いので水中の様子も観察できます。ペンギンが館内を歩き回るイベントも行われているので ペンギンファンにはたまらないでしょう。
それに比べアザラシの展示は上に書いたとおりです。いっそのことラッコの水槽にアザラシを一緒に飼育してしまえば…とか思うのは素人の考えですね…


ペンギン水槽です。
水面が高く水中のペンギンの様子を観察できました。

ガラスに傷やら水が付着しています。肉眼で見ると
結構脳みそが補正してくれるのですが写真だと…(^^;

サンピアザ水族館のアザラシ

サンピアザ水族館は札幌市近郊にある小さな水族館です。アザラシはゴマフアザラシが二頭のみ。また水族館というのは海沿いの広い土地に建っているものが一般的だと思います が、サンピアザ水族館は海から20kmくらいも内陸の入り組んだあまり土地も余っていないような商業地域の一角にあります。ですから規模が小さいのは仕方 ないのかもしれません。一方商業地域ですから非常に交通の便も良く、北海道でもっとも訪れやすいアザラシ飼育施設とも言えます。

管理人による お勧め度 C

営業期間・休業日
(2005年度)年中無休
営業時間4月~9月  10:00~18:30まで
10月~3月  10:00~18:00まで
※入場券の販売は閉館の30分前で終了します
アクセス地下鉄東西線・JR千歳線 新さっぽろ駅 徒歩5分
公式サイト
サンピアザ水族館

独 断による評価
総得点
8点
評価理由

入場料
2点
大人900円(web割(1割引)あり。上記公式サイトからどうぞ)

アザラシ
1点
ゴマフアザラシが二頭はちとさびしい。

展示
1点
狭いプールを窮屈そうにアザラシが泳いでいます。アザラシとはガラス越しで少し見難いです。

企画
1点
アザラシに関しては特に何もやっていません。

施設
3点
館内の照明は暗めで雰囲気は出ています。アザラシ以外の展示は小さい水族館ながらがんばって いる印象を受けましたし、嫌いじゃないのですがアザラシサイトとしての評価は…(^^;ショップは大きくは無いのですが道内の他施設から見れば充実してる 方だと思います。

雑感・感想など


サンピアザ水族館の外観です。 札幌市の東部にある小さな水族館です。上にも書いたように水族館 ながらも海からは離れ、ビルの中にあります。イメージとしてはデパートとかの1階、2階 に水槽を置いて水族館にしたようなものです。JR・地下鉄駅からもほとんど直結し、交通の便は非常に良いです。商業地区にあるので駐車場は一見無いように 見えますが付近の商業施設と駐車場を共有しており、2時間までは無料で止められます。
館内の雰囲気は悪くないのですが、かなり暗いですね。照明を暗めにしているのも狭い館内を感じさせない工夫か もしれません。ただ館内は狭いものの、小さな水槽が雰囲気良く並べられ落ち着いて眺めると結構楽しめます、ホントに。エビやカニ、オオカミウオなんかは見 入ってしまいました。水族館の面白さは規模だけではないな、と感じました。狭いながらもラッコ、ペンギンもいますし。 ただ肝心のアザラシの展示には落胆しました。他のところではそれ ほど不満は無かったので非常に残念です。まず何より残念だったのが水槽が狭いこと、アザ ラシが思う存分泳げなさそうでした。そして水槽が全面ガラス張りで泳いだアザラシの水しぶきとガラスの傷で、中があまり見えなかったことも残念でした。こ の水族館に恒温動物はラッコとアザラシとペンギンのみですがこの中でアザラシが一番見難いのも残念でした。ラッコとペンギンは水中の様子まで観察できるほ どでとてもよかったのですが…。ラッコは1頭のくせにアザラシの数倍の大きさの水槽にいましたし。

売店は特にアザラシに関するものが豊富というわけではないのですが「サンピアザ水族館だけ」と書かれたアザラシの土鈴が印象に残っています。買いません でしたが…。土の素朴な感じが出ていて素敵でした。
泳ぐゴマフアザラシです。

動画(3.1MB)

ぬぼっとした顔を上げます。


水槽の様子です。
アザラシ以外ではほんと良い水族館ですよ。ペンギンが水族館の通路を歩いたり、亀に餌をあ げたりといったようなイベントもやっていますし、web割、年 間パスポートの発行など運営面でも努力している姿には好感を持ちますし。ただ施設の規模が小さいのは否めなく、結果としてこれといった売りが無いとも言え ます。動物園・水族館激戦区の北海道では埋もれてしまうのも仕方ないですね。水族館としては海獣量トップクラスのおたる水族館が近くにありますし、同じ札 幌市内には円山動物園もあります。こういう施設に飼育生物で勝負するのは諦めましょう(^^)
サンピアザ水族館の最大の特徴はJR・地下鉄駅に近く、札幌都市圏内からのアクセスが良いことです。こういった条件なので札幌市民が仕事帰りにちょっと息 抜きに寄ることができるような施設にしてみてはいかがでしょうか。水槽の展示はきれいなのでデートにはよさそうですし、実際私が訪問した際にもカップルは 多かったです。ただリピーターを獲得するにはこの値段設定は少々きついと思います。同じ市内の円山動物園(こっちは市営ですが…)が600円ですし。私と しては300~400円くらいしていただければありがたいかと(^^)お客さんが増えれば館内のショップも儲かるでしょうし、飲食物も売れるでしょうから 結構メリットはあると思うのですが…。 道外から旅行などで札幌に立ち寄る方でもちょっとの時間で立ち寄ることができます。アザラ シのみが目的なら館内一周するのに5分もかかりません。
道外からくる方はほとんどが飛行機利用で、その大部分が新千歳空港利用かと思います。新千歳空港から札幌・小樽・旭川方面に向かう場合、JRを利用する 方は快速を利用することになると思います。その快速が札幌の手前に止まる新札幌駅がサンピアザ水族館最寄の駅です。新千歳空港→(JR快速)→新札幌(サ ンピアザ水族館)→札幌→小樽・旭川といったような流れになります。

また札幌を観光して空港に帰る際にちょっと時間を取って寄るのも良いかもしれません。
時計台や大通公園、すすきの辺りからなら市営地下鉄東西線に乗るのがお勧めです。大通→(市営地下鉄東西線)→新さっぽろ(サンピアザ水族館)→新札幌駅 →(JR快速)→新千歳空港という流れになります

 


動画(1.4MB)

泳いでいるアザラシです。