海で魚を突く!!~続き・2017年の夏の海を振り返る~

さて、やっすい竹ヤスを手に入れた2017年の夏の海

 

竹やすの使い勝手について、早速どんなものか、やっすい安で魚を捕らえられるのか試しに行きます。

 

 …この続きを読む

2017年の夏の海を振り返る

歳をとると時間の経過が早くなると感じると申しますが、2017年の夏はあっという間でした。仕事の合間にわたわた帰省してに会ってトンボ帰りして仕事して、、、というのを2~3回繰り返したらもう秋も進んで稲刈りもはじまり虫の声の大合唱に包まれている、そんな感じです。

この日記のようなブログのようなサイトも更新は一ヶ月ちょい前。カステラの話をしていますが、そんなことを考えていたのははるか昔のようにも感じます。

さてそんな2017年の夏。夏といえばやはり海に行きたい。単身赴任先でも車で数分走れば海があります。夏を感じたいということで海にも何度か行ってました。まぁ海水浴をする人もいなければ漁業がされる地域でもないのですが。

 …この続きを読む

マンタ舞う海!~パラオダイビング旅行記7~

ブルーコーナーでギンガメアジの壁のような群れを見た後、やってきたのはジャーマンチャネル。英語で書くとGerman Chanelで”ドイツの水路”。ここはパラオが日本の委任統治領になる前、ドイツの植民地だった頃に、サンゴ礁を掘った人工の水路近くのポイントです。(ジャーマンと言いつつ、この水路はアメリカがこの水路を作ったという説もあります。また大戦中にアメリカがこの水路を日本軍が通らないように工作したという話もありまして、実際はよく分かりません。アメリカなら自分が作った水路ならアメリカンチャネルとか命名しそうなものですが、、、。水路をどこが作ったかはこのサイトの内容に関係ないので先に進みます。)

航空写真を見ると水路の存在がはっきり分かります。

 …この続きを読む

十年一昔、、、山中湖「富士マリモ棲息地」の碑

昨日所用があり富士五湖方面へ。 富士五湖といえば日本でも有数のマリモ生息地!私が駆け出しのマリモファンだった頃、勢いに任せて当時住んでいた北海道から日本各地のマリモ生息地を見に行って、富士五湖周辺にも行ったことがあります。当時はまだ車の免許も持っていない若さ(!)だったので、河口湖周辺の安宿を根城にして、公共の交通機関と自分の脚でウロウロしたものです。飛び込みアポなしで来たマリモを気にする変な学生にも町役場や観光協会の皆さんは優しかったものです。 そんなことを思い出しますが山中湖に行くのは実に当時の2002年ぶり。厳密に言えば …この続きを読む

ナデ肩にセグロカモメとトドの○○=北海道積丹旅行4=

野生のエゾリスと遊んだ後 海獣記  …この続きを読む

積丹半島へ、、あ、なんか横切った!=北海道積丹旅行3=

北海道二日目。今日は積丹半島を目指します。まずは積丹岬周辺を廻ってから、アザラシが絶対にいるだろうと睨んでるもののまだ未遭遇の神威岬周辺を行く予定です。多分午前中くらいでいいとこまわれそうなのであとは適当に積丹半島を回るか小樽に戻ってくるか、と思っています。 起床は5時。昨夜の就寝は1時半でしかも健康ランドの大部屋絨毯の上にごろ寝ですので、大して快適でもなく、疲れも取れない。こんなところに泊まったのは、目が覚めたらさっさと早朝にチェックアウトしても惜しくないから!貧乏性です。 北海道はすでに初夏の気配というと大袈裟ですが、朝の五時にはすっかり夜が明けています。お天道様が出ている時間は無駄にしたくない。さらに朝は特に動物が活発ですし、まだ人間に荒らされていないです。なので、早朝から車で移動です。これもお伴がいたら気を使うところです。前日はタイヤトラブルでしたが今日はタイヤも快調のようです。 小樽港の脇を通ったら、新日本海フェリー小樽新潟航路の”ゆうかり”が巨体を休めていました。 …この続きを読む