シャルル・ド・ゴール空港の安いビールを求めて~三度目のスイス旅行記6~

慌しいスイス滞在を終え、ジュネーブ空港からまたパリを経由して帰国です。

さてジュネーブでの搭乗間際、ターミナル内で今回のお供のG12で写真を撮ろうとしていたら、突如動作不良に・・・。レンズが飛び出たまま戻らなくなり、嫌な機械音を響かせ「レンズエラーを検出しました」の表示を残して固まってしまいました。この現象は …この続きを読む

スイス連邦鉄道の時計~三度目のスイス旅行記5~

先回はスイスのお土産の話を書きましたが、そのうちの一つに時計も探していたのです。

今回スイスに来たら見てやろう・あわよくば土産に買っていこう、と思っていた時計は、スイス連邦鉄道(国鉄)の時計。

スイス国鉄の時計はシンプルなデザインですが、とても見やすい時計でMONDAINE社がライセンスを取得し、同デザインの腕時計を販売しております。またApple社が「iOS 6」の時計のデザインでスイス国鉄の時計のデザインを真似したとかで問題になったこともありました。

 …この続きを読む

スイスのお土産~三度目のスイス旅行記4~

先回のエントリーではスイスのクリスマスマーケットに紛れ込んだ話を書きました。せっかくスイスまで来たので私も何か買って行きたいところです。

ただ海外で私が買った品は持って帰ってみたら妻に酷評されるのが常なので、どうしたものか考えます。つまり現代の日本では特に輸入食品関係は充実しており、先進国のスタンダードな食材は大抵日本でも売っているので、わざわざ買ってこなくて良いと言われるか、日本で売っていなさそうな現地色が強い食品は日本人の口に合わず、我が家でも封が開いたまま中途半端に放置されるか、酷評されながら無理に食べられるかのどっちかなのです。これは考えると当たり前のことで、ここまで世界が近くなっていて世界中から食品を買い集めている日本の現代社会、日本人に受けそうなものはすでに輸入されているでしょうし、そうでない物は日本人の口に合わないのでしょうねぇ・・・。

またセンスがない私は、自分が気に入った小粋な雑貨を持ち帰ることも禁じられています(ただし …この続きを読む

クリスマスマーケットに浮き立つ~三度目のスイス旅行記3~

朝からレマン湖で鳥たちを眺めていましたが、腹が減ったのと寒くなったので街へ戻ります。

この日は11月の土曜日。街もクリスマスに向けた装いで、露店のクリスマスマーケットが道端に出ており、日が高くなるにつれ、少しずつ賑やかになってきました。石造りの建物、古びた噴水、石畳の道の上に露店が出るのは風情があります。

通りにはちょっとしたクリスマスの電飾なんかもされているのです。朝なので電飾は目立たないけど。。。

 …この続きを読む

レマン湖畔に野鳥を探しに行く~三度目のスイス旅行記2~

さて、スイス滞在中、半日だけ午前中自由になる時間が取れたので、早起きして何か面白いものがないか街をほっつき歩きます。まずはレマン湖畔に向かって坂を下ってみることにしました。よく考えたらスイスで鳥を見ようと思って行動したことがまだなかったので、湖畔に何か鳥でもいないかな、、、と思ったのです。坂を下る、、、といってもなかなか風情のある石畳の小路を下っていきます。

 …この続きを読む

テロ直後のフランスを経由してスイスへ~三度目のスイス旅行記1~

旅から旅へ。年が変わりましたが、昨年末の地に足付いていない旅暮らしの記録です。書きたいネタはたくさんあるのですが順序を踏まないとすっきりしないのです。ちゃちゃっと書いて、先に進みたいと頭の半分くらいでは思っているのですが。

今度は11月末に行ったスイスの話を書こうと思います。

 

スイスはなんだかんだ3回目の訪問。もうおのぼりさん的な新鮮さや舞い上がりはないぜっ!てなもんですが、好奇心は失わないで行きたいものです。また我が家のKWCの水栓のふるさとでもあり、ワインやビールが比較的安く、渋い国民性も含め私は好きな国です。

 …この続きを読む