海で魚を突く!!~続き・2017年の夏の海を振り返る~

さて、やっすい竹ヤスを手に入れた2017年の夏の海

 

竹やすの使い勝手について、早速どんなものか、やっすい安で魚を捕らえられるのか試しに行きます。

 

あまり小さい魚を狙っても仕方ない、、、で、最初に狙いをつけたのはカワハギ。15~20cmくらいの大きさで、手ごろなサイズの魚です。フグ目の魚なので動きは比較的とろくで魚突き初心者にはもってこい。
旨い魚なのでやる気も出ます。

、、、海の中でカワハギを見かけて、一度海面で呼吸を整え、ヤスのゴムを引いて潜行します。体感ではカワハギの50cmくらいに近づいてヤスを発射!一投目で、カワハギを捕らえました!!

この日は結局、見つけたカワハギを全て仕留めました。案外いけるもんですね。動きも遅くカワハギはやはり初心者向けなのでしょう。


カワハギは、身は刺身、そして超美味な肝は醤油と和えます。夏なので肝は小さめだったけども。他のアラや内臓は味噌で煮込んでアラ汁というか煮込みの中間のような物にします。ビールと一緒に頂くと旨い。本当に自分で捕まえた魚は旨い。魚たちの世界の海の中で捕まえたので、人間側の空間に引きずり出す釣りより満足感が大きい。

 

この結果に気をよくした私は夏の間は連日海へ繰り出すことになったのです。
やはりもう少し難易度が高くでかい魚を獲りたい・・・!!!

 

で、次に捕らえたのは、、、こいつ。

これはイラという魚。実は捕まえたと時は何という魚かよくわからなず、ブダイの仲間か何かと思ったのですが、イラという魚らしい。私が産まれた東日本ではあまり見ない魚です。(ですが比較的安い魚らしいです)。


まな板の上で記念撮影。30cmを越えているなかなかのサイズ。私がもぐった海では結構イラが泳いでいるのを見かけたのですが、この魚、鱗が分厚く、何度かヤスが弾かれたり刺さりが甘く逃げられたり、を繰り返しました。捕まえたやつは横から頭の辺りを突いて捕らえたやつです。

そしてついでに捕らえた物は、、、

 


手ごろなサイズのタコ!これも頭を突いたけど、海底にへばりつき、海面に上げるのに難儀をしたものです。海底のタコにヤスを突きたてたまま何度か息継ぎで海面への浮上を繰り返しようやく捕まえたやつ。


タコとイラの刺身にイラのアラ汁。イラはあまり味がしないとかそれほど旨くない等々、いろいろなサイトには書いてあるけど、淡白な味で私は結構好きなタイプの刺身でした。タコが美味なのは当然。。。取れた手のタコは旨かった!

この結果に気を良くしてまた海へ。

宿敵であるアイゴ(結構でかい)を突いたり、、、


何かよくわかんないシマシマの魚を突いたり、(後ほどタカノハダイと判明。)

アイゴもタカノハダイも磯臭くて美味しくない説が強い魚ですが、この自分で突いた魚は新鮮そのもの。刺身は普通に美味しく食べられました。まぁ夏という季節のもあるのか、そこまで旨い!と絶賛する味ではなかったけど。ただ、確かに内臓は強烈な磯臭さを放っていたので、すぐに捌いて内臓は2重のビニール袋に包んで捨てましたが、、、。

 

これまでは海の生き物を愛でるのが多かった海遊びですがたまに食べるをやってもいいなぁ、と思った2017年でした。(魚突きをした海は遊漁者の魚突きが認められている海域です。場所によってはゴム付やすの使用が認められていない海域もあるので留意しましょう))

2017年の夏の海を振り返る

歳をとると時間の経過が早くなると感じると申しますが、2017年の夏はあっという間でした。仕事の合間にわたわた帰省してに会ってトンボ帰りして仕事して、、、というのを2~3回繰り返したらもう秋も進んで稲刈りもはじまり虫の声の大合唱に包まれている、そんな感じです。

この日記のようなブログのようなサイトも更新は一ヶ月ちょい前。カステラの話をしていますが、そんなことを考えていたのははるか昔のようにも感じます。

さてそんな2017年の夏。夏といえばやはり海に行きたい。単身赴任先でも車で数分走れば海があります。夏を感じたいということで海にも何度か行ってました。まぁ海水浴をする人もいなければ漁業がされる地域でもないのですが。

 

海の中に入ると、、、サンゴがいます。ハマサンゴかな?その肩にはカラフルなイバラカンザシが付いています。

海に咲いている野の花のよう。石垣に住んでいたとき、ダイビングにいく南の海ではよく見た生き物。九州の北の海で旧友に再会したような気分です。

ミドリイシ系のサンゴもいます。さすが九州。

ミドリイシは造礁サンゴではもっともメジャーな仲間で、私が一番好きなサンゴの仲間。これも旧友に再会したような気分。海はつながっているんだなと実感します。

もう一個サンゴの写真。

チヂミウスコモンサンゴ(多分)。これも八重山の海ではよくみた懐かしいやつ。

 

さて、スノーケルで海を彷徨うのも面白いのですが、今年は何か新しいことをはじめたい。ということで手にした物はこいつ。

竹製のヤス。近所のホームセンターで398円で売っている物です!耐久性はあまりなさそうですが。。。

道具はダイビング用のフィンやマスク。

さて398円の竹やすの魚突きがどんな結果になったか、、、は次回紹介したいと思います。

 

マンタ舞う海!~パラオダイビング旅行記7~

ブルーコーナーでギンガメアジの壁のような群れを見た後、やってきたのはジャーマンチャネル。英語で書くとGerman Chanelで”ドイツの水路”。ここはパラオが日本の委任統治領になる前、ドイツの植民地だった頃に、サンゴ礁を掘った人工の水路近くのポイントです。(ジャーマンと言いつつ、この水路はアメリカがこの水路を作ったという説もあります。また大戦中にアメリカがこの水路を日本軍が通らないように工作したという話もありまして、実際はよく分かりません。アメリカなら自分が作った水路ならアメリカンチャネルとか命名しそうなものですが、、、。水路をどこが作ったかはこのサイトの内容に関係ないので先に進みます。)

航空写真を見ると水路の存在がはっきり分かります。

船からは名高いセブンティアイランドも見えます。天気も良くなってきて海も空も良いコンディション。

20151210133540IMG_3449_40D

海の上から写真を撮ると海底の岩礁や砂の白さがわかりますが、このポイントのうりはサンゴではなくマンタ!マンタとなると3ヶ月前に石垣島・川平石崎でこんなマンタを見ているので、マンタなら容易なことでは驚かないぜ、、、と思いながら海に入ります。


 →続きを読む

十年一昔、、、山中湖「富士マリモ棲息地」の碑

昨日所用があり富士五湖方面へ。
富士五湖といえば日本でも有数のマリモ生息地!私が駆け出しのマリモファンだった頃、勢いに任せて当時住んでいた北海道から日本各地のマリモ生息地を見に行って、富士五湖周辺にも行ったことがあります。当時はまだ車の免許も持っていない若さ(!)だったので、河口湖周辺の安宿を根城にして、公共の交通機関と自分の脚でウロウロしたものです。飛び込みアポなしで来たマリモを気にする変な学生にも町役場や観光協会の皆さんは優しかったものです。
そんなことを思い出しますが山中湖に行くのは実に当時の2002年ぶり。厳密に言えば2012年に富士山に登ったときに上から山中湖を眺めていますが、、、)所用のついでに湖畔の「富士マリモ棲息地」の碑を拝んでこようと思いました。
(2002年3月に撮影した「天然記念物富士マリモ棲息地」の碑。山中湖畔に建っているのです。当時書いた様子はこんな所に。拙い文で恐縮ですが。)
P1010057.jpg
さて2015年の山中湖。マリモ棲息地の碑は代わらず立っているのかな?と思いながら山中湖に向かいます。山中湖畔を車で走っていると13年分の感慨というか山中湖に来たのはそれほど昔ではない感覚だったのですが、あれから大学を無事に卒業し、さらに北海道を出て、仙台に住んだり、石垣に住んだりふらふらして、最近は妙な国々に行かされたり、団地で変な部屋を作ったりとか当時想像も出来ないようなことをしてきて年を食ったなぁ、、、と妙な感覚になります。
私の感慨はともかく富士マリモ棲息地の碑を探しますが、なんとなく国道138号線の山中湖畔を走行中、湖沿い側に注意を払って運転していたら程なく見覚えのある懐かしい石碑の姿が!
かつては石碑がぽつんと寂しく湖畔に立っていた記憶がありますが、今は駐車場が整備され、ちょっとした植樹やベンチが置かれ、マリモの解説板も置かれ「マリモ公園」として整備されていました。
IMG_5389.jpg
これはなかなか嬉しい。山中湖でもちょっとはマリモがメジャーになったのでしょうか。
ただ、↑のレポートにあるトイレ「毬藻庵」は見つけられませんでした。残念ながら老朽化で撤去された?
、、、と思ったまでは良かったのですが、我が家に帰って、2002年当時の写真を眺めつつ作日(2015年)の写真を整理していて妙なことに気付きました。
「棲息地碑の背景が変わっているような・・・・?」
上のカットとは異なる碑を正面から捉えた写真を並べてみると、、、
(2015年↓)
IMG_5383.jpg
(2002年↓)
P1010058.jpg
左側の浮き桟橋とマリモ公園の整備のおかげでなんとなく見落としがちですが、背景の山の稜線の感じが違うような。別々の場所に同じものが2本あるのかと思いましたが、台座のシミ模様から多分同一のもの。となると、石碑が動いた??
改めて、↑に引用した私の拙いレポートを見てみると、「山中湖村役場付近の湖岸に生息記念碑があると村役場で教わった」と記載がありますし、ページ最下部の「山中湖の地図」を見ても役場近くに碑があるように見えます。2015年の碑はもっと北側で地図で言えば毬藻庵のあった辺りなはずですが、、、。
夜な夜な夜中になるとマリモ棲息地の石碑が湖畔をズリズリ動いて、13年かけて現在の地へ、、、となると面白いのですが、昔の記録が間違っていたのかなぁ、学生の頃に作ったものだし。。。と思わないでもない。
念のため検索してみると、、あっさり解決しました。山梨日日新聞のサイトに”碑は2009年に現在の場所に移された”とありました。しかし残念ながら今でも関心はめちゃくちゃ低いようですね(>_<) 山中湖畔の皆さんの想いは素晴らしいですが残念です。確かに私が碑を眺めているとき(夏休みの最初の週の土曜の午後なので観光客は周辺にそれなりにいましたが)誰もこの碑を見にくることはなかったです。 まぁいくら貴重な生物だとしても、山中湖のマリモを実際に見ることはできるところは極限られている現状であり、実際に食べることも触ることはもちろん見ることも出来ないとなれば、石碑だけでは、一部のマニアは除き一般の方の関心を引くのは困難でしょう。。。トキやウナギにしたって実際に見たり食べたりできるから関心が高いわけですから。希少野生生物の保護の難しさを改めて感じます。 富士マリモ棲息地の碑の位置
(追伸)トイレ「毬藻庵」はグーグルのストリートビューで確認したところ健在のようです。というよりフジマリモ棲息地の碑から数十メートルしか離れていないようです。むしろ昨日の訪問時によく見落としてしまったな、思います。。。
ストリートビューの画面。画面左側の細長いのが「マリモ棲息地の碑」。右奥の平屋がトイレ「毬藻庵」です。

ナデ肩にセグロカモメとトドの○○=北海道積丹旅行4=

野生のエゾリスと遊んだ後は島武意海岸の駐車場に車を止め、積丹自然遊歩道で女郎子岩まで往復し、海岸に何かいないか探す予定です。
150412-0732-IMG_3270.jpg
と、その前に、駐車場からすぐのところにある徒歩専用のトンネルを潜り島武意海岸へ偵察に。
150412-0733-IMG_8995.jpg
短いですが、明かりもなく天井の低いなかなか雰囲気のあるトンネルで、怖がりな子どもは嫌がるかも?
150412-0734-IMG_8999.jpg
トンネルを出た瞬間、目に入ってきたのはこんな光景。
150412-0734-IMG_9001.jpg
150412-0736-IMG_3274.jpg
漁船が多い!今日は海上は凪ぎで日が差して暖かい。絶好の漁日和なわけです。しかしアザラシや海棲哺乳類を探すには厳しくなる条件です。島武意海岸は地形は悪くなさそうですが、これでは上陸するアザラシはいなさそうです。しかも遠目にもたくさんの漁船がいるので今日の積丹半島は全体的にこんな感じなんでしょうね。(漁師の方々は水産業を営んでいるので、漁を止めて欲しいと言うようなことをここで主張するつもりは全く無く、単に漁船が多い→人の気配が濃厚→アザラシが岩場に上がらなさそうということを言いたいだけです。漁船が多いなら多いなりの海獣の探し方をするまでです。)
ひとまず積丹自然歩道を島武意海岸から女郎子岩まで往復することにします。アザラシ以外にも鳥を探しながらブラブラします。
150412-0749-IMG_9008.jpg
アップダウンはありますが、天気は良いし眺めも良いので快調です。遊歩道もよく整備されており歩きやすい。でもすれ違う人もいないです。あまり人は来ないのかな。もったいないです。
一羽のホオジロが遊歩道をチロチロうろついていました。
150412-0805-IMG_9039.jpg
途中、海の上に鳥山が出来ているのを見つけました。あの鳥山の海に潜ってみたい。どんな光景が繰り広げられているのか。想像するとわくわくです。
150412-1010-IMG_9286.jpg
そんな光景を見ながら遊歩道のアップダウンを繰り返しているうちに女郎子岩に到着です。展望台でザックを降ろし休憩。
女郎子岩は着物を着て子どもを背負った女性の姿に似ているので、このような名前がついたようです。義経との悲恋伝説もあり、姫が義経を慕ったけど、叶わぬ恋で石になったという話もあるとのこと。
伝説はともかく、確かに人の立ち姿に見えなくも無い岩。
150412-0930-IMG_3289.jpg
お、女郎子岩の右肩のところになんか鳥がいる。
150412-0931-IMG_9229.jpg
足がピンクだからセグロカモメかオオセグロカモメかな?
150412-0932-IMG_9233.jpg
しかし石になって動かなくなっても、その肩は鳥の住み処になっていると思うと、この方を思い出さずにはいられない。女郎子岩はこの方よりだいぶなで肩だけど。
r2.jpg
再び遊歩道を歩いて島武意海岸の駐車場へ戻ります。
途中、高い崖にオスプレイが止まっているのを見て。営巣中かな。
150412-1022-IMG_9330.jpg
モズもいて、頭でっかちですがなかなか凛々しい。
150412-0959-IMG_9281.jpg
駐車場に戻ってきました。写真を撮りながらかなりゆっくり歩いて往復2時間くらい。積丹岬遊歩道はアザラシは空振りでしたが、まだ積丹先周辺で気になるところもあるので、後で戻ってくることにして、一旦積丹岬を離れ先を急ぎます。次は日本海に突きだしている神威岬を目指します。
運転しつつも、なんかいないかなーと海上にも注意します。
冗談のような配色をしたシノリガモが岩場から海に飛び込んで浮いていて、右下のマガモは我関せずでしらーっとしている。
150412-1056-IMG_9373.jpg
釣り人がちらほらいるなぁ、、、と思い、通りすぎそうになる一瞬、釣り人の先の海上に何かいるのに気づきました。
150412-1045-IMG_9365.jpg
多分形から見ると海獣の頭。トドかアザラシか。
いずれにせよ、車を路肩に止め、望遠レンズを抱えて車を降り、岩場を飛び跳ねて岩場の突端で双眼鏡とレンズを構えます。
、、、トドの死体でした。
150412-1043-IMG_9354_edited-1.jpg
そんなに古い感じはしない死体でしたが、前足と頭の角度は変わらないまま漂っていました。この死体も海の生き物に利用されるのでしょう。合掌です。
そんなのを見ながら神威岬へ向かいます。神威岬は絶対アザラシがいるだろうと思いつつ、何回か来ているにも関わらず、まだ未遭遇のポイント。今回は独りですし、双眼鏡と望遠レンズを担いで少し丁寧に見ようと思います。

積丹半島へ、、あ、なんか横切った!=北海道積丹旅行3=

北海道二日目。今日は積丹半島を目指します。まずは積丹岬周辺を廻ってから、アザラシが絶対にいるだろうと睨んでるもののまだ未遭遇の神威岬周辺を行く予定です。多分午前中くらいでいいとこまわれそうなのであとは適当に積丹半島を回るか小樽に戻ってくるか、と思っています。
起床は5時。昨夜の就寝は1時半でしかも健康ランドの大部屋絨毯の上にごろ寝ですので、大して快適でもなく、疲れも取れない。こんなところに泊まったのは、目が覚めたらさっさと早朝にチェックアウトしても惜しくないから!貧乏性です。
北海道はすでに初夏の気配というと大袈裟ですが、朝の五時にはすっかり夜が明けています。お天道様が出ている時間は無駄にしたくない。さらに朝は特に動物が活発ですし、まだ人間に荒らされていないです。なので、早朝から車で移動です。これもお伴がいたら気を使うところです。前日はタイヤトラブルでしたが今日はタイヤも快調のようです。
小樽港の脇を通ったら、新日本海フェリー小樽新潟航路の”ゆうかり”が巨体を休めていました。8年前、これで北海道を離れたんだよな、、、と思うと当時を思い出して切ない。自分もおっさんになったもんです。
150412-0540-IMG_8943.jpg
確か新潟小樽航路の北行きの小樽入港は早朝4時半頃。今は客を降ろしたあとで、港もひっそりしています。船も折り返しの出港まで静かに眠っているよう。
国道5号を小樽から余市へ。マッサンのニッカウィスキー余市工場は素通り。なかなか面白い場所なのですが、行ったことはありますし、今回は動物メインです。
余市から国道229号線へ。北海道の左のツノの部分に入っていくのですが、この辺で朝六時開店のセイコーマート達が目を覚まし出しましたので朝食と昼食を調達。一人の時は昼食を食堂で取る時間も無駄に思えてしまうので。。。
古平町の往時を偲ぶ立派な中央旅館のが建つ交差点を曲がって、積丹方面へ。この角は8年前に来たときも曲がった覚えがあります。
150412-0640-IMG_3264.jpg
やがて真っ白な雪に覆われた高峰が。積丹岳か余別岳かな。上の方はつるっとした艶かしい姿。
150412-0646-IMG_8950.jpg
国道から道道913号線に入り、積丹岬周辺の拠点となる島武意海岸の駐車場を目指します。早朝なのですれ違う車もいない。
と思ったら車窓になんか横切るのが一瞬見えました。車を止めてのろのろ引き返すと、、、
エゾリスでした。野生ものは久しぶりに見ました。
150412-0658-IMG_8963.jpg
3~4頭くらいのエゾリスが木を登ったり、雪の上を走り回ったり。
150412-0700-IMG_8987.jpg
やっぱりタイワンリスよりかわいい。タイワンリスより一回り小さく耳が長い。
野生リスなので近づいてくるわけではないけど、あまり人間を怖がる風でもない。暫く遊んでから再び島武意海岸方面へ。
ほどなく島武意海岸の駐車場に到着。積丹岳方面がよく見えました。
150412-0732-IMG_3272.jpg
まずは海沿いの斜面の上を行く積丹の自然歩道を回ってみます。