鳥羽水族館アザラシ以外の生きものたち

鳥羽水族館、引き続き。アザラシ以外の生き物たち。
入館口すぐ入ったところにある南洋の海を再現したサンゴ水槽。元気なサンゴが育っていました。ミドリイシ系の造礁サンゴ。サンゴは石垣に住んでいたおかげでやっぱり気になる生物。これを見ることを通してサンゴを通して知った研究者、石垣の海にかける石垣の人たちやあの頃を思い出すので愛着があるのかもしれませんね。サンゴはぱっと見、目も口も鼻もない動物としては微妙な生きものなはずなのに・・・。
暗めの水槽が多い水族館のなかで、強烈な南洋の太陽を再現するためか非常に明るい水槽。石垣時代は意識しませんでしたが南洋はこんなに日光が強烈で明るい海だったかと改めて認識させられます。
IMG_8972.jpg
コツメカワウソ。鳥羽のカワウソは仲良く抱っこしてお互いの体の上に足を乗せて転がっていました。この生き物はものすごく愛嬌があり、どこの動物園・水族園でも人気者なのですが、私は眺めているとうちの奥さんを思い出してしまう・・・。超個人的な感想で申し訳ないのですが。丸顔でピーピーやかましかったり相手の腹の上に足とかを上げて寝ていたり、オスの餌を奪ったりオスが昼寝をしている回りで騒いだり・・・。今回の伊勢旅行には妻は連れていませんが、鳥羽に限らずどこの水族館でもこいつは妻を連想させます。
IMG_9020.jpg
鳥羽水族館の名物のセイウチ君。ショーのあとのセイウチに触るコーナー。この日は8/31夏休み最後の土日で激混みでしたが、みんなセイウチに触れるようにおさわりコーナーを何週もしてくれていました。私がセイウチなら触られるのを嫌がって逃げ出しそうですが、彼らはおりこうでした。
IMG_9041.jpg
セイウチアップ。大きいけど優しい目をしてます。鳥羽の海獣はいい表情なのが多かった。鼻の下の線は傷なのかな??
IMG_9043.jpg
ペンギンプール。真夏日で気温が高いので、お兄さんからホースでじゃばじゃば水をかけられていました。暑いのでプールに入れば良いのに、日なたでぼんやり立っているやつもいたりして何を考えているんでしょうか。。。
IMG_9040.jpg
子どもアシカ。トレーニングの重要性を説く素敵な解説板があるんだけど、その隣でこれ見よがしにだらーんと寝てました・・・。
IMG_9051.jpg
この日は夏休み最後の土曜。激混みでまともにゆっくりと動物を見ることはできません。子どもを叱り飛ばす罵声と怒号が飛び交う水族館です。ただ夏休み期間最後なので子供向け?イベントも多く、それに便乗できたのは役得だったかも。こちらは最近人気急上昇中のダイオウグソクムシの解説コーナーの様子。ダイオウグソクムシ係で有名な森滝さんが自ら解説されていました。グソクムシの殻にも触ることができました。プラスチックみたいなさわり心地。天然の造形ですが。
IMG_9052.jpg
館内の海獣コーナーより。このツートンはイロワケイルカ。日本近辺にはいないどころか、南半球に生息する種類なので珍獣の類に分類されるんでしょうね。イルカも国産のイルカじゃダメなのかなー。ミナミバンドウイルカネズミイルカカマイルカシャチ。なかなか日本近海もにも個性的なやつらがそろっている気がしますが。
イルカはアザラシより動きも速いので暗い館内プールで写真を撮るのは一苦労。
IMG_9094.jpg
ラッコ。なぜか鳥羽水族館というとラッコのイメージがありますがなぜだろ?ラッコで何かあったのかな。水槽も特段他と比べて別格的な扱いはされていなかったけど、玄関のキャラクターもラッコでしたし。
IMG_9096.jpg
光差すプールに暮らすスナメリ。スナメリは日本近海にも生息している小型のイルカの一種。伊勢湾にもいるようですので鳥羽水族館らしい生物の一つ。
IMG_9205.jpg
でもですね、表情が無くて正面から見ると、何かいらっとする顔をしているんです。このイルカ。。。笑っているように見えなくもないですが。。好きな方にはごめんなさい(>_<) 私はやっぱりイルカの類は全般的に苦手なのかもしれません。 IMG_9207.jpg
角度を変えて。プールの上からもスナメリプールを見下ろせます。イルカの頭の上に鼻の穴がある様子がよくわかる。
IMG_9224.jpg
海面からこっちを見てくるスナメリ君。人懐っこいといえるのでしょうが、やっぱりいらっとする顔をしている。。。じっくり観察すると愛着も湧くと思いますが、今日はそんなに時間がないのが残念。
IMG_9220.jpg
伊勢の名前がつく魚介類で超有名なものはやはりイセエビ。伊勢地方にある鳥羽水族館だからイセエビを展示するのは当然でその心意気も素敵です。
でもね、このエビ密度は、、、やりすぎ(^^;
IMG_9216.jpg
なんせ夏休みで人が多く、じっくり水族館を味わった感はあまり無いし、鳥羽水族館で有名なカメとジュゴンを見てこなかったので(これは妻に呆れられてしまいました。「君は鳥羽水族館のあのカメとジュゴンを見てこなかったのか」と、、、皆さんはお見逃し無いように。。。)再訪が必要かな。
海獣、とくに我がアザラシ部門に限って行ってしまうと、北海道のおたるやとっかりセンターのインパクトには遠く及ばないし、関東には鴨シーという海獣系ではすばらしい水族館もあるので、これらに比すると海獣では一段劣るか、、、というのが正直な感想ですが、水族館全体としては飼育生物も多く、さすがは「鳥羽」という水族館でした。
あ、伊勢湾の真珠や牡蠣も見たかったですが、そのような展示は無かったような?南米のアマゾンにいそうな魚や世界中の珍獣系の展示が多かったですが、地元の牡蠣も見てみたい。
追記)MMさんから、とっかりセンター出身のつばさを見てこなかったのかとご指摘をいただきました。。。結論からいうとまったく見てません。すっかり忘れてました(´・ω・`)
こんな記事作っていたのに。重ね重ね何しに行ったんだかですね、自分。

鳥羽水族館のアザラシたち

伊勢神宮の遷宮を見物するついでに寄った鳥羽水族館の様子を紹介します。東日本が活動のメインだった私はその高名は聞いていたものの初めていく水族館。ある意味伊勢神宮以上に気になる場所でもあります。
IMG_8966_20130918140239169.jpg
玄関のラッコのキャラクターも伊勢神宮の遷宮モード。
IMG_8969.jpg
眼が釣り上がっているように見えるのでそこはかとなく怖い。動物が日の丸の鉢巻を締めているのもなんか怖い。ラッコはロシアと日本を自由に往来していて欲しいですし。(あ、管理人個人は日の丸好きなので、イデオロギー的な論争になっても面倒なので言っておきます。自衛隊も好きです。)
IMG_8970.jpg
入場料金は大人2400円。北海道感覚からすると相当高い!!という感覚ですが、私営の日本屈指の水族館ならこんなもんでしょうかね。家族4人連れで入館だけで5000円越えるし、交通費を含めたらもっとかかるのでしょうが、阪神圏中京圏からも近いのは恵まれているかもしれません。ちなみに年間パスは6000円。
IMG_8968.jpg
館内の様子の紹介や雑感を述べたいですが、ここは一応アザラシサイトなので、久々にアザラシサイトらしくアザラシからアザラシアザラシ紹介。
鳥羽水族館のアザラシ水槽は屋外のプール。なかなか面白くできた水槽で地下からは水中の様子が見えるし、地平からも水面目線で見ることができ、屋上からもプールを見下ろせる全天候対応型の展示。
IMG_9125.jpg
飼育の仕方もアザラシは日本のゴマフアザラシ、海外のハイイロアザラシ、アシカの仲間は日本のトド、海外のカリフォルニアアシカ、ミナミアフリカオットセイを混ぜて飼育する変わったスタイル。こんなに複数の海獣が混ざって飼われているのは初めて見ました。いじめたりいじめられたりはないのかな。
IMG_9146.jpg
ハイイロアザラシは私は初見。体の模様は一見ゴマフと見分けにくいですが、顔が長いのと、模様がゴマフより細かい。特に顔が長く鼻が出ているので、馬面の間延びした顔でゴマフアザラシの方が愛くるしいと思いました。個人的私見ですがやっぱり私は日本のアザラシが良いなぁ。
IMG_9002.jpg
プールの水はきれいで光が差し込むとキラキラ筋が入って、水中の覗き窓から見るとなんとも幻想的。そこをアシカやアザラシがぬぼっと泳ぎ現れてはまた水中に消えていく。ぼーっと眺めていても飽ません。
IMG_9169.jpg
ゴマフアザラシはあまり働いておらずプールの底で転がっているやつや地上の岩場で転がっているようなやつが多いようで。泳いでお客の相手をしているのはアシカたちかハイイロアザラシが中心。
IMG_9182.jpg
トド。鳥羽のトドは某Oたる水族館のような餌の争奪戦がないせいか、穏やかな顔をしていました。ガラスの目の前で昼寝を始めるし、人間に馴れているようです。
IMG_9141.jpg
この凛々しい顔。
IMG_9135.jpg
このしまりのない顔。。。
IMG_9149.jpg
屋上からプールを見下ろした風景。左上の寝転んでいるのは多分ゴマフアザラシ。右下の手を振っているのもゴマフアザラシ、、、かと思っていたのですが、
IMG_9121.jpg
別角度からの写真。ゴマフにしては顔が長めな気がする。ハイイロアザラシか?もっとちゃんとハイイロアザラシの特徴を抑えておくべきでした。うーん。アザラシ界は奥が深い。
IMG_9130.jpg
エビフライみたいな格好です。この写真だとゴマフっぽいような気もしますが多分ハイイロアザラシですね。
IMG_9137.jpg
鼻から潮を吹くアシカ。虹が出来そう。
IMG_8981.jpg
光差すプールを泳ぐハイイロアザラシ。
IMG_9174.jpg
これもハイイロアザラシ。ゴマフどもは寝てばかりいるので。。。
IMG_9190.jpg
鳥羽水族館にはもう一つアザラシプールがあって、こちらは完全に屋内型。飼育されているのはロシアの淡水湖であるバイカル湖にすむバイカルアザラシ。
IMG_9108.jpg
ゴマフやハイイロアザラシに比べるとかなり小さい体。ワモンアザラシに近いかも。ワモンの輪紋模様を消して濃茶に塗ったような。屋内プールは見やすくするため相当暗い。なかなか泳いでいるバイカルアザラシを撮るのは困難です。
そしてこのアザラシは相当まん丸い!まんまるで愛嬌があります。
IMG_9115.jpg
小さいアザラシなのでぬいぐるみのようなかわいい顔。ヒトのオナゴどもの人気ものになっていました。
IMG_9064.jpg
バイカルアザラシはマリンピア日本海でも見ました。バイカル湖は昔は海。長い時間をかけ海から切り離され、淡水湖に。湖に閉じ込められたといっても、日本のスケールの湖ではなく、四国くらいの面積のあるバイカル湖です。あまり閉じ込められたという閉塞感もなく暮らしていたのではないでしょうかね。ある日、アザラシたちが「水、塩辛くなくね?」と気づいたわけではなく、長い時間、アザラシ的には何世代もかかる時間をかけて徐々に淡水になっていったんでしょうね。なかなかりりしい顔。
IMG_9070.jpg
鳥羽水族館はアザラシも3種いますし、他の海獣類もなかなか充実している高い水族館。ただしアザラシに関しては国産のほうが可愛いかなとおもいました。国産アザラシはゴマフしかいないのが、若干寂しい。
鳥羽水族館後半戦はアザラシ以外の生物などを紹介したいと思います。

鳥羽水族館のゴマフアザラシ「つばさ」が出産

鳥羽水族館のゴマフアザラシのつばさが出産したようです。
http://www.aquarium.co.jp/topics/index.php?id=159#tsubasa
つばさは鳥羽水族館に嫁入りする前はとっかりセンターにおりまして、私自身も北海道在住時代にセンターに行くたびによく見かけたり触ったりしたアザラシの一頭で、よく覚えています。このサイトのトップ画像は二頭のアザラシが向かい合っている画像ですが、このうちの一頭がこのとっかりセンター時代のつばさです。
出産したつばさ親子は一般公開されているようですので、お近くの方は白い毛に覆われた赤ちゃんを見に行かれてはいかがでしょうか?
白い毛も数週間もすれば抜け落ちてしまうので、見に行くなら今です!
鳥羽水族館、至れり尽くせりのサービスで、親子の実況中継カメラもあるようですので、遠方の方はこちらでぜひ。(アザラシ掲示板にライブカメラ情報を投稿くださったMMさんありがとうございます。投稿いただいた際は「鳥羽は行ったことがないしあまり縁が無い水族館かなぁ・・・」と思ったものですが、とっかりセンターからのアザラシが子どもを産んだのが見られるとは思いませんでした。改めて御礼申し上げます。)
http://www.ustream.tv/channel/toba-aquarium3?utm_campaign=www.aquarium.co.jp&utm_source=11027520&utm_medium=social
私が見たときは白い毛に覆われた赤子が乳を飲んだりふにふに這いずりまわったり、つばさもゴロゴロしている様子が観察できました。
追記1)ライブカメラはすばらしく私のスマートホンでもちゃんとライブ中継されます。ということはタブレットとかでも見られるのでしょうね。通信環境に問題の無い方はぜひご覧ください。
追記2)この追記2を書いているのが日付が変わって4/6の0:12。まだアザラシプールは明るくて寝転がっているつばさのどてっぱらから赤ちゃんが母乳を飲んでいるように見えます。アザラシの赤ちゃんは寝ないのかなぁ?と思うとともに、アザラシの赤子は高栄養のミルクを飲んであっという間に育つそうですから案外24時間体制でミルクを飲むのかも?そういや人間の赤子も三時間おきにミルクを飲むとか聞いた気がしますし。これは目が離せない。。。一週間の仕事の疲れがたまってますが・・・。
といっていうちに赤ちゃんがつばさから離れてふにふにはいずりだしました。もうしばらく見守りたいと思います。(便利な時代になったなぁ)
↓は今(4/6 0:20)のつばさ親子。子ども(下の白いやつ)は絶えず動き回っていて、つばさも時々鰭を動かしているので落ち着いていないのかも。
toba.jpg