シャルル・ド・ゴール空港の安いビールを求めて~三度目のスイス旅行記6~

慌しいスイス滞在を終え、ジュネーブ空港からまたパリを経由して帰国です。

さてジュネーブでの搭乗間際、ターミナル内で今回のお供のG12で写真を撮ろうとしていたら、突如動作不良に・・・。レンズが飛び出たまま戻らなくなり、嫌な機械音を響かせ「レンズエラーを検出しました」の表示を残して固まってしまいました。この現象は2014年の初めてのスイス行きにも起こっており、そのときにレンズユニットごと交換しているのです。しかし先日のトルコ旅行のときに再発(この時はすぐに治った)、そして今回のスイスでも発生、、、と海外に来るとこのエラー現象が起こるんですよね。さすがに2011年から海の中山の上となかなかハードに使ってきているので寿命なのかな。困ります。

最近のスマートホンもずいぶん綺麗な写真が撮れる事は私も知っているのですが、カメラをわざわざ使っているのは写真の画質以外の操作性(例えば動いている鳥の動きに合わせてシャッターを切るなど)やデータの取り回しの簡単さは一眼レフカメラ>>コンパクトデジタルカメラ>>スマートホンと感じているからです。

しかし、カメラが動かなくなるのは操作性もクソもあったもんじゃありません。日本に戻ったらまた点検に出すか新しいのを買うか、、、。どうしたものか思案しているうちにスイスを離陸です。

眼下にはジュネーブの街並みがあり、左側にはジュネーブ名物のレマン湖の噴水が見えました。この噴水も地上でまだまともに見たことはないので次の課題です。ジュネーブの先のアルプスの山は雲の中です。仕方ないのでスマートホン(機内モード)を取り出して撮影。

DSC_0040

 

水平飛行になったらG12のレンズを無理やり手で戻したり、電源の入切を繰り返しているうちに、G12が再度動き出しました。原因が分からないのも再発に怯えることになるので、気持ち悪いところもありますが、何はともあれ良かった。


 →続きを読む

スイス連邦鉄道の時計~三度目のスイス旅行記5~

先回はスイスのお土産の話を書きましたが、そのうちの一つに時計も探していたのです。

今回スイスに来たら見てやろう・あわよくば土産に買っていこう、と思っていた時計は、スイス連邦鉄道(国鉄)の時計。

スイス国鉄の時計はシンプルなデザインですが、とても見やすい時計でMONDAINE社がライセンスを取得し、同デザインの腕時計を販売しております。またApple社が「iOS 6」の時計のデザインでスイス国鉄の時計のデザインを真似したとかで問題になったこともありました。

一回目のスイス訪問時は時計どころではなかったし、二回目は国鉄を使わず国鉄の時計を見ることはなかったので、今回は国鉄の時計を観察しようと思って来国しました。

まずは土産品を探す前に実際のスイス国鉄の時計を見ることにします。さっそく手近なスイス国鉄の駅のホームに出向いていったら、、、ありました!

mon

この先っぽが丸くて赤い針の秒針と数字の無いシンプルな文字盤がスイス国鉄の時計の特徴です。


 →続きを読む

スイスのお土産~三度目のスイス旅行記4~

先回のエントリーではスイスのクリスマスマーケットに紛れ込んだ話を書きました。せっかくスイスまで来たので私も何か買って行きたいところです。

ただ海外で私が買った品は持って帰ってみたら妻に酷評されるのが常なので、どうしたものか考えます。つまり現代の日本では特に輸入食品関係は充実しており、先進国のスタンダードな食材は大抵日本でも売っているので、わざわざ買ってこなくて良いと言われるか、日本で売っていなさそうな現地色が強い食品は日本人の口に合わず、我が家でも封が開いたまま中途半端に放置されるか、酷評されながら無理に食べられるかのどっちかなのです。これは考えると当たり前のことで、ここまで世界が近くなっていて世界中から食品を買い集めている日本の現代社会、日本人に受けそうなものはすでに輸入されているでしょうし、そうでない物は日本人の口に合わないのでしょうねぇ・・・。

またセンスがない私は、自分が気に入った小粋な雑貨を持ち帰ることも禁じられています(ただし書斎への持込は除く)。なので自分が使う実用品に絞ってなにか選ぼうか、、というようなことを思案ながらクリスマスマーケットを歩いていたのですが、マーケットは先回のエントリでも紹介したように地元の方向け。 それに露店で売っていた野菜やクリスマスオーナメントや手作りのハムやチーズなどの面白そうなものはスーツケースに入れて持っていくのには若干難儀な感じで、購入の踏ん切りが付くものがなかなかありませんでした。

スイスっぽい実用品で自分にも縁がありそうで知っているものと言えば、、、腕時計関連とVICTORINOXのナイフくらいしか思い付かない情けなさ。時計は先日腕時計をプレゼントしてもらう際に迷ったMONDAINEが気になるので、このスイス限定のような気に入ったやつがあれば買おうかなと思いますが、ロレックスやオメガなどの何十万もするものはさすがに買う気(買える気)にならないぞ。VICTORINOXのほうは既に自分も一本持っているし、妻には日本で売っていたモデルをわざわざチューリッヒで買った思い出があるし、しばらくは買わなくて良いかなと思います。

そんな頭の中ですが、今回のスイス滞在中に欲しいなぁと思った実用品が一つありました。

IMG_8141

とあるレストランでステーキ等を食べた時の写真ですが、↑の写真に写っているナイフが肉を切れること抜群な品なのでした。包丁のようなナイフとテーブルナイフの中間のようなもので、ステーキナイフというのでしょうかね。このように刃が付いていて、かつギザギザの波刃になっているナイフは我が家にはありません。我が家は一生懸命前後にキコキコ動かさないと肉が切れないテーブルナイフしかないので、このナイフの切れ味にびっくりしましたし、力を入れないで肉が切れるので肉の断面も綺麗でそのおかげか素晴らしく味もよかったのです。


 →続きを読む

クリスマスマーケットに浮き立つ~三度目のスイス旅行記3~

朝からレマン湖で鳥たちを眺めていましたが、腹が減ったのと寒くなったので街へ戻ります。

この日は11月の土曜日。街もクリスマスに向けた装いで、露店のクリスマスマーケットが道端に出ており、日が高くなるにつれ、少しずつ賑やかになってきました。石造りの建物、古びた噴水、石畳の道の上に露店が出るのは風情があります。

IMG_8248

通りにはちょっとしたクリスマスの電飾なんかもされているのです。朝なので電飾は目立たないけど。。。


 →続きを読む

レマン湖畔に野鳥を探しに行く~三度目のスイス旅行記2~

さて、スイス滞在中、半日だけ午前中自由になる時間が取れたので、早起きして何か面白いものがないか街をほっつき歩きます。まずはレマン湖畔に向かって坂を下ってみることにしました。よく考えたらスイスで鳥を見ようと思って行動したことがまだなかったので、湖畔に何か鳥でもいないかな、、、と思ったのです。坂を下る、、、といってもなかなか風情のある石畳の小路を下っていきます。

IMG_8170

冬の入り口の土曜日の早朝。まだ道を歩いている人影もまばらです。


 →続きを読む

テロ直後のフランスを経由してスイスへ~三度目のスイス旅行記1~

旅から旅へ。年が変わりましたが、昨年末の地に足付いていない旅暮らしの記録です。書きたいネタはたくさんあるのですが順序を踏まないとすっきりしないのです。ちゃちゃっと書いて、先に進みたいと頭の半分くらいでは思っているのですが。

今度は11月末に行ったスイスの話を書こうと思います。

 

スイスはなんだかんだ3回目の訪問。もうおのぼりさん的な新鮮さや舞い上がりはないぜっ!てなもんですが、好奇心は失わないで行きたいものです。また我が家のKWCの水栓のふるさとでもあり、またワインやビールが比較的安く、渋い国民性も含め私は好きな国です。

旅のはじまりはいつも通り成田空港から。飛行機は先回のパリ行きと全く同じ便・同じ時間帯の同じエアーフランスのパリ行き。

IMG_7928

便も行き先も正直なところ新鮮さに欠けます。しかしこの旅は2015年11月13日に起こったパリ同時多発テロ直後だったのです。なのでエールフランスのサイトも「出来ればフランスに来るな。旅行は 延期てね。」と表示される有様でしたし、「来たとしても入国審査は時間掛かるかもよ。」とも表示されていました。私だって行かなくて良いなら行きたくないのですが、、、。


 →続きを読む