ソウルの鷺梁津水産市場へ行って帰国:韓国その④

韓国滞在も最終盤へ。ソウルの地下鉄に乗って鷺梁津水産市場に行くことにしました。
地下鉄車内。新しくてきれい。見た目は日本の地下鉄と変わりません。
IMG_1921.jpg
地下鉄駅にもこんなジオラマが。ご存じ竹島です。さりげなく地下鉄のターミナル駅にも置いてあるとは。日本で言えば池袋駅あたりの地下におかれているような状態ですかね。
IMG_1918_20141102071351e20.jpg
水産市場の最寄り駅に着いて地上に出てみると、、、
路上でものを売るおばちゃんたちが。洗面器とか段ボールを積んで売っている辺り、良い味を出しています。何を売っているのかな?
IMG_1931.jpg
覗き込むと、写真左は生姜?真ん中が朝鮮人参の千切り?右がナツメの実?のようなよくわからないけど素朴なものを売っていました。
IMG_1929.jpg
道の両脇に広がる日曜雑貨を売る店眺めつつ水産市場へ。
IMG_1933.jpg
この市場がなかなかの壮観!活気に溢れて一見の価値ありです。
IMG_1937.jpg
フロアに降りてみると水槽の中で貝やらウニやらを売っていて見ているだけでもわくわくします。ちまちま少量で売られているのよりこのようにドカッと売られている方が美味しそうに見えるのはなぜ?
IMG_1940.jpg
巻貝にホヤ。ホヤは韓国でも食べるのですね。右下のバケツは小さなタコが触手を動かしながら売られています。逃げ出さないのかな?
IMG_1941.jpg
こちらは魚を水槽に入れて売っています。
IMG_1952.jpg
売られている魚は市場内の食堂に持ち込んで調理してもらえます。魚代は魚屋へ。調理代は食堂へ。食堂では魚をつまみに酔っ払って大声で何やら話している地元のおっさん多数。
ひらめの刺身と小さなタコのぶつ切り。銀の箸やキムチがあるのが韓国ですね。このタコが生きたままなので皿から逃げ出したり、引っ付いたりしたり大変。口の中に入れても粘膜に吸い付いて飲み込めなかったりします。餅みたいに窒息するような感じではなかったですが。
IMG_1955.jpg
これは焼き牡蠣。牡蠣も旨かったです。写真上側の皿にいるタコのぶつ切りには2~3個逃げ出そうとしているのが写っています。
IMG_1960.jpg
刺身を取った魚のアラとエビ・アサリで海産鍋。良い出汁が出ています。HOTな鍋にするかどうするか聞かれたので、ノーホットとすかさず。唐辛子の辛さはしばらく要らない・・・。
IMG_1963.jpg
海鮮を堪能したら地下鉄に乗って空港に向かいます。いよいよ帰国です。
韓国のエスカレータは右側に立って左側が歩く人用のようです。
IMG_1966.jpg
日本へは行きと同じアシアナ航空で戻ります。
IMG_1968.jpg
日本はあっという間に2時間で着陸。羽田空港が妙に懐かしい。羽田から京急で我が家に向かいます。
電車の中で韓国旅行を反芻します。
日本との関係でも何かと話題の多い韓国。日本と似たような国かというとやはり相当違うメンタリティを持っている国だと思いました茶会の考え方もずいぶん違うなぁ、と思いましたし、ホテルも日本ならこの価格でこのサービスは無いだろうという妙な感じだったし、食堂や商店の接客は極端に無愛想だし、あのどこかのまねのような菓子もやはり日本ではないよな、、、と実感したものです。
一方で、やはりこれまで行ったどこの国よりも日本に近い国とも思いました。作法が違うといっても紅茶の国と緑茶の国というレベルでは日本と韓国はくくられるし。お菓子も模倣されるということは食文化も近いのでしょうね。
韓国の茶会に参加している時、西洋の参加者がなにやらおばちゃんに質問をしていたことがありました。おばちゃんは英語が分からないらしく、困っていました。しきりにちらちらと私を見て何か韓国語で言うのです。私は韓国語が分からないのでなんだろうと思ってぼんやりしていましたが、あまりにもおばちゃんが話しかけてくるので何かなと思ったのです。ふとひらめいて合点しましたが、見た目は韓国人ぽい私におばちゃんは韓国の茶道の習慣を訳してくれということらしかったのです。申し訳ないので「あいむそーりー、あいむじゃぱにーず、あいきゃんとすぴーくこりあん」と返しました。コンビニでも若い兄ちゃんが韓国語で話してくるので、あいむじゃぱにーずというと英語で応答したりというのが何回かありました。確かに若いお姉ちゃんたちの見た目は日本と韓国では違うかなと思いましたが、おっさんレベルでは日本にいるおっさん達と韓国のおっさんで見た目の違いは感じません。
この国は黙っていればネイティブっぽく見られ、目立つことがないというのが妙に居心地が良く過ごしやすかった要因だったかもしれません。西洋諸国ではやはり一目瞭然で東洋のどこぞから来たよそ者と見破られてしまいますから。
文字通り近くて遠い国を実感した不思議な旅行でした。

五台山国立公園と月精寺:韓国その③

韓国に来て、食っちゃ寝しているだけというのももったいないので、五台山国立公園とその中にある古刹・月精寺に行くバスツアーに申し込みました。
バスに乗り込んで移動です。道の脇には大根畑。キムチに使うのでしょうかね。しかし、せっかく収穫した大根が畑にそのまま放置されているのはなぜ。。。乾燥しているのかな?
IMG_1817.jpg
場所によっては刈り取りの終わっていない稲も。季節は10月の中旬で、日本の感覚からは一ヶ月くらい遅い。高地だからというのもあるのかも?
IMG_1820.jpg
窓から見える韓国の農村。日本の1980年代の農村の雰囲気に近い。素朴です。
IMG_1826.jpg
目的地の月精寺がある五台山国立公園。現地の解説は殆どがハングルだったので何がなにやらですが、現在はインターネットで簡単に日本語の解説がある。ありがたいものです。例えばこちらこちらでこの国立公園の様子が日本語で分かる。
しかし、現地に訪れたときは五台山国立公園の中に古い寺があり、その中に韓国の国宝の塔があるということくらいの予備知識です。
月精寺近くでバスを降り、森の中を歩いて月精寺に向かいます。このエリアは北アルプスや大雪山、知床のような原生的な自然の国立公園ではなく、伊勢神宮、出羽三山のような歴史的な建築物を中心に成立しているような趣旨の国立公園に近いエリアのようです。
参道を歩いていると森の中でフォークギターを引いて歌っているお坊さんが。なかなかアクティブな寺院のようです。良い笑顔!
IMG_1733.jpg
その前ではしっかりCDを売ってお金を稼いでいました。
IMG_1735.jpg
境内に着くと目に入るのが、韓国国宝48号の石塔。wikipediaによると高麗時代のもののようです。
境内ではなにやらイベントが。高そうな袈裟を着たお坊さんがずらっと並んで信者の方々と行事中。
IMG_1752_20141102070930fa6.jpg
石塔の麓にあった石の仏像。日本とは変わったスタイルの座り方で片膝立ち。
IMG_1754_20141102071022bb4.jpg
石塔の正面にある「寂光殿」。日本でいえば本堂に当たる建物のよう。正確な意味は分からないですが漢字は微妙に判別できる。石塔以外の建物は残念ながら朝鮮戦争の戦火で焼失したそうで、今建っているものは再建したもの。
IMG_1755.jpg
上の写真にもあるようにお寺はなにやら行事のようで、境内に店が出たりなにやら賑やかです。
一つのテントの中では尼さんがキムチを振舞っていました。
IMG_1766.jpg
こちらでは整体の体操のようなものを指導している。もう何がなにやら分かりませんが、活気があります。
IMG_1762_20141102071024a43.jpg
餅つきも行われていました。杵の様子も日本と違いますが、そもそも臼は使わず、板の上で餅をついていました。
IMG_1770.jpg
境内の片隅では、外国人向けに韓国の茶道?の茶会が開催されていました。せっかくなので参加してみます。
日本の茶道というと織田信長や千利休の時代からの古い文化というイメージですが、韓国の茶道はいたるところで近代化?されて合理的でした。
本日は屋外でお茶を点てる、いわゆる日本でいうところの野点なので、その分、合理化されていたのかな・・・。私は韓国のティーセレモニーの文化背景を知らないので見た目の表面的な印象しかわからないので片手落ちな気もします。
こちらの写真。入れているお茶は日本でいう煎茶のようなお茶です。
IMG_1782.jpg
器と急須がガラス。多分現代の日本茶道にもガラスの茶器があるような気がしないでもないですが、ここは韓国の茶会に始めて臨席する外国人が多いので、トラディショナルな焼き物の器を使わないのかな?と思いました。ガラスで涼しげな感じを演出するには寒すぎる季節ですし。韓国の茶道はそのような器や茶器にはこだわらず、むしろ茶器が戦功の褒美になっていた文化を持つ日本の方が変なのかもしれませんが、茶器に違和感を覚えてしまう辺り、私も日本人です。
こちらでいれているお茶はパウダーティーと言っていたので日本でいう抹茶のような茶を飲ませてくれる。
IMG_1781_20141102071131e49.jpg
湯を注ぐのにおば様が取り出したのは、、、T-○ALっぽい電気ケトル!!!!合理的なんだけど何か納得できないようなもやもや。おば様のお膝元に炉のようなものがあるし。でも汚れていない綺麗な、まるで新品のような炉だったので、実際には使うことは無いのかもしれません。どう考えても電気ケトルのほうがお湯を沸かすのは楽でしょうし、合理的だと思うのですが、そこは雰囲気重視で炉を使って欲しかった。。。
抹茶をそれぞれの茶碗に入れていただきます。日本のように一杯一杯点てるのではなく、大きなどんぶりのような器に点てて、各茶碗に注いでいく方式。
IMG_1787.jpg
この辺の考え方も一期一会に重きを置き、一杯ずつ点てる日本に比して、大きなものからみんなで分けるという意図なのでしょうか。ある意味韓国の方が合理的ではあるのですが、やはり日本の茶道は合理性では割りきれないものがあると思います。
どちらが優秀というつもりは全く無いと思いますが、日本と韓国、¥は西洋から見ればやってることは似てい印象かもしれませんが、考え方はやっぱり全く違うのかもしれません。
ティーセレモニーで出てきた茶菓。干菓子でした。
IMG_1795.jpg
日も大分傾いてきました。石塔の前のステージでは静かに少女が歌っています。賑やかだった月精寺の秋の行事ももう終わり。歌は静かで物憂げで秋の夕暮れによく合います。
IMG_1807.jpg
本日の月精寺の賑やかさはこちらが開催されてたかもしれません。境内に張られていた一枚のポスター。
IMG_1808.jpg
Odaesan Culture Festival 五台山文化祭だったわけです。
韓国の寺社、国宝、茶会、庶民のお祭り。私もなかなか韓国の分課に触れられた日でした。
次はソウルに戻って、日本に帰国です。

韓国の食べ物たち:韓国その②

韓国に来ています。
韓国の食べ物について、ビビンバや焼き肉のような日本でもよく知られているものは、味も日本で食べるものと違和感はないのですが、辛さだけは2倍になっているような具合。目新しさは感じない。
むしろコンビニで売っているような物に気が引かれます。中でも気になるのは日本の商品を模倣・コピーした菓子たち。韓国に行ったら是非コピー菓子を探そうと思っていたのですが、コンビニに行ったら普通にいました。そこまで浸透しているのでしょうね。
まずは江崎グリコの「ポッキー」と明治製菓の「キノコの山」のパクリっぽいやつを捕獲。ポッキーの方は韓国系製菓会社でよく知られているロッテがパクっているんですね。
IMG_1674_20141102070532c64.jpg
まずはロッテのポッキーモドキ。見た目はポッキーそのもの。グリコの方は1960年代発売、ロッテは1980年代とのこと。
IMG_1676_201411020705344fb.jpg
キノコの山モドキの方は造りが甘く、チョコが寄っているもの多数。これは日本製が造作の精度が高い。コンセプトをパクるのもいかんですが、パッケージまで似たような雰囲気にしなくてもいいのに。おかげでハングルのわからない私にも一発で捕獲されました。
IMG_1679_201411020705353d4.jpg
次は森永の「おっとっと」っぽい菓子を捕獲。ピザポテト味と何となく赤っぽいパッケージにSPICYの文字の味。韓国らしく唐辛子なのでしょう、きっと。。。
IMG_1833.jpg
中身はこんな具合。中心部に空洞を持つ海の生物をあしらったスナック菓子です。パッケージ外観のクジラのキャラクターから海の生物という中身のコンセプトまでここまであからさまに「おっとっと」をぱくらなくてもいいのに。
IMG_1836.jpg
コピー商品ではないですが、これもコンビニで見つけた缶詰。ハングルは読めないけど、Mackerel Pkikeの表記と絵から察するにサンマの煮付け缶。味噌煮なのか水煮なのか。日本のサンマの缶詰は横長の平べったいタイプの缶が多い気がしますが、これは縦長でどっしりとした缶。何でこんなものをわざわざ買ったかというと、韓国の外食では焼き肉・ビビンバ・キムチチゲ・クッパ、、、みんな肉がメインなので魚が恋しくなり買ったのです。
写真の絵が上下逆さまになっているのは。缶を開けてから慌てて写真を撮ったから・・・。
IMG_1846.jpg
中身、ずっしりしているだけあってかなり大量のサンマの切り身が。8匹分くらい入っていたような。一人では一度に食べきれないので、3回くらいに分けて・・・。塩味がついています。水煮かな。
IMG_1845.jpg
こちらはただのMackerelなので、、、サバ。こちらもずっしり入っている。サンマもサバの煮付けも両方ともコンビニで3500ウォン。400円弱といったところか。コンビニに魚の缶があるということは、それなりに韓国の人も家で魚を食べるのでしょうかね。
IMG_1862.jpg
日本のコンビニでは見慣れたおにぎりも発見。800ウォン。85円くらいなので値段はそこまで日本と大差ない。細かいところはもちろんハングル表記ですが、中身の部分は日本語を含む4カ国語表記。
IMG_1693_20141102070531083.jpg
こっちは1200ウォンのおにぎり。110円くらい??中身はプルコギとかの焼き肉のようです。
IMG_1692_2014110207053745b.jpg
食物はこれくらいにして、もう少し韓国の文化的なものにも触れよう!と思いたち韓国の由緒あるお寺に行ってきたので次回はその様子を紹介します。

今度は韓国へ:韓国その①

カナダ、北海道、スイスと旅行記が続いていますが、次も海外旅行話。旅行ばかり行っていて、いつ仕事しているのか、私自身も不思議に思いますが、さすがに海外旅行はこれで一段落のはずです。
これから始めるのはタイベルギーカナダスイスに次ぐ、私自身では国外5カ国目となる韓国の話。
韓国は今さら言うまでもなく、日本に地理的にはもっとも近い国。今まで行った国より良い意味でも悪い意味でも話題が多い国。近くて遠い国という表現もあります。なにかと問題の多いこの国と我が国の関係をちゃんと考えるためにも、一回は韓国の懐に入ってみるのも必要かなと思いますし、どんな国が待ち構えているか、日本人だからと言って何か差別されるのか、見てきたいと思います。
今回の旅のはじまりは羽田空港。いつも海外に行くのは成田からだったので羽田から海外に行くのは初めて。羽田の国際線ターミナルに来るのも初めて。
IMG_1622_20141102065847ea1.jpg
羽田でも国内線ターミナルとはやっぱり雰囲気が違う。羽田の国内線ターミナルより、むしろ成田のターミナルに似ていると思いました。
数年前にできた羽田の国際線ターミナルを今さら紹介するのもアレですが、フードコートもいかにも近年できたらしい日本っぽい外観の店舗が並ぶ。日本家屋風の建設ですが大きな空港建屋の中に建っているので見た目は一軒家っぽい。
IMG_1620.jpg
出発便案内を見ると、日中は韓国中国あたりのアジア行きの便が多いようです。国際線ターミナルとはいえ近距離線が主戦のようです。
IMG_1621.jpg
機内から空港の端っこまで見渡せないような強い雨のなか出発。空港の駐機場に尾翼に日の丸をつけた飛行機がいました。日本政府専用機です。初めて見ました。
IMG_1629.jpg
今回私が乗っているのは韓国のアシアナ航空です。機内食はあまり韓国っぽいメニューではないですが、コチュジャンのチューブ(写真の下の方に写っています。確か15g入り)
IMG_1631.jpg
羽田から約2時間でソウル近郊の街並みが見えてきました。本当に近い。石垣はもちろん那覇より近いですね。眼下に初の生韓国が広がっています。
IMG_1637.jpg
韓国の金浦国際空港に着陸。ソウル近郊の空港で国内線がメインの日本で言う羽田空港や伊丹空港の位置付けのような空港のようです。
IMG_1638_20141102065935fec.jpg
今回の最初の目的地はソウルではなく山の中。空港からシャトルバスに乗り込み高速をすっ飛ばすこと5時間。韓国の車道は右側通行で、ふっと交差点に差し掛かると衝突しそうな感覚。また韓国の高速バスは相当すっ飛ばします。高速に入ったらずっと追い越し車線を突っ走り普通車を煽ること恐ろしい。。。日本の高速バスとは気合いの入り方が違います。速いけど恐ろしい。
バスを降りたところはスキー場リゾート地の平昌(ピョンチャン)次の冬季五輪の開催地でもあります。冬季五輪を行うだけあり、山間で気温も低い。10月の半ばで、すでに紅葉も始まっています。日本で言うと北海道のニセコや長野の志賀高原のようなスキーリゾートのような所なのかもしれません。木もシラカバ系統の北方の樹が生えていますし。
IMG_1891.jpg
ピョンチャンは、名前に懐かしさすら漂っていますが、あの「冬のソナタ」のロケ地だそうで、その類いの遺跡がたくさん残っていました。あのドラマが流行った頃は大学生だったような気がするのですでに10年くらい前でしょうかね。当時はロケ地に行く日本のおばさま観光客が多かったようですが、すでにその気配はなく、、、日本語解説付きでの遺構のみが残っています。
IMG_1697_201411020703591ae.jpg
眼鏡姿の主人公は私もわかるけど、こちらはよくわかりません。ヒロイン?が始めた喫茶店のようです。
IMG_1886.jpg
店の前のパネル。たまに訪ねてくる日本人観光客もいるのでしょうか。
IMG_1885.jpg
泊まったホテル。オンドル部屋。オンドルとは床暖房の部屋で、日本の和室のような部屋と事前に説明を受けていたのですが、うーん。。。床で寝ると言う概念は和室に似ていますが、このオンドル部屋の床は病院の廊下のようなリノリウムの固い床に薄い布団を敷いて寝るのでどうも思ってたのと違うような。床暖房が入っているので温かではあるけど、何か違う。。。
そもそも家族で泊まるような広い部屋に一人で泊まるのがいけないのかもしれませんが、殺風景すぎるような…。これはこの施設の問題ですがあまり掃除も行き届いておらず、これで素泊まり130000ウォン(≒13000円くらい)は高い。
IMG_1907.jpg
泊まった部屋。雰囲気をうまく表現できないのですが殺風景ですよね。テレビはハングルばかりでよくわからなかったですが、NHKの海外向け衛星放送が写っていました。
IMG_1909.jpg
韓国のエレベータは15人1000kg。一人辺り66.7kg。ベルギー(一人75kg)カナダ(一人75.8kg)スイス(一人78.75kg)に比べても軽量級。ここは日本と同じアジアの国です。
IMG_1912.jpg
秋という季節、ヨン様、ホテルの部屋、、、何となく寂しいようなうらぶれたようなもの悲しいような雰囲気の韓国滞在です。
韓国滞在の続きはこちら