まろび出る春

先日から春づいている当ブログ。春はアザラシの世界では繁殖期。人間の世界では変質者の季節。ちんちんを露出する季節です。
しながわ水族館のアザラシも繁殖期のせいか、ちんちんを出しっぱなしで泳いでいました。アザラシたちにとっては普通のこと。このようなアザラシを見ても肉体的な意味でも精神的な意味でも病気な訳ではないのでご安心ください。
IMG_1083.jpg
水の抵抗が増さないのかなぁ、と余計なことを心配してしまいます。
IMG_0993.jpg
そんな指を差さないでも(^^)でも普通の人は何だあれと思いますよね。「ちんちんまろび出中」と張り紙をするわけにもいかないでしょうし。
IMG_1083.jpg
モザイクを入れてみました。モザイクを入れた途端、卑猥になりますね。不思議。
しながわ水族館はオスとメスを混ぜて飼っているのでそのうち赤ちゃんが生まれるかも?楽しみです。

アザラシ飛ぶ春~6年ぶりのしながわ水族館~

春分の日の本日、思い立って久しぶりにしながわ水族館に行ってまいりました。
しながわ水族館のアザラシ館は2006年のアザラシ館をリニューアルした際に展示に写真を提供した縁で訪れて以来、なんと6年ぶりの訪問。もうそんなに経ったのか、、、と改めて思います。
祝日ですから今日のしながわ水族館は大盛況。6年前にお世話になった職員さんにもご挨拶申し上げたかったのですが、館全体が活気で満ちていて、お忙しいかと思い、遠慮してしまいました(^^;
それはともかく、早速アザラシ館へ。6年前に来たときは公開前だったのでお客さんがいなかったのですが、今回はお客さんも大入り。皆さんアザラシを見て歓声を上げています!アザラシも元気に泳いでいました。しながわ水族館のアザラシ館は陸からも見られますし、プールの中にも人間が通れるトンネルがあって、アザラシの泳ぐ様子を下や横から見上げることもできます。コンパクトながらもお客さんも楽しめる非常に良いプールだと改めて思いました。
IMG_1099.jpg
水中を飛ぶように泳ぐアザラシ。彼らは水中の中でこそ、活き活きした動きをします!もちろん陸でゴロゴロしている姿も好きですが(^^;
IMG_1091.jpg
しながわ水族館のアザラシ館は、小さな子どもはもちろん、大人も夢中になるプール。多くの動物園・水族館だとアザラシはその辺で沈んで水中に転がっていたり、陸で寝ていたりする事が多いので、失笑を買うのが落ちです。ですので、一般のお客さんにとっては長時間見る対象となる生き物ではないと思いますが、しながわ水族館ではメインを張っています!
お客さんからも「ここのアザラシすげー!!」という声が上がっていました。私を褒められているわけではないですが、やはりアザラシ好きな一人としてはうれしいです。
IMG_1146.jpg
一日二回のブリーディングタイム(餌の時間)の〆は「さくら?」のジャンプ。アザラシ歴10年くらいになりますが、ここまで飛び上がるアザラシを見たのは初めてかも!
6年前はアザラシ館以外はあまり拝見できなかったので、今日は館内も一巡。印象としては全体的に世界の珍獣・奇魚の類が少なく、日本の周りの生き物の展示を丁寧にしている印象を受けました。エントランスも日本の河川や東京湾の海を再現する水槽でしたし。アザラシも日本でよく見られるゴマフアザラシを一種のみの展示です。
しかし、しながわ水族館を訪れた人の心に一番深く突き刺さるのは、ゴマフアザラシではないかと思います!(私がアザラシ好きという贔屓目を除いても。)ゴマフアザラシはアザラシの中でも日本では最もありふれた(=何の変哲もない)種。
パンダやコアラなどの珍獣奇魚を集めて客を呼ぼうとする施設への強烈なアンチテーゼ。展示の仕方さえ良ければわざわざ異国から変わった生き物を無理やり連れてこなくても、日本の生き物で十分戦えることを改めて感じました。私は世界の珍獣奇魚も良いけれど、日本の身近にも面白い生物がいることをもっと注目しようぜ、と思い、国内の(特に北海道の)アザラシに焦点を絞ったこのサイトを作ったので、しながわ水族館の展示には共感するところが多く有りました。
後半は少し抹香臭くなりましたが、しながわ水族館ではいろいろ素敵なネタを仕入れてきたので小出しにしようと思います。

しながわ水族館アザラシ館援護射撃

先のエントリで触れたしながわ水族館アザラシ館への援護射撃です。
アザラシ館のでかい写真を載せた新聞記事を見つけました。館内部の雰囲気が伝わると思います。
→読売新聞「足の下にアザラシ!?しながわ水族館に観察用トンネル」
またふうさんがオープン初日に訪れて訪問記をサイトにアップされています。このサイトからリンクさせていただいているふうさんのサイトもぜひどうぞ。ふうさんの行動力はすごいなぁ。
暑い夏になりますが、しながわ水族館のアザラシたちも頑張ってほしいです。

しながわ水族館のお土産

先日のブログで扱ったしながわ水族館についてのおまけです。
しながわ水族館で買ったお土産についてちょこっと紹介します。
まずは売っている状態は下の写真。
IMG_1543.jpg

これなんだと思います?
団扇っぽく見えますが実は扇子。
拡げると下の画像のようにアザラシが分身します。
IMG_1544.jpg

シンプルかつわかりやすい機能を有し
それをあえてアザラシで表現するなかなかハイレベルな一品だと感じました。
たしかイルカバージョンも売っていましたし、
これからの季節、しながわ水族館のアザラシ館を訪れた際に
探してみるのもいいかもしれません。

しながわ水族館のアザラシ館に行ってきました

皆様おはようございます。7月に入りましたね。
ここ1~2ヶ月間、私が札幌~東京を往復している暮らしをしていることはここでも何度かお伝えしていました。
東京で何をしていたのかと申しますといわゆる就職活動です。
ついに私も引導を渡され、ふらふらアザラシやマリモを追いかける大学院生生活にピリオドを打つときが来たわけです。
で、その就職活動も終焉に近づいてきたので、そろそろアザラシ活動を再開させようと思っております。
さてさて、その復帰第一弾として6月30日にアザラシファンには面白い場所に行ったので紹介しましょう。
その場所とは7月20日にオープン予定のしながわ水族館のアザラシ館。
IMG_1460.jpg
↑7月20日オープン予定のアザラシ館。細かな内装工事等が急ピッチで進んでいます。
なぜ一介の学生にすぎない私がオープン前のアザラシ館に入館できたかと申しますと、実はアザラシ館の北海道のアザラシ生息地に関する展示パネル用に写真を提供させて頂きまして、そのご縁で一般公開より一足前に拝見する機会を得ました。
案内してくださった職員さんは「ぜひとも宣伝してください!」とおっしゃられていたのでここで訪問の様子を紹介しましょう。
ただし「まだオープン前のアザラシ館内部の画像の公開は遠慮を」とのことなので、実際の様子はぜひとも実物を訪れて見てみてくださいね。
IMG_1453.jpg
↑従来のペンギンコーナーからアザラシ館へと向かう通路。まだ工事用のシートに覆われています。
まずは入場門で職員さんと初対面の挨拶を交わし、早速アザラシ館に向かいます。
アザラシ館はオープンに向けまだ内装等の細かな作業が残っているようですがほぼ完成していました。
アザラシは6月27日に新プールに移動したとのことです。
またアザラシ館オープンにあたり、もともとしながわ水族館にいた4頭に加え、おたる水族館からやってきた若い2頭が仲間に加わったとのことです。
まだ新プールに移動して3日ですから、アザラシのほうも慣れていないらしく旧来の4頭はプールのそこでじ~っといじけたりしておりました。
餌も食べていないらしく、職員さんによると餌を食べるまでに数日はかかるかもとのことです。
(皮下脂肪が厚いので数日餌を食べなくても心配は無いようです)
一方おたるからやってきた若い2頭はすでに慣れてしまったらしく新プールを勢いよく泳いでいました。
おたる水族館からやってきた2頭の活躍ぶりに道民としては胸が熱くなりました。
設備面も少し紹介しましょう。
アザラシ館内部は水面上から眺められるのはもちろん、階段を下りて建物内部に下りると水中のアザラシの様子も観察できるような造りです。
透明アクリルをふんだんに使ってプール中に水中トンネルがあり人間が歩ける…と書いても私の文章力ではあまり想像できないでしょうから、見たい方は実際に行きましょう。
あえて書くならばおたる水族館のネズミイルカ&アザラシの混泳プールと旭山動物園のアザラシ館とペンギン館の3つのプールを足して3で割ったようなイメージかな?
またプール内部は疑岩が配置され北海道の岩礁のイメージに造られていました。
ただプールの形が複雑な上に水中トンネルがあるのでプール掃除の方法が難しいらしくその辺は今後の課題のようです。
プールには人工のバブルリングを生む機械も設置されその機械は業者さんとしながわ水族館で作成したとのこと。
また流氷の合間から顔を出すようなシーンをイメージして円状の穴が地上部にあいておりヒョコヒョコ顔を出して欲しい仕掛けもありました。
ただ、この穴からアザラシが顔を出すかはまだ未知数とのことです。
アザラシ館内部は内装の仕上げの真っ最中。
まだ汚してはだめとのことなので私も靴を脱いで拝見しました。
プールの前の真新しいじゅうたんにあぐらをかいて座りボーっとアザラシの様子を見ていると時間が経つのを忘れるくらい楽しいものでした。
やはりアザラシは水中の様子を見られるのが面白いなーと改めて思いました。
私の写真を使ったパネルはゴマフアザラシの基本的な生態と北海道のアザラシ生息地を紹介しているパネルに使用されていました。
網走湖・野付半島・風蓮湖・大黒島の写真が私の提供したものです。
襟裳岬の写真を提供している方は、アザラシ写真界では大御所の、また私自身も尊敬している写真家さんが提供されており、「この方と同等の扱い!」と少々びびりました。
この他にも一枚パネルがありまして、こちらは北海道のアザラシが魚を食べたり網を破ったりするという漁業との問題、また保護活動に関する説明をされていたパネルです。
こちらにあった海岸に打ち上げられカラスにつつかれ死んだと思われるアザラシの子供の写真は衝撃でした。
この可愛いだけじゃないのだよ、いろいろ問題や現実があるのだよ、ということを伝える姿勢は素敵だと思います。
私のペースで拝見しているとエンドレスになってしまうので、程よい頃に切り上げ、お仕事でお忙しい中、案内してくださった職員さんにお礼を伝えアザラシ館を後にします。
施設自体の出来もすばらしいと思いましたし、オープンは7月20日、その後は夏休みに突入です。
ということで、今年の夏のアザラシ館は大いに賑わうでしょう。
旭山の成功以来、こういった意欲的な施設が増えていることはアザラシファンとしても水族館ファンとしてもうれしいことであります。
また落ち着いた頃に行ってみたいです。
IMG_1385.jpg
↑至る所でアザラシ館のオープンがアピールされていました。これは水族館の屋根に掲げられた横断幕。
この場を借りて案内してくださったしながわ水族館のスタッフさんにお礼申し上げます。