野鳥を見て帰京・野幌森林公園と青葉公園=北海道積丹旅行11(最終回)=

4月半ばの北海道旅行の記録も今回が最後。実に4月から11回にも渡って書いてきました。途中連休を挟んだり、海外に行ったりを挟みましたが、季節も春を通り過ぎて既に梅雨。。。この旅行は海獣が豊作な旅行だったので”とっかりブログ”名前ゆえに熱が入り、長くなりましたが、最後は海獣が出てきませんので、さらっと東京に戻るまでの経緯をまとめて終わりにしたいと思います。
トドを見た後、小樽をあとにして、札幌方面へ。時刻は8時半を過ぎた頃。本日の18時には千歳発の飛行機で成田に戻りますが、直で空港に向かうにはまだまだ早い時間帯。せっかくなので鳥を探すことにして、向かったのは札幌と江別と北広島にまたがる野幌森林公園。
学生時代に何度か来ました公園です。10時前に大沢口から入園します。改めて見るトドマツやエゾマツは懐かしい・・・。
150413-1053-IMG_3377.jpg
気がつけばもうミズバショウのシーズン。一昨日はフキノトウを見たというのに。北海道ではミズバショウは結構頻繁に見ますし、しかも巨大になる。”コレコレ”って感じの生き物を見つけてこれまた懐かしい。
150413-0943-IMG_0405.jpg
切り株のコケ。いっぱい立ち上がっているものは新芽のように見えますが、高校生物で教わった胞子嚢かな?
150413-0958-IMG_0420.jpg
鳥のほうも見たかったシマエナガ!営巣用でしょうか。鳥の羽をくわえて可愛いです。
150413-1009-IMG_0426.jpg
シマエナガは北海道在住時代は全く気にも留めなかったですが、最近鳥に興味を持ち出して以来、気になっていた鳥です。ネットで検索すると北海道ではそれほど珍しい鳥ではないようですし、実際、今回の野幌森林公園でもそれほど苦労せず見つけられました。しかし北海道在住時代は鳥を見ようとする気持ちを持っていなかったので完全スルーしていました。とてももったいないことです。中学時代の京都の古寺への修学旅行のようなもったいなさです。
シマエナガ。小さく、そしてすばしっこいので写真が難しいです。トドアザラシのようにはいきません。
150413-1009-IMG_0427.jpg
エナガは本州でも何回か見ましたが、シマエナガのほうが顔が白くて可愛いと思います。そして本州のエナガより小さい気がするのは背景の森の深さ大きさが北海道の方が大きいからか。。。最近人気急上昇中の鳥のようです。
これは本州でもよく見るコゲラ。馴染み深いです。
150413-1010-IMG_0432.jpg
妙に人なれしているのか?カメラ目線のヤマガラ。
150413-1015-IMG_0436.jpg
シロハラゴジュウカラ。これは北海道限定の亜種かな?
150413-1026-IMG_0468.jpg
枝の影が体に掛かっちゃったけどもう一度シマエナガ。前面白い丸顔に黒い眼は可愛い。
150413-1119-IMG_0486.jpg
野幌には12時半頃までいましたが、お腹が空いたので退園。森林公園近くの六花亭でお土産を買って、昼飯を適当にセイコーマートで買って、適当に食べながら空港の千歳方面に向かいます。
千歳市街に14:30頃到着。飛行機は18時なので、空港に向かうのにはちょっと早い。欲を出してもう一箇所どこかで鳥探しをすることに。16:00くらいに空港方面に向かえば車の返却時間を見越しても余裕のはず。
しかしどこに向かうか、、、あまり千歳から離れたくないので、郊外のちょっとした森がある大きめな公園くらいでいいのですが、さすがにそこまで細かい土地勘もない。ナビ頼みで、市街から近くに青葉公園というのがあるようなので行ってみることにしました。
150413-1548-IMG_3379.jpg
なかなか広めの素敵な公園。
早速散策すると、キツツキが木を叩く大きな音が。都市近郊の公園なのに勇ましいドラミングの音。クマゲラなら面白かったのですが、アカゲラでした。何羽かいたのか公園のいろんな方角からドラミングの音が。
150413-1500-IMG_0556.jpg
何か群れでいるヤナギの木がありました。ちょっと遠いですが、、、
150413-1505-IMG_0604.jpg
キレンジャクでした。なかなかファンキーな見た目の鳥。
150413-1506-IMG_0611.jpg
野幌でも見たシロハラゴジュウカラ、再びです。
150413-1453-IMG_0540_edited-1.jpg
小一時間うろついてタイムアップ。
千歳空港のレンタカーや産に向かう途中の空港の外れにこんな石碑があるのに気付きました。
150413-1623-IMG_3386.jpg
このモニュメント、確かに昔の”千歳空港”=航空自衛隊の千歳飛行場側に建っていたけど、普通の人は千歳空港=新千歳空港と誤解するんじゃないかな、、、。と私も偉そうに書いていますが、この写真を整理して”新”千歳空港表記じゃなく、変だなだなと思って地図を確認する前この碑の裏に広がるのが自分が乗る飛行機が使っている空港だと思っていました。
今の空港は新千歳空港であって、千歳空港は別物な上、石碑は空港から南よりの苫小牧方のさびしい場所に建っていましたが、昔の千歳空港は新千歳空港の北側にあったので、、、。昔の千歳空港関係の建物でも有ったのかなんかあるのでしょう。7年に及ぶ北海道生活で新千歳空港も何度も使ったけど、この碑を見るのは初めてです。ま、いいや。
さてレンタカーを返して、送迎バスで空港まで送ってもらう。レンタカーのタイヤの空気漏れか何かで怪しい件は口頭で伝えたけど伝わったのか。。。タイヤの見た目はまだエアーが抜けきっていないのか、異状が無い見た目なタイヤでした。何か次に乗る人が事故や故障で困ってなければいいのですが。
あとは新千歳空港でだらだらして成田に戻ってきただけなので、北海道の話はこれで終わりにします。
本エントリの冒頭にも書きましたが本当に海獣が豊作な旅行で、もっと手短にまとめようと思ってたところ、これも伝えたいあれも掲載したいとなってずいぶん長いシリーズ物になってしまいました。通しで読んでいただいたならありがたいことです。
次の北海道は、、第一回で書いたていた離島にいてみたいなぁ、と思いますがいつのことになるやら、、、です。

トド岩に上陸する野生トド=北海道積丹旅行10=

おたる水族館裏のトドの観察の続きです。
トドが海に入ってしまったので、海面観察は少し休憩にして、祝津の灯台の高台からおたる水族館の様子を見ることに。
朝の開館前の水族館。海獣達は起きているけどのんびりしている様子。
150413-0640-IMG_3358.jpg
水族館のトドのオスとメス。野生個体もすぐそこで泳いでいるほど小樽の気候は野生のトドにマッチしているのか、トドも活き活き暮らしているように見えます。海につながったプールで屋外で飼育しているせいかもしれません。
150413-0657-IMG_0342.jpg
、、、と思っているうちに体の大きなオスがトド岩に再度上陸しました。
150413-0641-IMG_0232.jpg
海水で濡れた体が日光でキラキラ光っています。
オスに続いて体の小さなメス?子ども?も上陸。その上をウミウが飛んで行きます。
150413-0646-IMG_0258.jpg
こんな近くで漁師さんの船があっても特に動じず。
150413-0648-IMG_0278.jpg
エンジンを切って、海底の獲物(貝類?)を狙っている漁師さんにはトドもあまり警戒しないのか。漁船を警戒していたら小樽の海では暮らしていけないと思いますが。
150413-0702-IMG_0371.jpg
上陸しているトド群れの近くに泳ぐトドもいました。
150413-0707-IMG_0383.jpg
この日のトド岩の様子。なかなか多くの大小の漁船がトド岩周辺で漁をしたり、航行したりする様子がわかると思います。
コンデジで撮影したので上の写真のような画質とはいきませんが動画もアップしてみたり。

一方、水族館の中のアザラシ。まだ寝ているのか、二度寝なのか、、、。
150413-0824-IMG_0401.jpg
さて時刻も8:30過ぎで日も高く昇ってきました。そろそろ次の目的地に行くか、と思って車を見ると、
150413-0705-IMG_0375.jpg
一昨日の夜のように右前輪のタイヤが空気が抜けて凹んでいる。うーん。一昨日の経験がありますし、ここは小樽という北海道でも大きな街なので慌てはしないですが、どうしたものか。
一昨日はスタンドで空気を入れてから、200kmくらい走っても異常はなかったのですが、やはりバルブが劣化しているのかどこからか空気が漏れているのでしょうね。
ひとまず小樽の街中の早朝から開いているスタンドを求めて移動。こころもちゆっくり車を動かします。
150413-0729-IMG_3367.jpg
小樽運河も信号待ち時にちらっと見るのみ。何度も見ているのでもういいかな、ここは。
運河近くのセルフのスタンドでガソリンを入れつつ、空気圧を測ってみると、0でした。この見た目のタイヤなら仕方ないかもしれません。
150413-0733-IMG_3372.jpg
空気入れで空気を入れてあげると、しっかり適正圧まで入る。
150413-0734-IMG_3376.jpg
一昨日の経験から言っても、今日一日くらいは走り回っても不具合もないでしょうし、あまり考えても仕方ないので、次の目的地に向かいます。タイヤに配慮してまずは5号線で札幌方面へ向かいます。

小樽の海と野生トドの群れ=北海道積丹旅行9=

北海道旅行も3日目にして早いですが最終日。今日の午後には東京に戻ります。
昨日の長時間活動に疲れて20時に寝こけたところですが、早朝、薄明るくなるくらいに跳ね起きます。ちょうど日の出の頃の時間。
出発の用意をしつつ、本日の行動を考えます。思い浮かんだ案は、昨日に引き続き積丹半島先端の神威岬・積丹岬に向かう案が一案。久しぶりにおたる水族館に入館する案が一案、小樽は早々に切り上げ、どこか他のところで時間を使う案が一案です。
積丹半島先端案は昨日の訪問でそれなりにアザラシを堪能し、本日再訪しても時間が経っていないので、あまり昨日と代わりが無いかな、、、と思います。おたる水族館案は一人で行くのも寂しいところ、今回はもう少し野生動物を見たいと思います。3案目が一番魅力的ですが、小樽のあとどこに行くかは決まっていない。。。
旅先の自由で贅沢な悩みを抱えたまま出発!まずは昨日のおたる水族館の裏でアザラシを見ましたので、あのアザラシがどうなっているか見に行こうと思います。
ホテルから10分ほどで水族館のある祝津地区に到着。早速灯台のある高台に上って海の様子を確認します。
150413-0550-IMG_3348.jpg
海は今日も穏やかで凪。朝の光で綺麗ですね。
150413-0549-IMG_9981.jpg
昨日、アザラシが寝こけていた岩は空席になっていました。カモメの類がたくさんいますね。
アザラシはいなかったのですが、珍客がいました。2枚上の写真で右側に小島が写っていますがそこに、、、
150413-0548-IMG_9973.jpg
野生のトド!
しかも何頭かいるようです。
この小島はトド岩と呼ばれておりますが、その名のとおりトドが来るんですね。おたる水族館裏の灯台より祝津パノラマ展望台からの方がトド岩に近いのでそちらに移動。
150413-0603-IMG_0021.jpg
祝津パノラマ展望台から見たトド岩。向かって左端の岩場にトドが。
朝日を浴びてかっこよいです。
150413-0605-IMG_0024.jpg
6~8頭くらいの小さな群れ。
と、そこに漁船が近づいてきました。今日はべた凪の海。天気も良く漁日和。この祝津は漁港がありますし、漁船の往来もなかなかあります。
150413-0622-IMG_0187.jpg
トドの群れは船に向かって吠え出しました。警告と威嚇のつもりかもしれません。寝ているやつもいるようですが。。。
150413-0620-IMG_0141.jpg
それでも漁船が近づいてきたので一斉に海に飛び込む!
150413-0622-IMG_0189.jpg
トドが小樽の海で暮らすのもなかなか大変です。
150413-0632-IMG_0216.jpg
トドは海に入ったあともトド岩周辺や漁船の周辺をヒョコヒョコ頭を出しながら回遊していました。
漁師にとってはトドは魚を食べ、たまに網に引っかかって漁具を壊すこともある厄介者でもあるトド。漁師さんの気持ちからすればどこか行って欲しいと思うのも理解できます。私個人としてはトドと漁業の共生を望むのはもちろんですが、ここでは淡々と見たままを紹介し、個人的な思いを書散らすのみです。
もうしばらくおたる水族館裏の海の様子を観察することにします。

おたる水族館、、、外の海岸で転がる野生アザラシ=北海道積丹旅行8=

積丹半島を後にしてやってきたのは小樽市。この街には海獣飼育では国内有数の規模を誇るおたる水族館があります。今日は小樽に戻ってきたのが16時くらいなので残念ながらおたる水族館には入館しませんが、この水族館の恐ろしいところは館内で飼育している海獣のほかにも野生の海獣がうっかり水族館外の海にいたりするところです。10年前(もう10年も経つのか!)の訪問時もゴマフアザラシが水族館裏で転がっていました。
おたる水族館裏はちょっとした高台になっており灯台が立っております。その小高いと岩に登ると水族館や外の海の様子が一望できます。今回はここに上って海の様子を見てみます。
150412-1648-IMG_3333.jpg
このポイントから水族館の海獣公園を”タダ見”が出来てしまいますが、水族館まではちょっと距離があるので、おたる水族館の面白さの1/100も分からない場所ではあります。トドプールでは相変わらず餌の争奪戦を繰り広げているようです。
150412-1635-IMG_9893.jpg
さて、水族館外の海岸を双眼鏡でリサーチすると、だいぶ遠くに、何やら怪しい影が岩場の上に転がっている。。。多分アザラシですね。
150412-1644-IMG_9908.jpg
怪しい影は水族館をはさんで反対側の祝津パノラマ展望台側から確認した方が良さそう。(3枚上の写真ですとちょうど太陽光で白っぽくなっているあたりが祝津パノラマ展望台になる)
早速移動します。
祝津パノラマ展望台からの光景。写真右上の灯台が写っているあたりが先ほどまで写真を撮っていた辺り。そして眼下の海岸にアザラシが転がっているはずですが、なかなかの高度感・距離があります。
150412-1703-IMG_3336.jpg
いた!!!
150412-1711-IMG_9951(1).jpg
ゴマフアザラシですね。先ほど積丹で見たアザラシよりもだいぶ小さい。まだ子どもかな?
しかしあまりにも爆睡しているのか、全く動くそぶりが無い。死んでないよね、、、とか思い始めた頃、
寝たまま前足同士、後足同士を擦り合わせていました。生きていてちょっと一安心。
150412-1710-IMG_9942.jpg
あ、起きた!
150412-1710-IMG_9946.jpg
と思ったらまた寝た、、、。
150412-1714-IMG_9956.jpg
結局、こいつは日が暮れて暗くなるまで、ここで寝続けて、夜の帳の中に消えていきました。
150412-1808-IMG_9961.jpg
日が暮れたので私のほうも時間切れ。今日は早朝から活動し、神威岬・積丹岬・おたる水族館の裏で野生のゴマフアザラシを見て、トドの死体も見たしなかなか盛りだくさんな一日でした。
この日の夕飯は昨日に引き続き再度、山岡家。小樽にも山岡家が出来たんですね。街中ではなく5号線の朝里のほうに。ちょっと時の流れを実感。今日はしょうゆ味ですが、やはり昨日食べた塩味よりこちらの方が旨い。
150412-1912-IMG_3344.jpg
わざわざ北海道まで来て食べるのを他人に勧める味ではないですが、私にとっては学生時代を思い出させる懐かしい味。なんでもバクバク大量に飲み食いしていた時代です。
さて、今日も泊地は小樽です。が、さすがに疲れたので昨夜の健康ランドではなく、普通の安いビジネスホテルに泊まります。早朝から動いていたせいか、部屋で缶ビールを飲んでベッドにひっくり返ったら、着替えもせず朝まで寝てしまいました。

入り江でくつろぐゴマフアザラシたち=北海道積丹旅行7=

引き続き積丹岬の岩場に転がるゴマフアザラシの様子です。
見つからないように岩の隙間からアザラシを眺めていると、ずいぶんくつろいでいる様子。転がったまま前足を伸ばしたり。伸びをしているのかな。
150412-1400-IMG_9773.jpg
短い前肢で顔を掻いて、
150412-1400-IMG_9782.jpg
大あくび。
150412-1400-IMG_97x75.jpg
あ、こっち見た。見つかったかな?と思いましたが特に気にする様子もない。
150412-1400-IMG_9803.jpg
こっちは海を泳ぐアザラシ。顔をひょこひょこ出して楽しそう。
150412-1403-IMG_9812.jpg
泳ぎながらこちらを伺ってくるアザラシもいました。逃げたり避けたりする感じではないですが、見慣れない闖入者が気になったのかな。
150412-1405-IMG_9820.jpg
こいつは半分水没しながらも岩の上で昼寝していました。短い尻尾が可愛いです。
150412-1412-IMG_9851.jpg
くつろいだり遊んだりしているアザラシはいつまでも見ていても飽きない。のんびりアザラシと過ごす午後です。一通り撮影したら私もちょっと失礼して、ザックを枕代わりに岩場に寝転びアザラシの気持ちになって、アザラシを眺めてのんびりすることにします。こんな穏やかな時間を味わうために日々暮らして旅に出るのかもしれません。旅先ということもありいろいろな想いが頭に浮かんでは消えます。
しかし、ここで野営するわけにはいかないのが人間の辛いところ。それにもう一箇所気になっていて本日寄りたいところもありますので、陽が傾き出した頃に岩場を後にします。
車に戻って駐車した付近のアスファルトを見ると、ど根性ツクシがワラワラと生えておりました。見習いたい。
150412-1322-IMG_3328.jpg
車に戻って、積丹を後にして小樽・札幌方面に向かいます。

積丹岬の岩場に転がるゴマフアザラシたち=北海道積丹旅行6=

南米から戻ってきました。なかなか興味深い生き物たちがいたのでそれは別に書くとして、中途半端になっていた北海道積丹旅行の続きを再開します。
何回も来ているにもかかわらずアザラシを未確認だった神威岬で念願のアザラシと対面した後は、再び積丹岬方面に戻ります。積丹岬は先ほど遊歩道を歩きましたが、ちょいと他にも気になるポイントがありまして。
海岸に沿って歩いては双眼鏡を覗きます。
お、波の穏やかな岩場に数頭のアザラシが泳いだり転がったりしているのを発見しました。
150412-0819-IMG_9054.jpg
気付かれないように岩の陰に隠れながら接近します。
150412-0829-IMG_9070.jpg
あ、右の個体に気付かれた?、、、といってアザラシは警戒するでもなく「何か変なのが来たなー」というくらいの顔をして、また昼寝に戻っていきました。
人を警戒していないアザラシの表情を眺めるにはこのくらいが限界かな。手ごろな岩の上に望遠レンズを置いて、頭だけ出して双眼鏡でアザラシたちを眺めます。
首を曲げて、短い後ろ足を目一杯広げてストレッチ?
150412-0830-IMG_9073.jpg
上陸している方は長時間日の当たるところでごろごろしていたのか、毛が乾いてふかふかになっています。
150412-0831-IMG_9077_2015062007582387b.jpg
くつろいでいる顔をしているなぁ、、、と思います。見ているこちらも眠くなってきてしまう風景。
150412-0831-IMG_9079.jpg
周辺には2頭で泳ぐ別のアザラシも。全部ゴマフアザラシです。
150412-0842-IMG_9158.jpg
アザラシ数頭と私と海鳥の声と潮の香りとさざ波が岩場で砕ける音と春の太陽しかない贅沢な瞬間です。こんな時間を味わうために日々働いて日銭を稼ぎ、そして人もほぼ来ないような北海道の海岸に来たので、もうしばらくこの海岸でアザラシと穏やかな時間を過ごすことにします。