パラオのインターネット事情(私が泊まったVIPゲストホテルの場合)

ようやくパラオの旅行記の本編が終わったのですが、最後に補足として滞在中のインターネット回線事情を紹介しておこうと思います。私もパラオへ出発する前に気になって随分調べたので。。。

パラオのインターネット事情を調べてみると、”回線は遅く、場合によっては接続は出来ない”、”パラオは一つの衛星回線を全島でシェアしているので、アクセス集中する時間帯は全くつながらない”といったような情報がありました。一方でパラオにあるお店も結構ウェブサイトを作っているので、そこまで回線事情が貧弱なのかな?という疑問持っていたのです。私が滞在した2015年12月のは以下のような状況でした。


 →続きを読む

パラオ最後の夜・さよならパラオ、ただいま日本~パラオ旅行記16・フィナーレ!~

クラゲの湖パラダイスコーナーの海から戻ったあとは、パラオの最後の夜。街へ繰り出します。お土産やらなにやら買いに行こうと思いますが、やはりこういうのは女性である妻のほうが力が入っている。私はお土産やさんより普通のスーパーマーケットの品のほうが気になるのですが、、、。

パラオのスーパーマーケットには日本食が溢れていました。例えばおやつコーナーの風景。
20151212181620IMG_0087_G12
これ、日本のスーパーマーケットの写真といわれても違和感無いです。値段表記をよく見ると米ドルとセントだけど。もちろんアメリカ系のお菓子もたくさん売られていましたが。
 →続きを読む

ギンガハゼ・ロングビーチ・パラオの海とお別れ!~パラオ旅行記15~

ジェリーフィッシュレイクを後にした我々はどこに行くのか、、、。正直なところミルキーウェイとクラゲの湖以外の本日のツアーの行き先はノーマーク。まずは昼飯を食べるようでやってきたのは波の穏やかな島。全くどの辺りの島かは分からないです。

お弁当を食べているとウロウロしている鶏たちが弁当を狙ってきます。
20151212121418IMG_9853_G12
なかなかふてぶてしいですが、彼らは観光客の弁当や食い物を時には奪い、時には媚を売りへつらって繁栄してきたわけで、それは彼らの流儀で、ここは彼らのテリトリー、、、。弁当はやらないけど。


 →続きを読む

クラゲ王国な森の湖・ジェリーフィッシュレイク~パラオ旅行記14~

ミルキーウェイを後にして次に目指すのは、パラオの水物アクティビティでは最も有名なポイントじゃないかなーと思うジェリーフィッシュレイク。名前のとおりクラゲが満ちている湖です。信じられないくらいの数のクラゲに囲まれることができるらしいですし、あのクラゲだらけの写真を見たらやっぱり行ってみたくなります。

ミルキーウェイを出て、船が次に止まったのはなかなか青色が美しい入り江。
20151212114550IMG_9848_G12
カタクチイワシのような小さいイワシの群れが表層を泳いでいるのが船上から見えてここはここでで面白そうですが、全くクラゲは見当たらない。
 →続きを読む

ミルキーウェイの泥パックでおっさんの髪がふわっふわになった~パラオ旅行記13~

パラオのカフェで朝食を取って本日の行動に移ります。パラオの海に行くのも最終日。帰る前日なのでダイビングは出来ませんが、パラオの定番ポイントを巡る日帰りツアーに参加です。海を中心としたツアーで中にはスノーケリングメニューがあるので、水着を装着しとマスクとスノーケルは持って参加です。マスクもフィンも貸してくれるのですが、マイマスクとスノーケルの方が馴れていますので、我々は持って行きました。

 

さて、マラカル島を出航して最初に行ったのはミルキーウェイ。パラオに行った人が白い泥を体に塗りたくっている泥パックをしているのを雑誌やテレビなどで何度も見たことがありますが、アレをやる定番中の定番ポイントです。↓がミルキーウェイの入り口。
20151212093052IMG_9601_G12


 →続きを読む

コロール市街の旧日本軍戦車とカフェの朝食~パラオ旅行記12~

長期にわたって記録を綴ってきたパラオ旅行も残すところ最終日一日を残すのみになりました。この日は帰国の前日にあたり、飛行機に乗る前の18時間以内のダイビングは禁止されているのでダイビング無しの予定です。おかげで朝早くの海への出発に備えてやたら早起きとかせずにゆるゆるとベッドから起きます。私はパラオに来て以来、朝から夕方まで海に出てばかりいたので明るいコロールの街を見ていないのと、妻が海外のカフェで朝食を食べたい、という要求を出してきたので、朝の街を散策しつつ、朝食を食べに行くことにして外に出ます。

朝七時ですでに30度越え。。。今日も暑い12月の一日になりそうです。 振り返ったら泊まっているVIPゲストホテル。

20151212074756IMG_9585_G12
ご覧のとおり全然VIPっぽくない見た目が良い味です。ホテルの客室メインは三階で二階はオフィスも入り、雑居ビル兼ホテルというような不思議な構造のホ テルでした。ここは市街地ではなかなかの安さを誇るホテルでした。(リゾート感は皆無)ホテルの手前に救急車のようなものが止まっています。ホテルの前は警察署と消防署だった のです。
 →続きを読む